浦項級コルベット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
浦項級コルベット
23番艦新興(PCC-783)
概歴
艦種 コルベット (PCC)
建造期間 1982年 - 1993年
就役期間 1984年 - 就役中
前級 東海級コルベット
次級 仁川級フリゲート
性能諸元
排水量 基準:950 t
満載:1,220 t
全長 88.3 m
全幅 10.0 m
吃水 3.0 m
機関 CODOG方式
MTU 12V956 TB82ディーゼルエンジン (3,130 bhp) 2基
LM2500ガスタービンエンジン (27,200 shp) 1基
スクリュープロペラ 2軸
速力 31ノット
航続距離 4,000海里 (15ノット巡航時)
乗員 士官10名+曹士85名

浦項級コルベット(ポハンきゅうコルベット、朝鮮語: 포항급 초계함: Pohang-class corvette)は、韓国海軍コルベットである。艦名は韓国国内の都市名に因んでおり24隻が建造された。

日本では2010年3月26日に発生した天安沈没事件に際し、PS:哨戒艦として翻訳・報道[1]されたが、これはハングル表記の초계함を直訳した事によるものであり、正式な艦種はPCC(Patrol Combat Corvette)である。

設計[編集]

韓国海軍初の国産コルベットである東海級をもとに、その拡大型として設計された。上部構造物を両舷いっぱいまで拡幅して中央船楼型とするとともに、艦体を10メートル延長し、満載排水量にして150トン大型化している[2]

ただし艦型の拡大にも関わらず主機関は同構成で、巡航機としてドイツMTUフリードリヒスハーフェン社製MTU 12V956 TB82ディーゼルエンジン(3,130馬力)2基、高速機としてアメリカ合衆国ゼネラル・エレクトリック社製LM2500ガスタービンエンジン(27,200馬力)1基を搭載し、減速機を介して2軸の可変ピッチ・プロペラを駆動するCODOG方式とされていた。なお後期型では、LM2500が出力27,800馬力に強化されているほか、巡航機もフランス製でより大出力のSEMTピルスティク 12PA6 V280(4,800馬力)に換装したともされている[3]

装備[編集]

環太平洋合同演習にて楊万春(DDH-973)の左舷に停泊する原州(PCC-769)

基本的な配置は東海級のそれが踏襲されていて、艦首甲板に76mmコンパット砲、艦橋直前の船楼前端と艦尾甲板にはエリコンKC 30 mm 機関砲を連装に配したエマーソン社製の有人砲塔を備えており、またネームシップを含む初期の4隻においては、東海級で40mm機銃が搭載されていた船楼後端部に、エグゾセ艦対艦ミサイル発射筒を両舷に1基ずつ備えていた。5番艦以降ではSSMを廃するかわり、艦尾甲板の30mm連装機銃のかわりに2門目の76mmコンパット砲を、また船楼前端の30mm連装機銃と船楼後端のエグゾセのかわりにコンパット・フォーティー40mm連装機銃を搭載して、砲熕火力を強化した。なお、これによって艦対艦ミサイル火力は失われたが、これを補うため、ハープーン艦対艦ミサイルの後日装備が行われている[2]

センサとしては、初期建造艦では東海級と同構成とされており、艦橋直後のマスト頂部には砲射撃指揮用と兼用で、Xバンドの目標捕捉レーダーとしてWM-28レドームが設置され、その下方に航海用のAN/SPS-64レーダーが搭載された。また9番艦以降では、WM-28にかえてマルコーニ社製のS-1810対空・対水上レーダーが、またこれと独立した射撃指揮レーダーとして同社製のS-1802が艦橋上に搭載されるなど、同時期に整備された蔚山級フリゲートと足並みを揃えるかたちで電子装備が強化されている。なおソナーとしては、東海級のEDO 786よりもやや低周波の10キロヘルツ級に対応したシグナール(現在のタレス・ネーデルラント)社製のPHS-32を船底に備えている[3]

沿岸域の防衛を担う本級や東海級コルベットや蔚山級フリゲートの代替として仁川級フリゲートが整備される予定である。また同じく沿岸域の防衛を担うチャムスリ級哨戒艇の後継としてコムドクスリ級ミサイル艇が整備されている。

兵装・電装要目[3]
初期型 中期型 後期型
兵装 76mmコンパット砲 ×1基 76mmコンパット砲 ×2基
30mm連装機関砲 ×2基 40mm連装機関砲 ×2基
エグゾセMM38 SSM単装発射筒×2基 ハープーンSSM連装発射筒×2基
※順次に後日装備
Mk.32 3連装短魚雷発射管×2基
Mk.9爆雷投下軌条×2基 (爆雷12発)
C4I SEWACO-ZK WSA-423
レーダー WM-28 低空警戒・砲射撃指揮用 S-1810 対空・対水上捜索用
S-1802 砲射撃指揮用
AN/SPS-64(V) 航海用
E/O LIROD×1基 Rademac 2400×2基
ソナー PHS-32 船底装備型
電子戦 ULQ-12K電波探知妨害装置
Mk.137 6連装チャフフレア発射機×2基 9連装チャフ・フレア発射機×4基

同型艦[編集]

末尾が0と4の艦番号は欠番である。艦の老朽化と性能の陳腐化に伴って2009年より順次に退役が開始されている。

なお、本級の設計を元にした警備艦として漢江5号(1,180トン)が建造され、海洋警察庁で運用されている。これは76mm砲とWM-28を維持しており、また主機関もCODOG方式のままとされている[4]

建造時期 # 艦名 建造 就役 退役
初期型 PCC-756 浦項
ポーハン
韓国造船 1984年12月 2009年6月30日
PCC-757 群山
クンサン
韓国タコマ 2011年9月29日
PCC-758 慶州
キョンジュ
現代重工業 1986年11月
PCC-759 木浦
モクポ
大宇造船海洋 1986年8月
中期型 PCC-761 金泉
キムチョン
韓国造船 1987年5月
PCC-762 忠州
チュンジュ
韓国タコマ 1987年5月
PCC-763 晋州
チンジュ
現代重工業 1988年6月
PCC-765 麗水
ヨス
大宇造船海洋 1988年11月
後期型 PCC-766 鎮海
チンハエ
韓国造船 1989年2月
PCC-767 順天
スンチョン
韓国タコマ 1989年6月
PCC-768 裡里
イリ
現代重工業
PCC-769 原州
ウォンジュ
大宇造船海洋 1989年8月
PCC-771 安東
アンドン
韓国造船 1989年11月
PCC-772 天安
チョナン
2010年3月26日喪失
(天安沈没事件)
PCC-773 城南
ソンナム
大宇造船海洋 1989年5月
PCC-775 富川
プチョン
現代重工業 1989年4月
PCC-776 堤川
チェチョン
韓国タコマ 1989年5月
PCC-777 大川
テチョン
現代重工業 1989年4月
PCC-778 束草
ソクチョ
1990年2月
PCC-779 栄州
ヨンジュ
1990年3月
PCC-781 南原
ナムウォン
大宇造船海洋 1990年4月
PCC-782 光明
カンミョン
韓国タコマ 1990年7月
PCC-783 新興
シンフン
韓国造船 1993年3月
PCC-785 公州
コンジュ
韓国タコマ 1993年7月

参考文献[編集]

  1. ^ “軍艦沈没で韓国国防省「北関与の可能性低い」”. 読売新聞. (2010年4月1日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100401-OYT1T00968.htm 2011年2月8日閲覧。 
  2. ^ a b 「写真特集 今日の韓国軍艦」、『世界の艦船』第780号、海人社、2013年7月、 21-42頁、 NAID 40019692113
  3. ^ a b c Eric Wertheim (2013). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 16th Edition. Naval Institute Press. pp. 409-410. ISBN 978-1591149545. 
  4. ^ 「韓国のコースト・ガード 海洋警察庁の組織と船艇 (特集・韓国海軍の現況)」、『世界の艦船』第704号、海人社、2009年4月、 104-109頁、 NAID 40016485801

外部リンク[編集]