モガドール級大型駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モガドール級大型駆逐艦
Mogador-2.jpg
アメリカ海軍の識別用写真(1942年11月9日)
艦級概観
艦種 大型駆逐艦
就役開始 1939年
退役完了 1942年11月27日
前級 ル・ファンタスク級大型駆逐艦
性能諸元
排水量 基準排水量 2,884トン
全長 137.5m
全幅 12.67m
吃水 4.57m
機関 ギアードタービン4缶2基 2軸推進 92,000hp-118,320hp
速力 39ノット
航続距離 4,000海里(18ノット)
乗員 238人(士官:12、兵員:266)
兵装 138mm連装砲 4基8門
37mm連装機関砲 2基4門
13mm連装機銃 2基4挺
550mm3連装魚雷発射管 2基6門
550mm連装魚雷発射管 2基4門
爆雷投射機 2基
機雷または爆雷 40発
表記
日本語 モガドール級大型駆逐艦
フランス語 Contre-Torpilleur de classe Mogador
英語 Mogador Class (Large) Destroyer

モガドール級大型駆逐艦 (Contre-Torpilleur de classe Mogador) は、フランス海軍の大型駆逐艦。6隻が計画されたが、第二次世界大戦前に起工した2隻のみが建造された。

概要[編集]

1932年度計画において6隻の建造が計画されたが、実際に完成したのは1936年に起工したモガドールとヴォルタのみであった。艦名は、1932年度計画艦がアフリカの植民地から、1938年度計画艦がフランス革命期の将軍から採っている。

前級のル・ファンタスク級大型駆逐艦よりもさらに拡大発展を遂げた新型艦であり、開放式の単装砲から密閉式の連装砲塔への変更により火力の増大を図り、排水量がさらに300t増加したことで軽巡洋艦にさらに近づいたにもかかわらず駆逐艦としての高速を維持し、ヴォルタが公試において43ノットを記録している。

大型駆逐艦の最新世代として第二次世界大戦で用いられたが、メルセルケビール海戦に参加したのみで大きな戦果を挙げることなく、1942年11月27日、2隻ともトゥーロンで自沈した。

同型艦[編集]

艦名 起工 竣工 喪失 由来
モガドール(Mogador) 1936年 1939年 1942年 モガドール(エッサウィラ)
ヴォルタ(Volta) 1936年 1939年 1942年 ヴォルタ川

以下、1938年度計画艦。第二次世界大戦の勃発により着工前にキャンセル。

予定名 由来
クレベール (Kléber) ジャン=バティスト・クレベール
ドゼー (Desaix) ルイ・シャルル・アントワーヌ・ドゼー
マルソー (Marceau) フランソワ・セヴラン・マルソー・デスグラヴィエ(en
オッシュ (Hoche) ルイ=ラザール・オッシュ

参考図書[編集]

  • 「世界の艦船増刊第17集 第2次大戦のフランス軍艦」(海人社)

関連項目[編集]