サントメール (パ=ド=カレー県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Saint-Omer
Blason ville fr Saint-Omer.svg

Saint-Omer 22-09-2008 14-59-49.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ノール=パ・ド・カレー地域圏
(département) パ=ド=カレー県
(arrondissement) サントメール郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 62765
郵便番号 62500
市長任期 ブリュノ・マニエ
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) fr:communauté d'agglomération de Saint-Omer
人口動態
人口 14 893人
2009年
人口密度 908人/km²
住民の呼称 Audomarois
地理
座標 北緯50度44分46秒 東経2度15分42秒 / 北緯50.746111度 東経2.261667度 / 50.746111; 2.261667座標: 北緯50度44分46秒 東経2度15分42秒 / 北緯50.746111度 東経2.261667度 / 50.746111; 2.261667
標高 平均:m
最低:0 m
最高:27 m
面積 16.4km²
Saint-Omerの位置(フランス内)
Saint-Omer
Saint-Omer
公式サイト http://www.ville-saint-omer.fr/
テンプレートを表示

サントメールSaint-Omer)は、フランスノール=パ・ド・カレー地域圏パ=ド=カレー県コミューン

地理[編集]

サントメールは、エール=シュル=ラ=リスから10km、県都アラスから80km離れている。

歴史的にはアルトワ地方に属し、フランドル地方及びフランドル・フランセーズとの境界に近い。カップ・エ・マレ・ドパル地域圏自然公園と接している。コミューンを北東から南西へ向け流れるアー川は、グラヴリーヌにて北海に注ぐ。最初の運河は1165年、フランドル伯ボードゥアン7世時代の工事で完成した。川はサントメールからグラヴリーヌ、そして海まで航行可能となり、中世のグラヴリーヌはサントメールの外港の役割を果たした。

交通[編集]

  • 道路 - A26、県道642号線、942号線、943号線。車を用いればカレーベテューヌイープルから50kmである。
  • 鉄道 - LGV北線がサントメール駅に通じており、パリからの直行で2時間かかる。TERアラス-リール-カレーブローニュ=シュル=メール路線も通る。

語源[編集]

サントメールとは、アウドマルス(Audomarus)に由来する。彼はクタンス出身でリュクセイユの修道士で、637年にテルアンヌの司教となった。彼はサン=ベルタン修道院を建て、その周囲にまちが発展していった。彼は667年か668年に亡くなり、遺灰はテルアンヌからノートルダム教会へ移され、以後彼の名でコミューンは呼ばれた。

歴史[編集]

18世紀のサントメール都市景観を再現した図
サン=ベルタン修道院の廃墟。1850年
サントメールの緑地にあるフランス式庭園。ヴォーバンの城壁跡の下にある
ノートルダム教会

サントメールは7世紀、シチュー(Sithiu、Sithieu、Sitdiu)の名で文筆家の書物の中に現れている。まちはアウドマルス指揮のもとつくられたサン=ベルタン修道院の周りで成長していた。ベルタンとは、アウドマルスの同志として働いた者の名である。10世紀から現在のサントメールとなった。カール大帝時代には、海港であったサントメールは海側からの侵攻にあっている。当時、海側のフランドル地方都市はカレーの一部も含め、まだ海の下にあった。

932年、まちはフランドル伯領となった。12世紀から13世紀、サントメールで織物産業が花開いた。大いなる繁栄の時代、中世コミューン機関から恩恵を受けた初期のまちであった。それはおそらく1070年代初頭である[1]。これらの機関は自助団体であり、兄弟会の形態が常態化され、商人組合がその後生まれた[2]。これらのコミューンはフランドル伯から3つの自由を授けられた[3]。その後、織物産業首位の座をブルッヘに明け渡すことになった。1165年からアー川をグラヴリーヌへ向けて掘った。泥の堆積がサントメールの外港で進行していたからだった。11世紀から12世紀のサントメール商人たちは組合を結成した[4]

1212年のポンタ・ヴァンダン条約でフランドル伯領からアルトワ伯領となった。サントメールを取り戻そうとしたフランドル伯フェランブーヴィーヌの戦いで敗北した。その後フランス化が始まり、公文書はフランス語で書かれ、フランドル語(フラマン語)は少なくとも住民の生きた言葉でなくなっていた。13世紀の年代記作家ギヨーム・ダンドレスは、当時の商取引はフランドル語だったと記している。サントメールは低地諸国の広範囲の経済網の中にあったが、公式には分離していた。1300年頃の人口は400人ほどに達していた[5]

1384年、サントメールはブルゴーニュ公国に組み込まれた。ブルゴーニュ公位はやがて神聖ローマ皇帝カール5世が継承した。彼の退位後、サントメールはスペイン支配化の代官区となった。15世紀の疫病流行では1500人の住民の命が失われた。16世紀のカトリックによる対抗改革により、サントメールの都市計画は宗教色が強められた。サントメールは、イングランドやワロン語地域からの多くのコレージュや神学校開設を歓迎した。1559年から1790年までサントメールにはカトリックの司教座があったが、1801年にアラス司教座に移管された。1678年のナイメーヘンの和約で、サントメールはフランスに割譲された。1678年以後、ヴォーバン指揮のもとでサントメールの防衛設備強化が行われた。

1848年に鉄道が敷かれたが、サントメールにまだ産業革命は起きていなかった。広場、タウンホール、学校が築かれ、大通り建設のため防衛設備が壊された。

2つの大戦でサントメールは甚大な被害をこうむった。1942年、ナチス・ドイツはサントメールにコンクリート製トーチカを建設した。この設備はもともとV2ロケット基地として築かれた。設備は連合国側の爆撃で破壊された。サントメールが解放されたのは1944年9月5日、ポーランド軍第1装甲師団(fr)によってであった。

経済[編集]

サントメール経済は水の周りで発展した。コミューン周囲に広がるオドマロワ湿地は農業や園芸農業、観光業の発展を支えてきた(特にカリフラワー栽培が有名)。サントメールにはビール醸造所が点在する。

史跡[編集]

  • サン=ベルタン修道院 - ベネディクト会派によって建てられた。建物は16世紀完成のゴシック様式フランス革命時代、修道士たちが追放され、建物は売却された。19世紀になって修道院建物の一部がタウンホール建設資材として使われた。第二次世界大戦中の爆撃で崩壊し、現在はわずかに壁が残る。
  • ノートルダム教会 - 元々はコミューンの大広場に面した礼拝堂だった。神聖ローマ皇帝カール5世がテルアンヌを破壊後、教会はカテドラルとなった。聖アウドマルスの慰霊碑、ルーベンス画の「十字架から降ろされるキリスト」を所蔵する。
  • イエズス会礼拝堂 - 現在はファサードのみ

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ André Chédeville, « Le mouvement communal en France aux XIe et XIIe siècles, ses éléments constitutifs et ses relations avec le pouvoir royal » in Robert Favreau, Régis Rech et Yves-Jean Riou (directeurs), Bonnes villes du Poitou et des pays charentais (XII-XVIII siècles) : Actes du colloque tenu à Saint-Jean-d’Angély les 24-25 septembre 1999, publiés par la fr:Société des antiquaires de l'Ouest in Mémoires de la Société des antiquaires de l'Ouest et des Musées de Poitiers, 5e série, tome VIII (2002), à Poitiers. ISBN 2-9519441-0-1, p 19
  2. ^ André Chédeville, Le mouvement communal en France..., p 13
  3. ^ André Chédeville, Le mouvement communal en France..., p 19
  4. ^ Traduits par M. Mollat dans Jacques Le Goff (dir.), Histoire de la France urbaine II : La Ville médiévale, Seuil, 1980, p. 128-129
  5. ^ Site internet de la ville de Saint-Omer[1]