AN/SPS-40

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AN/SPS-40
USS Trenton (LPD-14) SPS-40 antenna.jpg
トレントン」搭載機
種別 対空捜索レーダー
開発・運用史
開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
就役年 1961年 (初号機引渡)
送信機
周波数 UHF(400-450MHz)
パルス 60マイクロ
(0.6または1.0マイクロ秒に圧縮)
パルス繰返数 278または300 pps
送信尖頭電力 200 kW
アンテナ
形式 パラボラアンテナ
直径・寸法 幅5.49 m×高さ2.95 m×奥行2.82 m
アンテナ利得 21 dB
ビーム幅 水平10.5度×垂直19度
走査速度 7.5または15 rpm
方位角 全周無制限
探知性能
探知距離 320 km (170 nmi)
探知高度 50,000 ft (15,000 m)
分解能 100 yd (91 m)以下
その他諸元
重量 アンテナ+架台: 646.3 kg
甲板下部分: 1,451 kg

AN/SPS-40は、ウェスティングハウス・エレクトリック社が開発した2次元レーダー

同社が先行して開発したAN/SPS-31の派生型として開発された。E-2早期警戒機の機上レーダーの艦載版というべき性能を備えており、アメリカ海軍などにおいて、主として対空捜索レーダーとして用いられている。

後継機種としてAN/SPS-49が開発・配備されており、本機種搭載艦の一部でもNTU改装を受けた艦においてはこれに更新された。

搭載艦[編集]

 アメリカ海軍
 アメリカ沿岸警備隊
 海上自衛隊

関連項目[編集]

日本製のレーダー。当初はSPS-40の日本版として開発される予定だったが、現物の供与が遅れたことから、SPS-40からは一部技術の導入のみとされ、ほとんどが日本独自に開発されることとなった。

外部リンク[編集]