レオポール・クレマン・ド・ロレーヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロレーヌ公世子レオポール・クレマン

レオポール=クレマン・シャルル・ド・ロレーヌLéopold-Clément Charles de Lorraine, 1707年4月25日 リュネヴィル - 1723年6月4日 リュネヴィル)[1]は、国境地域のロレーヌ公国の世子。神聖ローマ皇帝フランツ1世の兄にあたる。ドイツ語名のレオポルト・クレメンス・カール・フォン・ロートリンゲンLeopold Clemens Karl von Lothringen)で呼ばれることもある。

ロレーヌ公レオポールとその妻でフランス王ルイ14世の姪にあたるエリザベート・シャルロット・ドルレアンの間の第8子、三男として生まれた。1711年に次兄ルイの死により父の後継ぎとなった。1723年、父方の従伯父にあたる神聖ローマ皇帝カール6世の元で学業を修めるべく、ウィーン宮廷に送られた。このウィーン行きには、皇帝の長女マリア・テレジア大公女との縁談を進める目論見も含まれていた。しかしレオポール=クレマンは実家のリュネヴィルに戻ってまもなく天然痘に罹り、16歳の若さで世を去った。遺体はナンシーのサン・フランソワ・ド・コルディア教会に葬られた。

脚注[編集]

  1. ^ van de Pas, Leo. “Prince Léopold Clément de Lorraine”. Genealogics .org. 2009年12月1日閲覧。

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、レオポール・クレマン・ド・ロレーヌに関するメディアがあります。