日本・イスラム交易協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本・イスラム交易協会
略称 JITRA
設立年 2010年10月18日
地位 一般社団法人
本部 宮城県仙台市青葉区二日町17番19号 アベカツビル2階 ハラールフードザムザム内
重要人物

眞室 大(事務長)
A.G.MAHMUD(顧問、バングラデシュ前食糧大臣)
山本 和子(顧問)

清川 千十六(常勤監査役)
テンプレートを表示

一般社団法人日本・イスラム交易協会(にっぽん・イスラムこうえききょうかい、略称:JITRA(ジトラ))とは、バングラデシュ(代表の出身国)を主としたイスラム圏との経済交流、在日イスラム教徒の生活環境整備、トラブル解決などを目的として、2010年10月18日に設立された団体である。仙台市青葉区を本拠地として活動する。代表であるバングラデシュの政界関係者が多忙なため、日本人の事務長が日本での業務の代行をしている。

目的[編集]

この協会の目的は、イスラム諸国との交易、在日イスラム教徒のサポート、ハラール食品の提供等である。

事務所[編集]

このレストランは、幹部の一人が経営する東北唯一のハラールフードレストランで、この協会推奨のレストランともなっている。

事業内容[編集]

現在取り組んでいる事業は、バングラデシュへのスクラップ鉄、銅などの輸出を主とする。また、ハラールチキンの日本国内での生産、ハラールケーキの日本国内での生産に着手している。

これからの事業展開としては、イスラム諸国よりの輸出入支援、委託生産支援、留学生受け入れ支援(安価な住居の提供、ハラールフードの安価な提供等)、企業、農業、漁業研修生支援、日本語研修生支援、インフラ整備支援、観光交流支援などを予定している。

出典[編集]