アレクサンドル・バラノフ (探検家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
露米会社で活動したアレクサンドル・バラノフ。ロシア領アラスカの初代総督でもある

アレクサンドル・アンドレーエヴィチ・バラノフロシア語: Александр Андреевич Баранов, ラテン文字転写: Alexandr Andreevich Baranov1746年 - 1819年)は、ロシア帝国の商人・探検家。毛皮を求めてアラスカに入り、ロシアの入植地を建設した。また初代のアラスカ総督ともなった。

バラノフは1746年に現在のアルハンゲリスク州にあたるカルゴポリ(Kargopol)の町で生まれた。15歳で家を出たバラノフは東シベリアのイルクーツクで商人として成功したが、当時毛皮取引が成長していたアラスカに魅せられた。1790年、アラスカで活躍していた毛皮商人のグリゴリー・シェリホフがバラノフを雇い、彼はアラスカでの成功の足がかりを築く。1792年にはアラスカ南沖のコディアック島にあった入植地を新たな場所(現在のコディアック)に移した。

1795年、ロシア人以外のヨーロッパ人商人の進出を懸念したバラノフはアラスカ南東部の島(現在のバラノフ島)で現地のトリンギット族から土地の使用権を買い、1799年にロシア人とアレウト族からなる移民団を送り新たな入植地ミハイロフスク(現在のシトカ付近)を作った。シェリホフは1795年に死去し、その跡を継いだニコライ・レザノフの意向により、1799年に設立された露米会社の支配人はバラノフとなっている。

バラノフはアラスカ・アリューシャン列島千島列島に露米会社が持つ権益のすべてを管理した。1802年にトリンギット族との対立でミハイロフスク入植地は破壊されたが、バラノフは1804年に軍隊を連れて島に戻りトリンギット族と交戦した(シトカの戦いを参照)。彼は新たな拠点を築き、これを故郷近くの大きな町アルハンゲリスクにちなんでノヴォ・アルハンゲリスク(現在のシトカ)と名付け、ロシア領アメリカの首都とした。

アラスカ植民地は食糧難に苦しんだが、アシカラッコの猟とその毛皮の取引で利益を出した。バラノフは先住民を指揮してカリフォルニア沖に至るまでの広い範囲で猟を行わせた。また先住民に対する初等教育の機会拡大を支持して学校などを建設している。この時期、ロシア正教会の聖職者がアラスカに入り先住民への布教を行ったが、先住民が露米会社の奴隷同然となっており、毛皮商人が先住民に対して残虐にふるまい搾取していることを非難したため、バラノフと聖職者の関係は荒れがちであった。

バラノフは1799年から1818年にかけて「アラスカの領主」として君臨したが、人生の終わりを感じてロシアへの帰途に就いた。彼は太平洋を南下し喜望峰回りでロシアに帰ろうとしたが、途中で重病になりジャワ島のオランダ植民地の拠点バタヴィア(現在のジャカルタ)で1819年に死亡した。

関連項目[編集]