バーラム (戦艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMS Barham.jpg
艦歴
発注 ジョン・ブラウン造船所
起工 1913年2月24日
進水 1914年10月31日
就役 1915年10月19日
退役
その後 1941年11月25日に戦没
除籍
性能諸元
排水量 36,500t
全長 196.8m
全幅 27.6m
吃水 8.8m
機関 ヤーロー重油専焼水管缶24基
+ブラウン・カーチス直結タービン2組4軸
最大出力 75.000shp
最大速力 23.5ノット
航続距離 10ノット/4,400海里
乗員 950-1,220名
兵装 38.1cm(42口径)連装砲4基
15.2cm(45口径)単装速射砲14基
7.6cm(45口径)単装高角砲2基
53.3cm水中魚雷発射管4門

バーラム (HMS Barham)は、イギリス海軍が建造した戦艦クイーン・エリザベス級戦艦の3番艦。スコットランドクライドバンクジョン・ブラウン造船所で建造された。第二次世界大戦中にドイツの潜水艦の攻撃を受け撃沈された。

船名は初代バーラム男爵チャールズ・ミドルトンにちなむ。「バーラム」と命名されたイギリスの戦艦は4隻あり、この船は4隻目にあたる。

艦歴[編集]

第一次世界大戦[編集]

1915年10月2日と12月1日に姉妹艦ウォースパイトと2度とも衝突した。1916年、第5戦艦戦隊の旗艦としてエヴァン・トーマス少将が座乗しユトランド沖海戦に参加、ドイツ海軍の巡洋戦艦「フォン・デア・タン」「ザイドリッツ」「デアフリンガー」と交戦して損傷した。7月まで修理を行った後は1919年まで本国艦隊に所属した。

就役後の改装[編集]

就役後の1916年に弾薬庫の上面に25mm装甲が追加された。1918年に2番・3番主砲塔上の陸上機の滑走台が装着されたが1922年までに撤去された。1930年12月から1934年1年にかけて近代化改装が行われた。主甲板の防御強化のために弾薬庫の上部に127mm装甲を貼った。水雷防御の強化のために舷側にバルジを追加した事により艦幅は31.7mに増加し、満載排水量は36,785トンとなった。

外観上の相違点では艦橋の基部が大型化して多層構造となったほか、煙突の形状が2本煙突の上部が結合して1本煙突となった。後部マストも単脚から三脚型に改装された。対空火器の増加が行われ、水上機の運用のために中央部の甲板が大型化し、3番主砲塔上にカタパルトが設置され、水上機の運用のために後部マストの左側にクレーン1基が追加された。 1938年に10.2cm高角砲が連装化したのに続き1940年3月に2番主砲塔上に新型の17.8cm20連装ロケット砲1基が装備されたが、1941年には撤去されて12.7mm四連装機銃に換装された。[2]

1940年代に「クイーン・エリザベス」が行ったのと同様の近代化改装が行われる予定であったが、第二次世界大戦の勃発により果たされなかった。[3]

武装の追加・撤去の相違は以下の通り

改装年 副砲 備砲 対空火器 機関砲 機銃 雷装 その他
就役時 15.2cm速射砲14基 4.7cm速射砲4基 7.6cm単装高角砲2基 53.3cm魚雷発射管単装4門
1916年 15.2cm速射砲12基 7.6cm単装高角砲4基
1926年 10.2cm(45口径)単装高角砲4基
1934年 4cm(39口径)八連装ポンポン砲2基 12.7mm(62口径)四連装機銃2基 53.3cm魚雷発射管単装2門 水上機1機とカタパルト1基装備
1938年 10.2cm(45口径)連装高角砲4基 撤去
1940年3月 10.2cm(45口径)連装高角砲4基
17.8cm20連装ロケット砲1基
撤去
1941年 10.2cm(45口径)連装高角砲4基 4cm(39口径)八連装ポンポン砲4基 12.7mm(62口径)四連装機銃4基 撤去

第二次世界大戦[編集]

第二次世界大戦中はバーラムは大西洋および地中海で活動した。

1939年12月12日、キンタイア岬沖で駆逐艦ダッチェスと衝突し、ダッチェスは沈没。12月28日、ブリテン諸島の北でドイツ潜水艦U-30に雷撃され損傷した。1940年9月、ダカール攻撃に参加しフランスの戦艦リシュリューと交戦した。その後バーラムはH部隊に編入されマルタへの船団の護衛に従事した。1940年の終わりにバーラムは地中海艦隊に編入された。1941年1月3日、戦艦ウォースパイトヴァリアントなどとリビアバルディア砲撃した。3月、マタパン岬沖海戦に参加した。5月、クレタ島沖で爆撃を受けて損傷した。

1941年11月25日、イタリア船団の攻撃に向かう途中、ハンス=ディートリヒ・フォン・ティーゼンハウゼン中尉率いるドイツの潜水艦U-331の発射した魚雷3本が命中し、左舷側に横転、艦橋部が水面に沈んだ直後、弾薬庫が爆発を起こし沈没した。これにより、搭乗していた約1184名中861名の人命が失われた。また、この様子はブリティッシュ・パテのカメラマン、ジョン・ターナーにより映像に収められており、沈没に至る様子を確認する事が出来る。

脚注[編集]

  1. ^ 第2次大戦時のイギリス戦艦(海人社), p. 21
  2. ^ 第2次大戦時のイギリス戦艦(海人社), p. 21
  3. ^ 第2次大戦時のイギリス戦艦(海人社), p. 18~21

関連項目[編集]

参考図書[編集]

  • 「Conway All The World's Fightingships 1906–1921」(Conway)
  • 世界の艦船増刊第30集 イギリス戦艦史」(海人社
  • 「世界の艦船 増刊第67集 第2次大戦時のイギリス戦艦」(海人社)

外部リンク[編集]