エレキテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
平賀源内作のエレキテル(複製)。国立科学博物館の展示。
エレキテルを描いた18世紀の古書
電気実験の地 (東京都江東区)

エレキテルは、江戸時代の博物学者平賀源内が復元した摩擦起電器のことで、オランダ語(ラテン語)のelektriciteit(電気、電流)がなまったもの。静電気の発生装置。源内は「ゐれきせゑりていと」と表記している。

概要[編集]

オランダで発明され、宮廷での見世物や医療器具として用いられていた。日本へは江戸時代に持ち込まれ、1751年宝暦1年)ごろオランダ人が幕府に献上したとの文献がある。後の1765年明和2年)に後藤利春の『紅毛談(おらんだばなし)』で紹介され、それを読んだ平賀源内が長崎滞在中の1770年(明和7年)に破損したエレキテルを古道具屋あるいはオランダ通詞の西善三郎から入手し、工人の弥七らとともに1776年安永5年)に江戸深川で模造製作に成功した。

構造は外部は木製の箱型、または白木作り。内部にライデン瓶蓄電瓶)があり、外付けのハンドルを回すと内部でガラスが摩擦され、発生した電気が銅線へ伝わって放電する。

源内は電気の発生する原理を陰陽論や仏教火一元論などで説明しており、電磁気学に関する体系的知識は持っていなかったとされ、アメリカの科学者フランクリンが行った実験の情報が伝わっていたとも考えられている。日本でも見世物や医療器具として利用されたが、主に好奇による注目であった。また、寛政の改革による贅沢の禁止や出版統制などにより、電気に関する科学的理解・研究は後の開国以降や明治期まで停滞することとなった。

源内製造とされるエレキテルが現存しており、1997年平成9年)6月30日に国の重要文化財(歴史資料)に「エレキテル平賀家伝来」として指定された。これは現在、東京都千代田区逓信総合博物館(ていぱーく)に一基収蔵されている。なお平賀源内先生遺品館(香川県さぬき市)にも一基現存しているが、蓄電瓶がない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]