チョウセンゴミシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チョウセンゴミシ
Schisandra sinensis.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : モクレン亜綱 Magnoliidae
: シキミ目 Illiciales
: マツブサ科 Schisandraceae
: マツブサ属 Schisandra
: チョウセンゴミシ S. chinensis
学名
Schisandra chinensis
和名
チョウセンゴミシ

チョウセンゴミシ(朝鮮五味子)は、マツブサ科の植物の一種。学名Schisandra chinensis

北海道本州北部、中国朝鮮半島アムール川流域、樺太に分布する落葉性つる植物

雌雄異株で6-7月頃に淡黄白色の花を咲かせる。

生薬[編集]

果実は赤く熟する。この果実は五味子(ゴミシ、朝鮮語でオミジャ)という日本薬局方に収録された生薬であり、鎮咳去痰作用、強壮作用などがあるとされる。「五味子」の名は、甘味酸味辛み苦味、鹹(塩味)を持つことから名付けられ、植物そのものの名前ともなった。

五味子は小青竜湯清肺湯人参養栄湯などの漢方方剤に配合される。また、五味子茶や五味子酒としても利用される。

関連項目[編集]

五味子茶