ニコライ・レザノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニコライ・レザノフ

ニコライ・ペトロヴィチ・レザノフNikolai Petrovich Rezanov, ロシア語: Николай Петрович Резанов, 1764年4月8日ユリウス暦3月28日) - 1807年3月13日)は、ロシア帝国外交官極東及びアメリカ大陸への進出に関わり、ロシアによるアラスカおよびカリフォルニアの植民地化を推進した。

露米会社(ロシア領アメリカ毛皮会社)を設立したほか、クルーゼンシュテルンによるロシア初の世界一周航海(1803年)を後援し、自ら隊長として日本まで同行した。この日本来航(1804年文化元年)はアダム・ラクスマンに続く第2次遣日使節としてのものである。露日辞書のほか多くの著書は、自身も会員だったサンクトペテルブルクロシア科学アカデミーの図書館に保存されている。彼は40代で死んだが、その早い死はロシアおよびアメリカ大陸の運命に大きな影響を与えた。

生涯および事績[編集]

露米会社[編集]

サンクトペテルブルクに生まれる。14歳の頃には既に5か国語をマスターしていたといわれる。1778年、砲兵学校を出て近衛連隊に入隊。1782年には退役して地方裁判所の判事となり、1787年にはサンクトペテルブルク裁判所勤務、のち海軍省次官秘書などを務めた。

1791年にはデルジャーヴィン配下の官房長となる。この数年前、レザノフは毛皮商人のグリゴリー・シェリホフと知り合った。シェリホフは「シェリホフ=ゴリコフ毛皮会社」(Shelikhov-Golikov Fur Company)を設立し、アラスカ・北太平洋方面への植民や交易活動を行っていた。レザノフは、宮廷の腐敗に嫌気がさしており潜在的な活力のやり場がなかったが、この事業に興味を持ちそのパートナーとなり、[独自研究?]シェリホフの娘アンナと結婚して会社と事業の拡大を進めた。1795年にシェリホフが死ぬと彼は会社の指導者となった。

レザノフは女帝エカチェリーナ2世の末期と新皇帝パーヴェル1世の宮廷をうまく立ち回り、1799年に合同アメリカ会社の経営者となり、同社は1800年に国策会社露米会社(露領アメリカ会社)に発展した。露米会社設立の勅許が下りたのはパーヴェル1世が暗殺される直前であった。露米会社は20年間にわたりアメリカ大陸北西部の北緯55度以北の海岸地帯、アラスカからカムチャツカに伸びるアリューシャン列島、およびカムチャツカから南へ伸びる千島列島の統治を許可された。小規模な交易会社や毛皮商人をこの地の毛皮交易から押し出した露米会社の勅許は、総支配人レザノフおよび会社の出資者だった宮廷の成員に多大な収入をもたらしたが、まもなく管理の失敗と食糧不足でアラスカ方面の統治は混乱し、会社は大きな損失を出した。

遣日使節[編集]

日本側が記録したレザノフの船と兵隊

レザノフは、露米会社の食糧難打開や経営改善には南にある日本との交易が重要と考えて、遣日使節の派遣を宮廷に働きかけた。これより前の1792年に、日本人漂流民の大黒屋光太夫一行を返還する目的で通商を求めたアダム・ラクスマンと、日本の江戸幕府老中職松平定信との間に国交樹立の約束が交わされていたが、レザノフはこの履行を求めた。彼は日本人漂流民の津太夫一行を送還する名目で、遣日使節としてロシア皇帝アレクサンドル1世の親書を携えた正式な使節団を率いることとなり、正式な国交樹立のために通行許可証である信牌を携え、アーダム・ヨハン・フォン・クルーゼンシュテルンの世界一周航海艦隊の隊長としてペテルブルクから出航し、南米回りで太平洋を航海してカムチャツカへ到着した。

航海中、旗艦ナジェージタ号の艦長クルーゼンシュテルンと激しく対立しつつ、レザノフは津太夫と同じ日本人漂流民の善六から日本語を学び辞書を作った。1804年文化元年)9月に長崎出島に来航する。交渉相手の定信は朝廷との尊号一件により老中職から失脚し、幕府は外交能力を失っており、代わりに老中土井利厚が担当した。土井から意見を求められた林述斎は、ロシアとの通商は「祖宗の法」に反するために拒絶すべきであるが、ラクスマンの時に信牌を与えた経緯がある以上、礼節をもってレザノフを説得するしかないと説いた。だが、土井はレザノフに「腹の立つような乱暴な応接をすればロシアは怒って二度と来なくなるだろう。もしもロシアがそれを理由に武力を行使しても日本の武士はいささかも後れはとらない」と主張したという(東京大学史料編纂所所蔵「大河内文書 林述斎書簡」)。その結果、レザノフたちは半年間出島に留め置かれることになる。翌年には長崎奉行所において長崎奉行遠山景晋遠山景元の父)から、唐山(中国)・朝鮮・琉球・紅毛(オランダ)以外の国と通信・通商の関係を持たないのが「朝廷歴世の法」で議論の余地はない[1]として、装備も食料も不十分のまま通商の拒絶を通告される。

アラスカとカリフォルニア[編集]

シトカ(ノヴォアルハンゲリスク)に1962年に復元されたロシアの砦の望楼

レザノフは1805年4月に長崎を去り、カムチャツカへ向かった。カムチャツカには彼に対して、極東にとどまり露米会社の営業地である北太平洋やアラスカを視察して混乱を立て直すよう、命令が届いていた。この時期、アラスカ海岸ではトリンギット族と露米会社の戦争が続き、1804年のシトカの戦いでようやく事態が収まったところであった。彼はアリューシャン列島伝いにアラスカの本拠であるノヴォアルハンゲリスク(現在のアラスカ州南部シトカ)に向かい、毛皮の乱獲の防止、会社の規則に違反する社員の処刑、小学校や図書館や栄養学校の開設などを行った。

1806年の春、飢餓に苦しむ冬が去ると、レザノフは沿岸に寄航するアメリカ人船長から船を買い、スペイン領カリフォルニア(アルタ・カリフォルニア)へ船出した。この航海には、ヌエバ・エスパーニャとの間に協定を結び、年2回交易を行って食糧難のアラスカにメキシコの食糧を備蓄する狙いもあった。途中で大嵐にあったため、当初の目的であったコロンビア川河口付近(現在のワシントン州およびオレゴン州)のロシア領有宣言を行うことはできなかったが、サンフランシスコ港に到達し投錨することができた。

レザノフは現地のスペイン人たちからの敬意を受け、連日連夜の大歓迎の祝宴でもてなされた。しかしスペイン法によりスペイン植民地は外国勢力との交易が禁じられていることをレザノフは知らされ、カリフォルニアの官僚たちも賄賂・買収に応じず、交渉は不調に終わった。この時、サンフランシスコで会ったアルタ・カリフォルニア総督ホセ・ダリオ・アルゲージョ(José Darío Argüello)の15歳の娘コンセプシオン(コンチータ)と相思相愛となり、ロシア側聖職者の反対も押し切って婚約することになった。

スペイン政府とロシアとの条約を前向きに考えるよう現地官僚と約束し、サンフランシスコ到着から6週間後、レザノフ一行はアラスカのノヴォアルハンゲリスクへと食糧を満載して帰った。

病死[編集]

クラスノヤルスクにあるレザノフの墓所に立てられた記念碑。1831年建立、ソ連時代に壊された後、2007年に再建

レザノフはアラスカからすぐにカムチャツカへと戻った。彼は長崎での交渉が膠着した経験から「日本に対しては武力をもっての開国以外に手段はない」と上奏したが、のち撤回した。しかし部下のニコライ・フヴォストフロシア語版が単独で1806年樺太松前藩の番所、1807年に択捉港ほか各所を襲撃する(フヴォストフ事件文化露寇)。

フヴォストフが日本の北方を襲撃している頃、レザノフはスペインとの条約を皇帝に諮るため、カムチャツカから出てペテルブルクに向けてシベリアを横断中であった(彼はコンセプシオンとの結婚の許可をローマ教皇およびスペイン王に懇願する手紙も携えていた)。しかし、長年の過酷な航海およびシベリア横断により疲労し健康を害しており、1807年クラスノヤルスクで病死する。

その後[編集]

フォヴォストフ事件により日露関係は緊張する。土井利厚が豪語していた武士すなわち日本の軍事力がロシアの軍事力の前に太刀打ちできず、その軍事力によって支えられてきた筈の江戸幕府の威信に動揺をもたらしたからである。襲撃直後に江戸をはじめ各地に被害が大袈裟に伝えられたこともあり、やむなく幕府は京都の朝廷(光格天皇)に事件の経緯を報告せざるを得なくなった(『伊光記文化4年6月29日条)。以後、江戸幕府は自らの威信維持のために内外に対して強硬策を採らざるを得なくなり、やがて1811年にはゴローニン事件が発生する。

レザノフのカリフォルニアへの来航は、露米会社の社員や会社の奴隷であった先住民達が飢餓に苦しむことへの同情に基づくものだったが、ヌエバ・エスパーニャではその意図をめぐり混乱が起きた。彼が露米会社を代表して書いた手紙には、北米西海岸を全面的にロシアに併合し、本国から即座に大量の移民を送ろうという意図が現れている。もしレザノフが生きていれば北米植民地化計画は実行に移されたであろうが、彼が病死したためロシア皇帝はスペインとの条約に調印せず、ロシア領アラスカを立て直す彼の改革も挫折し、困窮するアラスカは次第に衰え、アメリカへの売却へと進んでゆく。

コンセプシオン・アルゲージョはレザノフの帰りを待ったまま、誰とも結婚せず尼僧となり、1857年に死んだ。

脚注[編集]

  1. ^ ここで言う「朝廷」とは、朝廷から任命され、国政を委任された将軍とその統治機構(江戸幕府)を指す。なお、藤田覚はいわゆる「鎖国」が江戸幕府の祖法として確立されたのは実はレザノフ来航をきっかけとしていると説く(藤田覚「鎖国祖法観の成立過程」(所収:渡辺直彦 編『近世日本の民衆文化と政治』(河出書房新社、1992年) ISBN 978-4-309-22217-2)。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • ニコライ・レザーノフ 『日本滞在日記 ― 1804年-1805年』大島幹雄訳 岩波文庫 ISBN 4003347919
  • 木崎良平 『仙台漂民とレザノフ 幕末日露交渉史の一側面2』 
    刀水歴史全書42:刀水書房 1997年 ISBN 4-88708-198-7
    • 『光太夫とラクスマン 幕末日露交渉史の一側面1』 刀水歴史全書30、1992年
  • 木崎良平 『漂流民とロシア 北の黒船に揺れた幕末日本 』 中公新書、1991年
  • 藤田覚 『近世政治史と天皇』 吉川弘文館、1999年 序章「近世後期政治史と朝幕関係」

外部リンク[編集]