上巳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

上巳(じょうし/じょうみ)とは、五節句の一つ。3月3日旧暦3月3日の花が咲く季節であることから、桃の節句とも呼ばれる。

「桃の節句」の起源は平安時代より前であり、京の貴族階級の子女が、天皇の御所を模した御殿や飾り付けで遊んで健康厄除を願った「上巳の節句」が始まりとされている。

やがて武家社会でも行われるようになり、江戸時代には庶民の人形遊びと節句が結び付けられ、行事となり発展して行った。その後、紙製の小さな人の形(形代)を作ってそれに穢れを移し、川や海に流して災厄を祓う祭礼になった。この風習は、現在でも「流し雛」として残っている。

元々は、5月5日の端午の節句とともに男女の別なく行われていたが、江戸時代ごろから、豪華な雛人形は女の子に属するものとされ、端午の節句(菖蒲の節句)は「尚武」にかけて男の子の節句とされるようになった。

日付[編集]

「上巳」は上旬のの日の意味であり、元々は3月上旬の巳の日であったが、古来中国の三国時代のより3月3日に行われるようになったと言われている。

各地の行事[編集]

日本[編集]

新暦の3月3日に行われ、雛人形の段飾りを飾る。

沖縄[編集]

旧暦にそって行われる。海浜に出かけ、手足を海水に浸して身を清めて健康を祈願する。またごちそうを持ち寄って浜辺で食べる。

中国[編集]

古代[編集]

  • 婚姻と生育の神の高禖を祭る。
  • 北極星を象徴する道教の神のzh:真武大帝を祭る。
  • 沐浴して、を行い、身体を清潔にし、体の邪気を払う。
  • 曲水の宴を行う。これは文人が水べりで宴会をしながら詩をつくる行事で、王羲之蘭亭序を書いた「蘭亭の会」が著名である。。
  • 春遊踏青という一種のピクニックを行う。杜甫が『麗人行』で「三月三日天気新、長安水辺多麗人。」と述べたように、これは若い男女の恋愛のチャンスであった。また野合が許されることもあった。近代でも『善化縣治』の記載のように絶えてはいなかった。
  • 野外で食事をする。
  • の花を採取する。

現代[編集]

ミャオ族トゥチャ族リー族チワン族は旧暦のこの日に盛大な活動を行う。「三月三」はチワン族やトン族やミャオ族の伝統歌唱の祭りの日である。雲南大理市では三月三日に潑水節(水かけ祭り)を行うが、ここには古代の上巳節の禊の風習の面影を見ることが出来る。一部の漢族は「三月三」の習俗をとどめている。例えば湖南などでは「三月三、地(薺)菜煮鶏蛋」(ナズナと卵を共に煮る)の伝統をとどめている。閩南台湾の一部の人々は3月3日の上巳節に、邪気を払うため、墓参りを兼ねて踏青(ピクニック、野遊び)を行う。最近、漢族の間でも上巳の復活の兆しがある。

朝鮮[編集]

花煎(ファジョン)

旧暦に行い、サンジナルと呼ばれている。踏青を行う。外出先の屋外に女性たちは燔鉄(ボンチョル)という鉄板を持参して、チンダルレ(カラムラサキツツジ)などの春の花を載せたzh:花煎(ファジョン、화전)という甘いお焼きを作り、花びらをハチミツ水や五味子水に入れたzh:花菜(甜品)(ファチェ)という甘い飲み物とともに食べる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]