細川氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
細川京兆家から転送)
移動: 案内検索
細川氏
家紋
本姓 清和源氏義国流
河内源氏足利氏流)
家祖 細川義季
種別 武家
華族侯爵
出身地 三河国額田郡細川郷
主な根拠地 丹波国
摂津国
阿波国
讃岐国
土佐国
淡路国
著名な人物 細川頼之
細川勝元
細川藤孝(幽斎)
細川重賢
細川護熙(第79代 内閣総理大臣
支流、分家 阿波国守護家(武家
和泉国守護家(武家) など
凡例 / Category:日本の氏族

細川氏(ほそかわし)は、本姓源氏鎌倉時代から江戸時代にかけて栄えた武家清和源氏の名門足利氏の支流。細川という名字は鎌倉時代に三河国額田郡細川郷(現在の愛知県岡崎市細川町周辺)に土着したことに由来する。細川氏は初め四国淡路の守護にすぎなかったが、赤松氏から摂津の守護を、山名氏から丹波の守護を譲り受けたことにより急速に発展、嫡流は幕府の管領の一つに列した。

概要[編集]

洛中洛外図屏風「細川殿」

南北朝時代、細川氏は足利尊氏に従い北朝室町幕府方として活躍し、畿内四国を中心に一門で8か国の守護職を占める有力守護大名となる。細川頼之は、管領として3代将軍足利義満をよく補佐し、以後その嫡流である京兆家は、代々管領に任ぜられ、斯波氏畠山氏とともに三管領(三管四職)の1つに数えられた。応仁の乱では細川勝元が東軍の総帥となる。戦国時代のはじめ、その子細川政元は、将軍足利義材を退けて幕府の実権を掌握し(明応の政変)、政敵も攻め滅ぼして細川氏の全盛期を築く。

しかし、政元には実子がなく、3人の養子による跡目争いの中で暗殺される。以後細川氏は細川高国細川澄元の2派に分かれ、それぞれに被官や畿内近国の諸勢力が結びついて20年余りも争う(両細川の乱)。また後年、澄元の実家阿波守護家の守護代三好氏が畿内に進出し、その勢力は主家を凌ぐようになってゆく。

高国は最終的には澄元の嫡男細川晴元に破れ、晴元の血筋が京兆家家督となる。

織田信長が15代将軍足利義昭を擁立して、畿内から三好氏の勢力を一掃すると、晴元の子細川昭元は信長に属しその妹婿となり丹波において二郡を所領として与えられたが(丹波は細川氏相伝の守護国)、管領細川氏の昔日の権勢は全く失われていた。

一方、傍流の和泉上守護家出身の細川藤孝(幽斎)は、足利義昭の側近としてその将軍職就任に尽力した。しかし、義昭と信長の対立以降は、長男の忠興(三斎)とともに信長に従い上山城の長岡を賜い名字を長岡に改め明智光秀の組下として活躍、丹後一国を領した。本能寺の変では光秀に味方せず、羽柴(豊臣)秀吉に服した。

秀吉の死後、忠興は徳川家康に属し、細川に復姓し関ヶ原の戦いの功により豊前小倉藩39万9千石を領する。その子忠利の代に肥後熊本藩54万石の領主となり、明治維新に至る。明治時代には侯爵となる。子孫の細川護熙は、熊本県知事内閣総理大臣を務めた。

細川氏は、多くの大名の中でも、鎌倉、室町から江戸、現代まで名門として続いた希有な家である。

中世[編集]

細川氏の祖は、足利氏の祖・足利義康の庶長子である足利義清とされる。

平安時代末期、義清は木曾義仲に属し、都から追い落とした平家軍との戦である備中国水島の戦いで戦死している。

鎌倉時代に、足利本家の義氏が三河守護となると、義清の孫義季は兄の仁木実国、弟の戸崎義宗らとともに三河国へ進出し、細川郷を領して細川二郎と名乗った。 しかし同じ足利一門でも、斯波氏畠山氏の家格が高く本家からの独立性が強かったのとは異なり、この時代の細川氏はさほど有力な御家人ではなく、その活動の記録はほとんど残されていない。逆に義清が壮年で戦死、残された遺児は幼かったと考えられ、有力な縁戚関係もなく足利義兼ら一族の庇護を受けたようだが、その結果、陪臣、家臣という地位にまで下がったのが原因のようである。そのために平安末期~鎌倉初頭までは知行地も殆どなく勢力が全く無かったと考えられる。三河に移ってから庶流も分出し、漸く勢力を養う事が出来たようである。

鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて、和氏頼春兄弟やその従兄弟の顕氏定禅らが足利尊氏に従う。 元弘3年/正慶2年(1333年)に、尊氏が倒幕の兵を挙げると、和氏は上杉重能とともに後醍醐天皇に帰順を願う使者の役割を果たし、京都の六波羅探題攻撃にも加わった。 さらに新田義貞に奉じられて鎌倉を陥落させた尊氏の嫡子・千寿王(後の2代将軍足利義詮)を補佐するために下向し、義貞に対抗して鎌倉を足利氏に掌握させる。 和氏と顕氏は、尊氏の命により四国に渡り、阿波讃岐を中心に南朝方との争いを勝ち抜き、在地豪族の被官化を押し進めた。 この時代に、細川氏は有力な守護大名へと成長する。

和氏の嫡子である細川清氏は、当初将軍義詮の執事職(後の管領)として幕政の実権を握ったが、佐々木道誉の讒言により失脚し(康安の政変)、南朝方に属して追討され滅び、また顕氏の子・細川繁氏も急死し、頼春の嫡子である細川頼之が細川氏で随一の実力者となる。代々幕府の管領に任ぜられることになる細川氏本家の京兆家は、子がなかった頼之の弟でその養子となり跡を継いだ頼元の後裔を指し(頼元の血筋自体は政元までで途絶える)、その他の有力な庶家・分家も、多くは頼之の時代に派生している。

室町時代の細川氏は、京兆家を中心とした同族連合体とも言うべき集団を形成することで、一族間の内訌の危険を減らし、これにより有力守護の勢力を削ごうとする将軍の干渉を排し、管領・有力守護の地位を保ち続けたのである。

京兆家[編集]

細川氏の嫡流であり、摂津丹波土佐などの守護大名を世襲したと同時に、代々室町幕府の管領職に任命を受けたため、管領細川家ともいう。細川京兆家の「京兆」(けいちょう)とは右京大夫唐名であり、当主が代々右京大夫の官位に任ぜられたことに由来する。 前述の通り、本来細川氏嫡流であり権勢を誇っていた細川清氏の失脚・滅亡後、清氏を討伐し管領として幕府と細川氏隆盛の礎を築いた細川頼之(清氏の従弟)に始まり、細川氏の本家・嫡流となる。

歴代当主の通字として、頼之の跡を継いだ弟の細川頼元に因む「」(もと)、一部の人物は頼之に因む「」(ゆき)の字を使用している。

頼之は中国管領、四国管領を歴任し、讃岐阿波土佐など四国の分国化を進めた。中央では管領となって執政し、幼少の将軍足利義満を補佐して幕政を統轄した。頼之は義満からの信任は厚かったものの、天授5年/康暦元年(1379年)の康暦の政変で一旦失脚する。しかし、四国に渡り阿波を中心とする分国支配を堅持することにより敵対勢力を退け、やがて中央政界に復帰した。

頼之自身は僧籍を理由に、実弟で養子の細川頼元を京都の周囲を固める丹波・摂津の守護に推し、さらに管領に推した。細川氏(京兆家)は斯波畠山両氏とともに三管領、また室町幕府宿老として重きをなしていくようになる。

室町時代中後期、畠山持国との権力争いに勝利した細川勝元は、3度にわたり計23年間も管領職を歴任し、実力者山名宗全(持豊)と手を結び畠山氏を弱体化させた。しかし将軍家や畠山家の家督相続問題などで畠山義就を後押しする宗全と畠山政長を後援する勝元は対立、東軍の総帥として足利義視を推戴して、宗全率いる西軍との間で11年に及ぶ応仁の乱を引き起こし、その途中に病没する。

戦国時代前期の畿内は、将軍と京兆家を中心とした争乱が続く。勝元の子・細川政元は、明応の政変で10代将軍足利義材(後に義尹、義稙と改名)を廃立、11代将軍義澄を擁立し、幕府の実権を掌握した。政敵の畠山政長も討ち、畠山・斯波両氏は没落し、京兆家が管領職を独占するようになり、細川京兆政権を打ち立て、畿内周辺にも侵攻し勢力を拡大して京兆家の全盛期を築く。しかし政元は修験道に心頭して妻帯せず実子もなく、澄之澄元高国の3人を養子に迎えたため、家督争いが生じ、永正4年(1507年)、澄之派の配下に暗殺される。

その後すぐ、澄元が澄之を討って家督を継ぎ管領となるが、政元暗殺を好機とみた前将軍足利義尹を擁する西国の大大名・周防守護大内義興が上洛軍を起こすと、澄元と不仲な高国がこれと結び、翌永正5年(1508年)に将軍義澄と澄元を京都から追い落として家督を継ぎ管領となった。

高国隠居後は大永5年(1525年)に子の細川稙国が管領を継承したが、半年ほど後に病死したため、翌年に畠山義尭が管領となり、細川京兆家による管領の継承が途絶えた。

大永7年(1527年)、今度は澄元の子の細川晴元が高国を追い落とし、さらに享禄4年(1531年)に高国を滅ぼし(大物崩れ)、台頭する家宰の三好元長も討ち、将軍足利義晴を擁立して幕政を握る。しかし天文18年(1549年)、晴元は元長の子の三好長慶近江へと追われ、細川政権は崩壊した。晴元はその後も将軍足利義輝を擁して長慶との争いを続けるが、永禄4年(1561年)に和睦し、その2年後に没した。

晴元の嫡子細川昭元は、足利義昭に仕えた。後に織田信長に仕え、昭元から信良と名を改め、信長の姉妹を正室として娶り義兄弟として織田家親族となった。昭元(信良より名を戻す)の嫡子元勝(頼範)は、豊臣秀頼の近臣として大坂城に在り、大坂の役では豊臣方となった。敗戦後は讃岐に隠棲し、後に妹の嫁ぎ先の秋田実季を頼って常陸宍戸藩に赴き、そこで客分として迎え入れられた。元勝の嫡子 義元(よしもと)の時に秋田氏の家臣に列し、子孫は家老として仕えた。義元以降は、宣元(のぶもと、義元の子)、忠元(ただもと、宣元の子)、孚元(さねもと?、三春藩家老・小野寺泰忠の子で忠元の養子)、昌元(まさもと、藩主秋田延季の七男で孚元の養子)と家督が継承されている。

典厩家[編集]

細川持賢を祖とする細川氏(京兆家)の分家の一つ。通字として主に「」(かた)を(名前)に使用する。基本的には分国を所領としておらず、初期には京兆家の内衆(重臣衆)を束ねる役割を果たしていたようである。後に摂津西成郡(中嶋郡)の分郡守護を務めた。政国政賢と続いた。当主が右馬頭もしくは右馬助を官途としたことから、その唐名にちなんで典厩家と呼ばれるようになっていた。持賢は、京兆家当主の座を13歳で継いだ勝元を補佐する立場にあり、持賢の猶子で2代当主となった政国も、9歳で京兆家を継いだ政元の幼少時の後見役であった。政賢は永正の錯乱に際しては、細川澄元に与して細川高国と対立したが、船岡山の戦いで戦死する。その後は高国の与党で政賢の縁戚であった細川尹賢が継承した。尹賢は高国の大物崩れの戦いでの顛末を知り、細川晴元側に寝返ろうとしたものの許されず殺害された。

細川氏綱は、高国の後継者として晴元と対立を続けた。氏綱は、晴元から離反した三好長慶に担がれて晴元を倒し、室町幕府最後の管領となったものの傀儡にすぎなかった。その死後は氏綱の弟の藤賢が典厩家の当主となり、将軍足利義昭に仕えた。義昭が織田信長と反目し挙兵した際には、義昭とともに抗戦したが降伏した。その後は信長に臣従し近江坂本城の守備を任された。

信長没後、藤賢は豊臣家に仕え、以降も戦国諸侯に招かれながら元賢(もとかた)、重賢(しげかた)、乗賢(のりかた)と続き金沢藩士(加賀百万石前田家家臣)として幕末に至った。

野州家[編集]

細川氏(京兆家)の分家の一つ。細川満元の弟である満国を祖とする。持春教春政春晴国と続いた。持春、教春が2代にわたって下野守を名乗ったことから野州家の名が定着したようである。備中浅口郡と伊予宇摩郡の分郡守護を務めた。野州家から京兆家には、教春の子の勝之が勝元のもとへ、政春の子の高国は政元のもとへと、2代にわたって猶子が続いている。 また持春の子・政国が典厩家の持賢の養子に入り、その政国が典厩家の第2代当主となるなど、京兆家との一体性が強い典厩家との間にも緊密な関係を保っていた。 野州家は将軍近習としての性格を有した一方で、京兆家、典厩家とも密接な関係を保ち、結果として細川氏一門の幕政関与に貢献したと思われる。

政春の子・高国は、管領細川政元の養子として京兆家に入り、その家督争いに躍り出ることになる。また通政は、戦国時代にその所領の維持を図ったのだが、出雲尼子晴久の圧迫を受け伊予へ逃れた。通政の甥・通薫(通重)が備中支配の回復を試みるが、中国地方に勢力を伸ばした毛利氏の客将となり、子孫は長府藩家老として幕末に至った。

阿波細川家[編集]

阿波細川氏は14世紀中頃、細川頼之の弟・詮春に始まり、代々の当主が阿波守護を代襲したことに由来する。また、讃岐守を称したことから讃州家ともいう。なお細川成之の頃から讃岐守護も兼任するようになり、阿波讃岐細川家とも言う。

他の細川庶流家とは異なり、室町幕府の相伴衆を務める家柄で、当主は幕府の宿老会議にも度々列席するなど、京兆家に次ぐ細川家として高い家格を有していた。そのため京兆家を上屋形と呼ぶのに対し、阿波細川家は下屋形あるいは阿波屋形と尊称されている。数え方によって変わるが10代で終わる。

詮春から数えて4代目の持常は、6代将軍足利義教からの信任が厚く、永享12年(1440年)に戦死したとされる一色義貫に代わり三河守護職も兼任した。しかし一色義貫の死が義教の陰謀によるものであったため、持常とそれを継いだ成之が三河国に守護権を確立する際には、一色残党の激しい抵抗に遭い、多大な犠牲を払った。

義教の信任厚い持常は、嘉吉の乱で義教が暗殺された後、赤松満祐征伐のため播磨に出兵するも、山名持豊(宗全)に一歩遅れる形となり、播磨守護職は山名氏のものとなる。播磨を巡る山名氏と阿波細川家の潜在的対立は、持常の後を継いだ成之の、赤松家の再興運動への助力という形になって現れる。これらのことは、当初は友好的な関係にあった山名氏と細川京兆家との関係悪化を招き、応仁の乱の遠因ともなった。

成之は、応仁の乱では東軍として京兆家を盛り立てたが、細川勝元の没後、政元の時代においては、権力集中を図る京兆家としばしば対立し、摂津守護代の薬師寺元一の反乱に関与するなどした。成之は孫の一人である澄元を、京兆家細川政元の養子に送りこむことに成功するものの、それは畿内の争乱をさらに激化させることになり、政元暗殺とその後の「永正の錯乱」へと事態は進展するのである。

なお、成之の次子の細川之勝(後の細川義春)は備中守護の細川勝久の養子となっていたが、成之の嫡男の細川政之が早世したため、義春と改名し阿波守護家を継いだ。後に義春の子の細川之持が短期間であるが備中守護にも任じられている。

成之自身は長命であったが、子である政之(1488年没)と義春(1494年没)に先立たれ、さらに1511年の成之の死の翌年には孫の之持が夭折するなど、寿命に恵まれない当主がつづく。若年の当主が続く成之以降の阿波細川家においては、家宰の三好氏が台頭することになる。

京兆家の細川政元の養子となった細川澄元を擁した三好之長は、畿内において細川高国と抗争を続けたが敗れ、澄元もまた京兆家として主導権を取り戻せぬまま夭折する。

一方、之持の子の細川持隆三好元長の補佐の元で成長すると、澄元の子の細川晴元や元長と協調し足利義維を擁立し、堺公方とするなど京都の幕府と対立を続けた。

堺幕府の解体後は、義維を阿波に迎え、平島公方としている。江口の戦いで晴元が没落し、三好長慶が将軍足利義輝をも追放して畿内の実権を握ると、義維の将軍擁立を主張したが、義輝との全面対立を望まない長慶の弟の三好義賢と対立し、天文22年(1553年)、義賢により暗殺されることになる。

持隆の子・真之は、義賢とその子の三好長治の元での傀儡でしかなかった。長治が悪政により阿波を混乱させると、真之は新たに台頭しつつあった土佐の長宗我部元親と手を結び復権を図り、長治を滅ぼした。

しかし天正10年(1582年)に長治の弟の十河存保に攻められて自刃した。

和泉守護家[編集]

和泉国では細川氏の庶流二家が守護職を世襲した。これは一国の半分ずつを分掌する半国守護制ではなく、共同で管掌する守護二人制だった。両守護家の祖は、細川頼長(頼之の甥)と細川基之(頼之の猶子)である。前者を上守護家、後者を下守護家と呼んだらしい。

守護二人制の採用理由として、和泉国は畿内の外港・商業都市堺を抱える重要地域であるがゆえに権力の分散を目的としたとも考えられる。ただし、頼長と基之は和泉守護となる以前から備後、土佐の守護も併任されており、別に何らかの理由が存在した可能性が推測される。

和泉上守護家(細川刑部家)[編集]

細川頼之の弟・頼有の子孫が14世紀中頃から和泉守護を代々務めた。頼有のあとは、頼長(よりなが)、持有(もちあり)、教春(教有)常有(つねあり、教春の弟)、政有(まさあり)、元有(政有の弟)と守護職を世襲した。通字として主に、初代当主に由来する「」(より)、「」(あり)が使用された。また、持有・教春・政有(と後述の晴貞・藤孝)は足利将軍偏諱の授与を受けている。

戦国時代期の当主・細川元有は和泉下守護家とともに紀伊守護畠山尚順と同盟を組み、管領細川政元と敵対していたが、両守護家は政元に大敗し恭順し、そのため畠山尚順に攻め込まれた。元有が1500年に戦死して以後は衰退し、子・元常の代には守護とは名ばかりで、実弟の三淵晴員とともに将軍足利義晴の近臣となっていた。元常の跡は、甥(弟・晴員の次男)で養嗣子の細川藤孝(のちの幽斎)が家督を継いでいる(別の一説によれば、元常の次男・晴貞が一旦家督を継承し、藤孝はその養子になったとされる)。元有以降の当主は通字として#京兆家と同じ「」(もと)を使用、また家督継承者は代々通称として「五郎」を称した。また、元常の長男・元春(もとはる)は嫡子から外れて分家している(地下家の一覧こちらを参照)。

藤孝の後、和泉上守護家の流れは藤孝の三男である細川刑部少輔幸隆(幸孝)が継いだ。その後、家督は細川忠興の五男である長岡刑部少輔興孝(おきたか)が継ぎ、肥後細川藩の重臣として続く(後述の#長岡(細川)刑部家を参照のこと、なお藤孝の長男である忠興自身は、幼少期に足利将軍家の命で奥州家細川輝経の養子となったため、子孫の肥後細川家は系譜上奥州家の流れといえる)。

和泉下守護家[編集]

基之のあと、持久(基之の孫)、勝信(基経)政久が守護職を継承した。政久は和泉上守護家と同盟し、その上で畠山尚順と結び細川政元に対抗したがその後は恭順した。しかし尚順に攻め込まれ戦死をとげた。政元は畠山尚順を河内で破り、和泉に攻め入り支配を回復したが、そののち和泉下守護家がその地位を保つことはできなかった。

備中守護家[編集]

細川頼之の末弟・細川満之を祖とし、頼重氏久勝久と代々守護職を継承した。他に伊予国新居郡などの領有の記録もある。

備中国はもともと京兆家や阿波守護家など、他の有力守護家の影響が強く及んでおり、庄氏を初めとする国人統制も困難を極め、頼重などは1431年に謎の狂死を遂げている。勝久の代に、庄元資(伊豆守)との争乱が勃発し(備中大合戦)、これは備中守護家が勝利したが、国内の混乱はますます加速する一方で、以後次第に勢力を弱めていく。阿波守護家から迎えた勝久の養子である之勝(細川義春)は、実兄・政之の死に伴い後に阿波守護家に戻ったため、勝久の系統がその後守護に就任することはなく、事実上守護家は断絶した。

以降は阿波守護家の細川之持(義春の子)が一時的に備中守護を継いだ後、数年の空白を経て、管領となった細川高国の実父である野州家の細川政春が備中守護となるが、1518年以降、備中守護の任命は長く為されなかった。備中は戦国に突入したのである。

淡路守護家[編集]

細川氏の庶流の一つ。和氏・頼春の弟の細川師氏を祖とする。師氏の子・細川氏春は、和氏の子・清氏が南朝に降伏すると、それに従って幕府方と戦った。子孫は代々淡路守護。将軍直属軍である奉公衆の一番番頭も務めた。戦国時代初期に細川尚春が三好之長に滅ぼされ断絶した。

奥州家[編集]

細川氏の庶流の一つ。大外様ともいわれる。和氏・頼春の従兄弟の細川顕氏の子孫。顕氏の兄弟はそれぞれが武勇に優れ活躍したが、彼等は顕氏に先立ちこの世を去る。残った顕氏は讃岐、土佐などの領国化に励み実力をつけ、嫡流の和氏の死後、その弟の頼春と並んで細川氏の実力者となる。顕氏は観応の擾乱で活躍するも、やがて頼春と前後して死去する。顕氏の実子の繁氏は顕氏の領国を受け継ぎ、有力者として武功を積むも急死する。その後は、和氏の子・業氏が後を継いで存続したが、讃岐など領国は頼春の子・頼之に押さえられたため、以後の代々の当主は京兆家に協力的な立場をとった。


細川満経は、京兆家の細川満元の片腕として政界で活躍した。また、業氏は3代将軍足利義満、業氏の子孫の晴経は13代将軍足利義輝の加冠の際の理髪役を務めるなど、有力な幕臣であった。

和泉上守護家の藤孝の子・忠興が戦国時代末期の当主輝経の養子となり奥州家を継承したので、近世大名肥後熊本藩細川家は奥州家の末裔ということがいえる。

遠州家[編集]

代々の当主が遠江を称したことから、この名が定着した。土佐守護代家ともいう。土佐守護は細川家の嫡流である京兆家が代々つとめたが、管領でもあり京都住が常であったことから、庶流であるこの細川家が実際に土佐に在国し守護代を代々つとめた。頼益(よります)以降の通字は「」(ます)、満益(みつます)以降は足利将軍家偏諱を受けている(系図中の太字部分、細川国益(くにます)は細川高国の1字を受けている)。頼益は細川成之の母の兄でもあり、香美郡田村(現・南国市田村)に守護代館(=田村城)をおいた[1]。その曾孫、勝益は応仁の乱に際して東軍大将を務める細川勝元の支援のために上京[1]、その跡を継いでいた政益(まさます)・国益も永正4年(1507年)に細川政元(勝元の子)が暗殺される(永正の錯乱)と上京し[1]、やがて土佐は守護代不在の地となった[1]


●土佐守護代家歴代当主

細川宗義頼種頼元頼益(弟に氏有)ー国益(*一説に国益は政益の弟で子は益氏とも)

●遠州家分家(義幸流)・上野氏

細川宗義頼種義幸(頼元の兄)ー氏世氏益元興(弟に賢氏)ー氏盛

(*系図はこちらを参照に作成。)

近世[編集]

肥後細川家(豊前小倉藩、肥後熊本藩主家)[編集]

肥後細川家の家紋「細川九曜」

和泉上守護家の出身の細川藤孝(幽斎)は、はじめ室町幕府第15代将軍足利義昭を支えたが、のち織田信長に属して姓を長岡に変え、丹後国五郡のうち二郡を領した。

細川幽斉の長男として誕生した忠興(三斎)は、一族である細川輝経の養子となるも、紀伊雑賀攻めで初陣し、信長の部将として実父とともに活躍。信長隠居後、織田家当主となった織田信忠より偏諱(「忠」の字)を与えられている。 本能寺の変では、妻・ガラシャの父である義父明智光秀に与せず、羽柴(豊臣)秀吉に仕え丹後一国12万石と羽柴姓を与えられた。 実父である幽斎は歌道の古今伝授の継承者、忠興自身は千利休の茶道の高弟として、文化面でも重きをなした。

秀吉の死後、徳川家康(東軍)と石田三成(西軍)らの争いが始まると、東軍につき、ガラシャは西軍の人質になることを拒んで自害する。幽斎と忠興の実弟細川幸隆丹後田辺城で2か月に及ぶ籠城戦を戦った。忠興は関ヶ原の戦いの最前線で活躍した。

戦後は羽柴より細川姓に復し、功により豊前小倉藩39万9千石を経て、忠興の子・3代細川忠利の時代に肥後熊本藩54万石を領し、幕末まで237年統治。細川家紋は、細川九曜、細川桜、二引両、五七桐、松笠菱のほかに桔梗紋もあり、計六つを定紋としていた(高瀬支藩文書)。 明治に至り侯爵となる。

肥後細川家には藩主一門家として長岡内膳家と長岡刑部家があり、支藩としては新田(高瀬)支藩と宇土支藩があった。なお常陸谷田部藩は幽斎次男の興元が領主だが、肥後支藩ではなく歴とした独立藩である。

肥後細川藩の特徴としては、独特な領内統治組織「手永制度」があり、後世に残したものとして「領内名勝図巻」など永青文庫所蔵のものが挙げられる。

歴代藩主の中で注目されるのが、8代細川重賢で、藩校時習館の創設や殖産興業など宝暦の改革と呼ばれる藩政改革を行い「肥後の鳳凰」と称され、出羽米沢藩上杉鷹山紀伊紀州藩徳川治貞(紀州の麒麟)とともに江戸時代中期の三名君とされる。熊本藩では江戸時代を通じて大きい一揆などが見られず農民は豊かであったとされるが、藩財政は厳しく、江戸・大坂の大商人からの借金に対しては何度も踏み倒して貧乏細川と嫌われている。

なお、江戸時代の熊本藩細川氏においては通字として定めている字はなく、原則歴代当主(藩主)は父から1字を受けて初名を名乗り、藩主就任の折などに徳川将軍家から偏諱の授与を受けるのが慣例であった(詳しくは歴代藩主の各項を参照)が、江戸後期~幕末期の藩主であった12代細川斉護以降は「」(もり)の字を通字として代々用いるようになる。

斉護の跡を継いだ13代細川韶邦(初名:護順)とその弟・細川護久(のち14代)の兄弟は、公武合体の立場をとった後、明治新政府に恭順して、幕末から明治にかけての動乱期を乗り越えた。

国宝保存会会長を務めた16代細川護立(護久の子)は「美術の殿様」といわれ、細川家伝来の多数の美術品や自らの収集品などを収蔵した財団法人永青文庫を開設している。近衛文麿(第34・38・39代内閣総理大臣)の秘書官を務めた17代細川護貞は戦時中政治的活動も行い『細川日記』を残している。護貞は美術、華道、茶道、ゴルフの愛好家としても知られ、日本ゴルフ協会会長を務めた。

護貞の子・18代細川護熙熊本県知事を務めた後日本新党を結成し、1993年平成5年)に内閣総理大臣となり非自民党連立政権を成立させた。政界引退後は、息子の細川護光(もりみつ)とともに陶芸家として活動するほか、様々な分野で活躍している。2014年2月9日に実施される東京都知事選挙への出馬を表明している。また、護煕の実弟で母方の近衛家を相続した近衛忠煇(初名:細川護煇)は日本赤十字社社長を務めている。

長岡(細川)内膳家[編集]

(※熊本藩時代の歴代当主はこちらを参照のこと。)

関ヶ原の戦いの後、忠興は徳川家との関係を重視し、警戒を解くために嫡男・忠隆とその妻・春香院前田利家の娘千世)の離縁を命じた。これに反発した忠隆を廃嫡・勘当、家康に人質として差し出していた三男・内記(忠利)を跡継ぎとし、徳川家への臣従の意思を表した。廃嫡された忠隆は、京都で謹慎蟄居して長岡休無と号して祖父・細川幽斎の許に身を寄せ、幽斎死去後には細川家から扶持米3千石が給されることになった。公家社会と細川家を結ぶ能や茶の湯の数寄者として、京都で余生を過ごした。後妻・喜久との間に生まれた長岡忠恒(ただつね)・長岡忠春(ただはる)は、休無の死後に細川光尚から肥後熊本に招かれて熊本藩の一門家臣長岡内膳家となった。細川綱利時代に忠春の子・忠重(ただしげ、名は忠季(ただすえ)とも)が計6千石を継ぎ、子孫は代々一門首座に列した。家紋は五七桐および細川九曜紋のほかに、ガラシャ出自を偲び明智氏土岐桔梗紋を裏紋とした。明治時代に細川姓へ復し、男爵を授爵した。江戸時代の藩主の御茶屋で、明治時代に細川内膳家が住んだ熊本郊外の砂取邸跡は水前寺江津湖公園の一部(熊本県立図書館庭園)として整備されている。政治評論家細川隆元とその甥細川隆一郎は内膳家の牧崎分家の出である。

長岡(細川)刑部家[編集]

(※熊本藩時代の歴代当主はこちらを参照のこと。)

前述の#和泉上守護家(細川刑部家)を継承する形で、忠興の五男・刑部少輔興孝(おきたか)が2万5千石を与えられて興す。代々「長岡刑部」等を名乗り、家禄1万石。明治時代に細川姓へ復し、男爵。刑部家が熊本郊外の子飼に設けた下屋敷(旧細川刑部邸)は県の重要文化財に指定され、現在は熊本城三の丸に移築・公開されている。

高瀬細川家[編集]

肥後熊本藩の支藩・新田藩3万5千石の藩主。細川光尚の子・細川利重から10代。江戸鉄砲洲に住み、幕末に肥後高瀬(熊本県玉名市)に移ったため高瀬藩とも言う。本家6代の細川宣紀は利重の子。

宇土細川家[編集]

肥後熊本藩の支藩・宇土藩(熊本県宇土市)3万石の藩主。忠興の四男・立孝の子の行孝から11代。5代細川興文は本藩の細川重賢と協力して藩校温知館の創設や水道による農地灌漑・殖産興業に努めるなど藩政改革を行い、外様支藩主ながら幕府老中任用も議せられた。本家10代の細川斉茲、12代の細川斉護は宇土細川家の出身である。

常陸谷田部細川家[編集]

常陸国谷田部藩茨城県つくば市)1万6200石の藩主。細川藤孝の次子・細川興元より9代。藩祖の興元は細川忠興の弟にあたり、はじめ兄忠興の領国である豊前で豊前小倉城を任されていたが家を出、徳川家に直仕した。谷田部藩は、熊本藩の支藩ではなく独立した藩である。

豊前竜王細川家[編集]

かつて竜王城主としてあった細川家。細川藤孝の三子・細川幸隆が、長兄で豊前国主(豊前藩主)の細川忠興より豊前竜王城を任され、竜王1万石の領主となった。しかし嗣子なく一代にて断絶。幸隆は、関ヶ原の戦い時において領国を離れていた長兄の留守を善く守った猛将で、戦功により要衝である竜王城を賜った。

その他の支流・庶家[編集]

庶家一覧

系図[編集]

太線は実子、細線、斜体の字の人物は養子。

             義清
             ┃
             義実
             ┃
             義季
             ┣━━┓
             俊氏 義俊
          ┏━━┫  ┣━━┓
          頼貞 公頼 俊氏 宗義
 ┏━━┳━━┳━━┫  ┣━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 皇海 定禅 直俊 顕氏 師氏    頼春                                        和氏
    ┏━━┳━━┫  ┣━━┓  ┣━━━━━┳━━━━━━━━┳━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━┓  ┏━━╋━━┳━━┳━━┓
    繁氏 政氏 業氏 氏春 信氏 頼有    詮春       頼之    頼元             満之 業氏 清氏 家氏 頼和 将氏
    ┃     ┃  ┃     ┣━━┓  ┃     ┏━━┫              ┏━━┳━━┫  ┏━━┫     ┃
    祐氏    満経 満春    頼長 頼顕 義之    基之 頼元             基之 満久 頼重 頼夏 正氏    義和
    ┃  ┏━━┫  ┣━━┓  ┃     |  ┏━━┫  ┣━━━━━━━━━━━┓        ┃     ┣━━┓
    信氏 顕経 持経 満俊 俊春 持有    満久 教久 頼久 満元          満国       氏久    経氏 頼氏
          ┃  ┃  ┃  ┣━━┓  ┣━━┓  ┃  ┣━━┳━━┓     ┃        ┃     ┃
          成経 持親 安氏 教春 常有 持常 教祐 持久 持之 持元 持賢    持春       勝久    泰経
          ┃  ┃     |     |  ┃  ┃  ┣━━┓  |     ┣━━┳━━┓  |     ┃
          尚経 成春    常有    成之 成之 勝信 勝元 成賢 政国    教春 政国 賢春 政春    仲泰
          ┃  ┃  ┏━━╋━━┓  ┣━━┓  ┃  ┣━━┓  ┃     ┣━━┳━━┓  ┣━━┳━━┓
          尹隆 尚春 元有 政有 頼常 義春 政之 政久 政元 勝之 政賢    政春 勝之 春倶 晴国 通政 高国
          ┃        |  ┏━━╋━━┓  ┏━━╋━━┓  ┣━━━━━┓  ┏━━┫  ┣━━┓
          晴経       元有 澄元 氏久 之持 澄元 高国 澄之 尹賢    澄賢 高基 尹賢 通政 通薫
          ┃        ┣━━┓  ┃  ┃  ┃  ┣━━┓  ┣━━┓  ┃        |
          輝経       元常 晴員 昌勝 持隆 晴元 氏綱 稙国 藤賢 氏綱 晴賢       通薫
          |        ┃  ┃  ┃  ┃  ┃     ┃  ┃              ┃
          忠興       晴貞 藤孝 元定 真之 昭元 晴之 頼国 元賢             元通
                   ┏━━┫  ┃  ┃  ┃
                   幸隆 興元 全隆 之照 元勝
  • (肥後藩主家)
           藤孝
           ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           忠興                          興元
   ┏━━━┳━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓       ┃
   忠隆  興秋  忠利                  立孝      興昌
   ┃       ┃                   ┃       ┃
 細川内膳家     光尚                  有孝      興隆
           ┣━━━┓               ┃       ┃
           綱利  利重              興生      興栄
           |   ┣━━━━━━━━━━━┓   ┣━━━┓   |
           宣紀  宣紀          利昌  興里  興文  興誠
           ┣━━━┓           ┣━━━┓   ┃   ┃
           宗孝  重賢          利方  利恭  斉茲  興虎
           |               ┃   |       ┃
           重賢              利寛  利寛      興晴
           ┃               ┣━━━┓       ┃
           治年              利致  利庸      興徳
           |               |           ┃
           斉茲              利庸          興建
           ┣━━━━━━━━━━━┓   ┣━━━━━━┓    ┃
           立之          斉樹  利国     利愛   興貫
           ┣━━━━━━━┓   |   ┝━━━┓  ┝━━━┓
           斉護      行芬  斉護  利愛  利用 利用  利永
           ┣━━━┓   ┣━━━┓   |
           韶邦  護久  立則  立真  利永
           |
           護久
           ┣━━━┓
           護成  護立
           |
           護立
           ┃
           護貞
           ┣━━━┓
           護熙 近衛忠煇
           ┃
           護光

細川氏縁故社寺・菩提寺[編集]

龍安寺・・・臨済宗 妙心寺 塔頭

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『長宗我部三代記: 四国制覇の夢』(著:羽生道英、PHP研究所版)より。電子版はこちらより。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]