カイオ・ドゥイリオ (戦艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カイオ・ドゥイリオ
Entrée majestueuse du dreadnought Italien Dvilio - Smyrne 29 4 19.jpg
1919年に撮られたカイオ・ドゥイリオ
経歴
運用者  イタリア海軍
建造所 カステッランマーレ・ディ・スタービア
起工 1912年2月24日
進水 1913年4月24日
竣工 1915年5月10日
就役 1916年6月13日
最後 1957年に解体
要目
クラス カイオ・ドゥイリオ級戦艦
排水量 建造時:
通常 22,956 トン
満載時 24,729 トン
近代化時:
通常 26,434 トン
満載時 29,391 トン
長さ 168.96 m
28.03 m
吃水 8.58 m
推進 建造時:
蒸気タービン
ボイラー20台
4軸推進
30,000 shp
近代化改修後:
蒸気タービン
ヤーロー式ボイラー8台
2軸推進
75,000 shp
速力 建造時: 21ノット (39 km/h)
近代化改修後: 27ノット (50 km/h)
乗員 建造時: 1,233人
近代化改修後: 1,485人
兵装 建造時:
305mm三連装砲 3基
305mm連装砲 2基)
152mm単装砲 16基
76mm単装砲 × 13基
76mm対空砲 × 6基
450mm魚雷発射管 3基
近代化改修後:
320mm三連装砲 2基
320mm連装砲 2基
135mm砲三連装砲 4基
90mm対空砲 10基
37mm対空砲 15基
20mm対空砲 16基
装甲 側面: 254 mm
砲塔: 280 mm
甲板: 98 mm
テンプレートを表示

カイオ・ドゥイリオ(Caio Duilio)はイタリア海軍カイオ・ドゥイリオ級戦艦。艦名は古代ローマの軍人ガイウス・ドゥイリウスイタリア語読み。同型艦はアンドレア・ドリア

建造時の主砲は46口径30.5cm砲13門であったが、1937年から1940年の近代化改装で44口径32cm砲10門となった。

1940年11月のタラント空襲で被雷し損傷し、ジェノヴァに曳航されて6ヶ月間修理を行った。1941年2月にイギリス海軍によるジェノヴァ砲撃が行われたが損傷は免れた。1941年12月、第1次シルテ湾海戦に参加。1942年には予備役となった。1943年の連合国との休戦後練習艦として使用された。1956年9月15日に除籍され、1957年にラ・スペツィアでスクラップとなった。

参考文献[編集]

  • 海人社『世界の艦船 増刊 イタリア戦艦史』1994年8月号増刊 No.485