アデル・ド・フランドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アデル・ド・フランドルAdèle de Flandre、1064年頃 - 1115年)は、デンマーククヌーズ4世の妃。エランダ(Ailanda)との名前も伝えられている[1]

フランドル伯ロベール1世と妃ジェルトリュード・ド・サクスの娘として生まれた。1080年にクヌーズ4世と結婚し、双子の娘インゲリとカエキリア、息子のカールをもうけた。1086年に夫が暗殺されるとアデルはカールを連れてフランドルへ逃れた。2人の娘たちは夫の弟であるエーリク(のちのエーリク1世)が引き取って養育した。

彼女は父と兄が治めるフランドル宮廷に滞在し、1092年にプッリャ公ルッジェーロ(ロベール・ギスカールの子)と結婚するためイタリアへ発った。アデルはルッジェーロとの間に3人の男子をもうけたが、成人したのはグリエルモ(1096年頃生)1人であった。彼女はルッジェーロが死んだ1111年から幼い息子の摂政となり、1114年にグリエルモが成人するまで務めた。

脚注[編集]