アラスカ購入

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アラスカ購入に使用された小切手

アラスカ購入(アラスカこうにゅう、英語: Alaska Purchase)またはアラスカの売却(ロシア語: продажа Аляски)とは、1867年アメリカ合衆国ロシア帝国の両政府間で行われた取引であり、その結果としてロシアの領土であったアラスカロシア領アメリカ)をアメリカ合衆国が買い取ることになった。

購入への経緯[編集]

ロシア人は18世紀末から狩猟や交易のため露米会社を設立し北米大陸太平洋岸一帯に進出しており、一部はカリフォルニア州にまで達していた。その後1853年から1856年にかけてのクリミア戦争により、大打撃を被って経済的に疲弊したロシアはアラスカを売却することにしたが、クリミア戦争でも敵対したイギリスに売却することを避け、アメリカ合衆国を取引の相手に選んだ。

ロシアは1859年にアメリカに売却意向を打診していたが、南北戦争の影響もありその時点での進展はなかった。1867年3月、ロシア皇帝アレクサンドル2世は在米外交官 Eduard de Stoeckl に命じ、国務長官ウィリアム・H・スワードと交渉を行わせた。

その結果3月30日午前4時にアメリカがアラスカをロシアから購入する条約が調印された。購入価格は720万USドル(1871年円-USドルの為替が開始した時の相場は1ドル1円)で、面積単価は約2セント/エーカー(1エーカー=約4047平方メートル)だった。

購入の影響[編集]

この条約は4月9日アメリカ合衆国上院で批准されたものの、当初スワードは「巨大な保冷庫を購入した」などとアメリカ国民に非難された。しかし、1896年にはアラスカで金鉱が発見されるなど資源の宝庫であることが判明した他、軍事上においてもアラスカの位置がベーリング海峡北極海を挟んでロシアと直接国境を接することから、特にソ連との間で発生した冷戦期には極めて重要な役割を果たすなど、スワードのアラスカ購入に関する評価は高いものに変わった。

現在アラスカ州ではアラスカ購入に関して2つの記念日が設けられている。1つは、1867年10月18日にアラスカの所有権がロシアからアメリカに正式に変更されたことを祝うアラスカ・デー(10月18日)。もう1つが、スワードを記念するスワード・デー(3月の最終月曜日)である。