ロベール2世 (フランドル伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Robert2Flandry.jpg

ロベール2世フランス語Robert II, 1065年頃 - 1111年10月5日)は、フランドル伯(在位:1093年 - 1111年)。第1回十字軍に参加し、「エルサレムのロベール」(Robert de Jérusalem)として知られる。ロベール1世とその妻ゲルトルードの長男。異父姉にフランスフィリップ1世の王妃ベルト・ド・オランドがいる。

ロベール2世はブロワティボー4世と争い、甥でもある主君のフランス王ルイ6世を援けたときの傷が元で、モーで死去した。ロベールはブルゴーニュ伯ギヨーム1世の娘で教皇カリストゥス2世の姉妹であるクレマンティーヌと結婚しており、伯位はその息子ボードゥアン7世が嗣いだ。

先代:
ロベール1世(フリース人伯)
フランドル伯
1093年 - 1111年
次代:
ボードゥアン7世