ヘンドリック・ドゥーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘンドリック・ドゥーフ
日本で描かれたドゥーフ(司馬江漢作)

ヘンドリック・ドゥーフHendrik Doeff1777年12月2日 - 1835年10月19日)は、オランダフランス革命軍に占領され、オランダ東インド会社が解散した後の1803年-1817年に、出島オランダ商館長(カピタン)に就き、米国船と貿易を行ったオランダ人。ドゥーフが商館長在任時にフェートン号事件が起きた。

経歴[編集]

ヨーロッパフランス革命戦争ナポレオン戦争が勃発し、まさに戦乱とも呼べる荒れ狂った時期にアジア貿易に携わった。ネーデルラント連邦共和国1793年フランスに倒されてその衛星国バタヴィア共和国に代わると、インドネシアにあったオランダのアジア貿易の拠点バタビアバタヴィア共和国の配下に置かれたが、1799年にオランダ東インド会社も解散すると、フランスと敵対するイギリスが東南アジアの植民地を接収した。

ドゥーフは、就任前の1797年からすでに長崎の出島でスタートしていた日米貿易を1808年まで引き継いだ(黒船来航参照)。なお、この日米貿易は、米国船が入港する際、オランダ国旗を立てさせてオランダ船に見えるよう偽装させて行われたもの。米国船との貿易の始まりは、オランダ東インド会社解散までの数年間経営を引き継いだフランスの衛星国バタヴィア共和国が、米国船と傭船契約を交わしたためである。当時の米国船は、米国が中立国であったために、オランダの滅亡に伴って英国の支配下となった東南アジアの海域を安全に航行することができた。しかし、いかなる理由で、安全を保障された米国船が、すでに滅亡したオランダの国旗を掲げて入港したのかは明らかでない。

そして1808年にはイギリス海軍のフェートン号がオランダ国旗を掲げて国籍を偽り、長崎へ侵入するというフェートン号事件が発生した。フェートン号は、オランダ船と誤認して近づいてきたオランダ人2名を捕縛、彼らを人質にして長崎に対して食料や飲料水の提供を求めた。港内の和船を焼き払うと脅迫までしてきたイギリス船を前に、泰平に慣れた鍋島藩福岡藩はイギリス船を追い払う事が出来ず、やむなく食料や飲料水を供給、オランダ商館も食料としてを送った事から2名は無事に保釈され、事件は終結した。しかし、国威を辱めたとして、時の奉行松平康英らが切腹するなど、公儀方でも混乱が続いた。

この後も商館長として、イギリス勢力に対し出島のオランダ公館の明渡しを拒み、1811年にイギリスがオランダ領東インドを制圧してから、1815年にオランダが再独立を果たすまでの間、世界でオランダ国旗を掲げ続けた数少ない人物となった。この間は、イギリス船の出現が相次いだため、長崎奉行とオランダ商館は連携して臨検体制の改革を行い、連絡には秘密信号旗を用いるなど外国船の入国手続きが強化された。江戸幕府も事態を注視しており、フェートン号事件は幕府が1825年に異国船打払令を発令する遠因となった。

オランダ独立後の2年後、1817年にオランダ船が長崎港に入港し、ドゥーフは国の名誉を守ったとして、オランダより最高勲章「オランダ獅子士勲章」を賜わり、17年ぶりに故国オランダへ帰国する事が出来た。他のカピタンが長くても数年で帰国している中、17年もの長期間、亡国の国民でありながら、オランダ人としての誇りを失わずに他国で生き抜いたドゥーフは、当時の日本人にも敬意を持たれたという。

日蘭関係におけるドゥーフの貢献[編集]

ドゥーフの祖国オランダは、フランスによって倒されたことにより、日本と直接の貿易が出来なくなった。そのため、ドゥーフ達長崎のオランダ人の立場は微妙な物となった。鎖国政策を採っている日本の立場に立てば、利益を生み出さない外国人を国内に留めておく理由がないからである。

ドゥーフやオランダ東インド会社は知恵を絞った結果、ヨーロッパの戦争からは距離を置き中立の立場を取っていたアメリカ合衆国の船に目を付けた。アメリカ船をオランダ船に見せかけ、貿易の代行をしてもらう事によって、何とか細々と日蘭貿易を続ける事に成功した。

長崎のオランダ人は、本来生活必需品をオランダから送られる物資に頼っていたが、本国が消滅している以上、もはや本国からの援助は期待できなかった。ドゥーフは許可を得て長崎市中を出歩いて、日本人との友好に務め、日本の好意を得て生活物資を日本から「借金」という形で援助して貰うことで、この危機を切り抜けた。ドゥーフの所蔵している本を、幕府や長崎奉行が相場以上の値段で買い取るなど、日本側も祖国を失いながら祖国の矜恃を保ち続けるドゥーフには同情的であった。

この時期も日蘭関係が維持されたのは、ドゥーフの努力の賜と言っても過言ではない。

俳句[編集]

ドゥーフは、はじめて俳句を詠んだ西洋人としても知られる。大屋士由『美佐古鮓』(みさごずし、1818年序)に「春風やアマコマ走る帆かけ船」の句が「和蘭陀人」の作として載っているが、この本にはドゥーフによるローマ字書きの跋文があり、ドゥーフ本人の作と考えられる。

年表[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

ドゥーフが登場する作品[編集]

  • 白石一郎「孤島の騎士」『幻島記』文藝春秋、のち文庫所収
先代:
ウィレム・ワルデナール
長崎オランダ商館長
156代:1803年 - 1817年
次代:
ヤン・コック・ブロンホフ