205型潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
205型潜水艦
U-Boot-Klasse 205 U-9.jpg
シュパイヤー技術博物館で展示中のU9。船体下部に取り付けられた潜舵、艦首の魚雷発射管の配置、前部船体上部にあるソナードームなど、船体各部の特徴をよく見てとることができる。
要目
排水量 450 (水上) / 500 t (水中)
全長 45.7 m
全幅 4.6 m
喫水 4.3 m
速力 10.7 kt (水上) / 17.5 kt (水中)
航続距離 5 kt で4,200 海里 (水上)
4 kt で228 海里 (水中)
機関 ディーゼル・エンジン (600 hp) 1基 (メルセデス・ベンツ) / BBC発電機 1基
SSW電動機 1基 (1100 kw / 1500 PS)
1軸
乗員 22名 (下士官・兵18名、士官4名)
潜航深度 100 m (安全係数 2.5)
武装 533 mm (21 in) 魚雷発射管 8門 (再装填なし) : 魚雷 8本 または機雷 16基

205型潜水艦は、西ドイツ海軍ならびに統一ドイツ海軍(以下ドイツ海軍)の通常動力型潜水艦バルト海の特性に最適化された単殻式潜水艦である。205型は201型潜水艦の直接の発展形であり、拡大された船体長、新しい機械類とセンサーを備えていた。もっとも大きな違いは、ST-52鋼の採用であり、これは201型における非磁性鋼が問題が多かったことを踏まえてのものである。

ドイツにとって戦後初めて新規に建造された201型潜水艦は船体に非磁性鋼を使用したが、就航直後から海水による腐食に悩まされることになった。そのため4番艦から8番艦までの5隻は船体表面に溶融亜鉛めっきを 施して、新たに205型と名称を変えることとなった。しかし表面処理をしても完全には腐食問題が解決しなかったため9番艦から12番艦までの4隻は鋼材そ のものを変更してようやく問題は解決された。腐食問題を抱えたまま就航していた1番艦と2番艦は外板を全面的に置き換える大改修がおこなわれたが、4番艦 から8番艦までは深度などを制限するなどして運用された。

205型は、ノルウェー海軍およびデンマーク海軍でも採用された。デンマーク海軍では、ナルヴァーレン級 (Narhvalen class) として知られている。デンマーク海軍の要求に適合させるための改修が施されているが、205型との違いはわずかである。ノルウェー海軍向けの準同型艦は、建造所では207型の型式を付与されたが、ノルウェーではコッベン級と呼ばれた。

同型艦[編集]

ドイツ海軍:
艦籍番号 艦名 進水 就役 解役 現況
S180 U1 1967年6月6日 1991年11月29日 解体
S181 U2 1966年10月11日 1993年3月19日 解体
S183 U4 1962年11月19日 1974年8月1日 解体
S184 U5 1963年7月4日 1974年5月17日 解体
S185 U6 1963年7月4日 1974年8月22日 解体
S186 U7 1964年3月16日 1965年9月30日 解体
S187 U8 1964年7月22日 1974年8月9日 解体
S188 U9 1967年4月11日 1993年6月3日 シュパイヤー (展示艦)
S189 U10 1967年11月28日 1993年2月16日 ヴィルヘルムスハーフェン (展示艦)
S190 U11 1968年6月21日 2003年10月30日 en:Burgstaakenen:Fehmarn (展示艦)
S191 U12 1969年1月14日 2005年6月21日
デンマーク海軍:
S320 ナルヴァーレン
(Narhvalen)
1968年9月10日 1970年2月27日 2003年10月16日 モスボール保管中
S321 ノルトカペレン
(Nordkaperen)
1969年12月18日 1970年12月22日 2004年2月2日 モスボール保管中
ヴィルヘルムスハーフェン軍港博物館で展示中のU10

ドイツ海軍向けは全てHDW造船所 (en:Howaldtswerke) で、デンマーク海軍向けはコペンハーゲン海軍工廠 (The naval dockyard, Copenhagen) で、それぞれ建造された。

  • 注記
  1. U1およびU2はもともと201型潜水艦として建造されたが、201型に使われた非磁性鋼は腐食・亀裂などの問題を抱えていたために、205型の標準に合わせて通常の高張力鋼で再建造された。
  2. U1はHDWに返還され、解体処分される前に、各種の非大気依存推進機関の実装試験に従事した。
  3. U11は、ポリスチレン・フォームを充填された外殻を取り付けられて複殻式に改装され、205A型として対潜水艦戦演習における魚雷標的艦任務に従事した。
  4. U12はソナー試験に従事し、205B型と呼ばれた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]