細川重賢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
細川 重賢
Shigekata Hosokawa.jpg
細川重賢/永青文庫所蔵
時代 江戸時代
生誕 享保5年12月26日1721年1月23日
死没 天明5年10月26日1785年11月27日
改名 長岡紀雄(初名)→細川重賢
別名 銀台(号)  
墓所 熊本県熊本市横手 妙解寺(遺髪、歯)江戸東海寺中妙解院
官位 従四位下、越中守、左近衛権少将、侍従
幕府 江戸幕府
肥後熊本藩6代藩主
氏族 細川氏
父母 父:細川宣紀
兄弟 宗孝重賢長岡紀休長岡興彭、他
正室:久我通兄の娘
治年、娘(細川興徳正室)

細川 重賢(ほそかわ しげかた)は、肥後熊本藩6代藩主。第4代藩主・細川宣紀の五男。熊本藩細川家7代。

紀州藩第9代藩主・徳川治貞と「紀州の麒麟、肥後の鳳凰」と並び賞された名君であった。

初めは父・宣紀より1字を与えられて長岡紀雄[1](ながおか のりお)、兄・宗孝の跡を継いでからは細川重賢と名乗る。改名後の「重」の字は将軍徳川家重より偏諱を賜ったもので、「賢」の字はかつて細川典厩家通字として用いていたものに由来する(実際、典厩家の当主にも同名の細川重賢という人物がいた)。

生涯[編集]

家督相続[編集]

享保5年12月26日(新暦1721年1月23日)に生まれる。享保17年(1732年)、父・宣紀が死去すると、兄・宗孝が跡を継ぐ。宣紀の時に既に40万両近い借財を抱え、宗孝の時代には大藩故の過度な出費、宗孝治世のほとんどを襲った凶作などにより収入は激減し、藩財政は転げるように落ち込んでいく。当時の熊本藩の困窮ぶりは「鍋釜の金気を落とすに水はいらぬ。細川と書いた紙を貼ればよい」と揶揄されるほどであった。

重賢も、部屋住み時代には質屋に通ったと言われるほどで、この時の質札を生涯手元に置いておいたという逸話が残っている。

延享4年(1747年)8月15日、江戸城本丸大広間において、兄・宗孝が旗本板倉勝該に背後から襲われるという事件が発生する。家紋の九曜紋が似ていることからの人違いで起きた事件である。殿中での刃傷や死は理由を問わず御法度であり、すでに死んでいた宗孝は仙台藩伊達宗村の機転を利かせた指示で、まだ息があったことにして細川屋敷にこっそり運び出され、翌日死亡したことにされた。幸いに細川家にお咎めはなく、宗孝には世嗣がなかったことから、弟の重賢が末期養子とされて家督が回ってくることになった。

宝暦の改革[編集]

新たに藩主についた重賢は、藩財政の改善に手を打つことになる。宝暦2年(1752年)、堀勝名(通称・平太左衛門(へいたざえもん))を筆頭奉行に、蒲池正定(蒲池崑山)を奉行に登用し、改革断行を命じる。堀は、すぐさま大坂に向かい鴻池家など豪商に借財を要請するが、当時の藩財政は危機的状況に陥っており、鴻池はこの要請を拒絶する。この話からも、熊本藩の状況がわかるといえる。しかし、堀はすぐさま当時新興商人であった加島屋との交渉に臨み、藩の年貢一手引き受けを条件に資金を得ることに成功する。

重賢もまた、質素倹約を奨励し、江戸藩邸の費用に限度額を設定するなどの方針を打ち出す。また、重賢は米だけに依存することに限界を感じており、堀と意見が一致する。堀に殖産興業を命じ、楮、生糸、などを専売制に切り替え、蝋の生産を藩直営に移行し、製蝋施設を設立させた。また、領内でたびたび検地を行うなどした。

藩内で出来た製品を加島屋を通じて大量に販売させるなどし、宝暦年間末頃には藩財政の好転が始まっていく。また、宝暦年間から飢饉に備えて穀物の備蓄を行い、天明の大飢饉の際には更に私財も加えて領民救済にあたった。

節約のエピソード[編集]

  • 3年の猶予を与え、宝暦8年正月より男女共に袷、木綿のほかは着てはいけないとした。世子・治年の生母・比井も同様であった。また、客の馳走の質を減らした。入浴の際に湯を毎日替えるのは無駄とされたが、家来がいさめたので打水につかった。[2]

改革の成果[編集]

細川重賢の宝暦の改革によって、地方が一定の権限と財源が与えられた。後に作られた通潤橋のみならず、多くの橋、用水路、新田開発を行っている。肥後藩の公共事業のシステムについては、3つの要素があった。

  • 藩庁の様々な部局に手持ちの資金があり、貨殖(公共ローン)を行っていた。
  • 当時の税金の一部を積み立てていた(官銭)。
  • 地方の有力者の献金(寸志)があった。

また地方のエリート少年が、役場に入り庄屋の見習いになり、その後に幹部役人になれるシステムができていた。これらが宝暦の改革の成果といえる。熊本藩は54万石といわれたが、幕末には実質100万石となった。

教育、司法制度の革新[編集]

重賢の改革は財政だけに留まらず、宝暦4年(1754年)には熊本城内に藩校時習館を設立し、許可が得られれば身分に関係なく入校が出来た。江戸の湯島聖堂、岡山の閑谷学校など、将軍や藩主のための学問所、藩校はあったが、家臣や領民、藩外へも広く門戸を開いた日本初めての学校とされる。今で言う奨学金制度も制定するなど、人材育成にも注力した。これらは急激な改革による不満対策と、文武両道の武士教育の意味がある。また、日本最初の公立の藩の医学校再春館を宝暦6年(1756年)に飽田郡宮寺村(現在の二本木)に創設、翌年開校した。その付属の薬草園も現在の薬園町に作った。[3][4]

また『刑法叢書』を採用した。それまで死刑か追放刑という刑罰内容だったものを変更し、追放刑を笞刑(むちで打つ)と徒刑(懲役)に減刑した。罪人の二の腕に入れ墨を入れていたのを廃止し、代わりに眉を剃らせ、罪人の社会復帰を容易にした。これも急激な改革に対する犯罪増加や不満対策である。この『刑法叢書』は明治憲法下の刑法の手本とされ、熊本から多くの人材が司法畑に採用された。

蘭癖大名[編集]

重賢は蘭学に傾倒し、薩摩島津重豪久保田(秋田)佐竹義敦らとともに蘭癖大名と称された。

死去[編集]

重賢は天明5年(1785年)10月26日に江戸の龍口亭で死去した。品川の東海寺塔頭の妙解院に葬られる。諡を霊感院徹厳宗院という。なお、遺髪と落歯は熊本市横手の北岡公園内妙解寺にある[5]。享年66。跡を長男・治年が継いだ。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『大名細川家の至宝 文武の歴史と雅の文化・永青文庫名品展』(編:山梨県立美術館)掲載系図より。
  2. ^ 『重賢公逸話』
  3. ^ 『重賢公逸話』p168
  4. ^ 山崎正董『肥後医育史』p6 (鎮西医海時報社 1929年/2006年に熊本大学医学部から原版の通り発行)
  5. ^ 『細川重賢公事略』