タラント空襲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タラント空襲
Taranto satellite.jpg
タラント空襲が行われたタラント湾の空撮写真
戦争第二次世界大戦
年月日:1940年11月11日~12日
場所イタリアタラント軍港
結果:イギリスの勝利
交戦勢力
イギリスの旗 イギリス イタリア王国の旗 イタリア王国
指導者・指揮官
A・L・St・T・G・ライスター少将 イニーゴ・カンピオーニ大将
戦力
ソードフィッシュ雷撃機21 戦艦6他
損害
ソードフィッシュ雷撃機2 戦艦1沈没、戦艦2大破、重巡洋艦1駆逐艦1小破
地中海の戦い

タラント空襲(タラントくうしゅう)、ジャッジメント作戦 (Operation judgement) は第二次世界大戦中の1940年11月11日から12日にイギリス海軍が行った空母艦載機によるイタリアタラント(ターラント)軍港に対して行われた航空作戦MB8作戦の一部として実行された。この攻撃でイタリア海軍は戦艦3隻が大損害を受けたのに対し、イギリス側の損害は雷撃機2機のみであった。

背景[編集]

1930年代のタラントの写真

タラントはイオニア海ターラント湾に面した都市で重要な軍港があり、地中海におけるイタリア海軍の一大拠点であった。タラント軍港には1940年11月には弩級戦艦を改装したコンテ・ディ・カブール級「コンテ・ディ・カブール」「ジュリオ・チェザーレ」、カイオ・ドゥイリオ級「アンドレア・ドリア」「カイオ・ドゥイリオ」に加え、超弩級戦艦であるヴィットリオ・ヴェネト級「ヴィットリオ・ヴェネト」「リットリオ」を戦列に加えて強化していた。他にも条約型巡洋艦数隻と駆逐艦多数を配備していた。

イタリア海軍はタラント湾の港湾部に防空砲台サーチライトを設け、戦艦5隻をタラント市街に近い湾奥部に、その外側に巡洋艦と駆逐艦数隻を停泊させた。艦隊を守るべく周囲を雷撃から守る防雷網と航空爆撃を阻害する阻塞気球により防御していた。市街地を挟んで反対側に位置するマーレ・ピッコロ軍港内にも巡洋艦と駆逐艦多数を配置し、岬に水上機基地があった。