倭寇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
倭寇

倭寇(わこう)とは、一般的には13世紀から16世紀にかけて朝鮮半島や中国大陸の沿岸部や一部内陸、及び東アジア諸地域において活動した海賊、私貿易、密貿易を行う貿易商人の事である。和寇と表記される場合もある。また海乱鬼(かいらぎ)とも呼ばれる。

概要[編集]

倭寇の歴史は大きく見た時に前期倭寇と、過渡期を経た後期倭寇の二つに分けられる。

また、倭寇の構成員は、前期倭寇では主に日本人で一部が高麗人であり、後期倭寇は中国人が多数派で一部に日本人をはじめ諸民族を含んでいたと推測されているが、複数の学説がある。

名称[編集]

字句をそのまま解釈すれば、倭寇とは「(日本)による侵略」という意味で、中国、朝鮮では日本人海賊を意味する。使用例は5世紀の高句麗広開土王碑の条文にも見られるが、後世の意味とは異なる。

ここに見られる『倭、○○(地名)を寇す』という表現の漢文表記では『倭寇○○』のように「倭寇」の2字が連結しており、これが後に名詞として独立したと考えられている。

また、16世紀の豊臣秀吉文禄・慶長の役や、日中戦争における日本軍も「倭寇」と呼ばれるなど、朝鮮半島や中国において排日感情の表現として使用される事がある。現代でも、韓国人中国人が日本人を侮蔑するときに用いており、「野蛮人」のニュアンスを含む。

前期倭寇[編集]

前期倭寇が活動していたのは14世紀、日本の時代区分では南北朝時代から室町時代初期、朝鮮では高麗から朝鮮王朝の初期にあたる。日本では北朝を奉じて室町幕府を開いた足利氏と、吉野へ逃れた南朝が全国規模で争っており、中央の統制がゆるく倭寇も活動し易かった。

前期倭寇と高麗[編集]

高麗史』によれば1350(庚寅)年2月「倭寇の侵すは此より始まる」という記事があり、これが当時の公式見解であったようだが、庚寅年以前にも多数の記事がある。 文献によると最も古いのは『高麗史』によれば高宗10年(1223年)5月条「倭寇金州」とあるのが初出である。これ以後史料には頻繁に現れている。

「高麗史」によれば、1375年藤経光誘殺未遂によって倭寇が激怒し、高麗住民の無差別殺戮に出るようになったと記している[1]

1370年代の前期倭寇の行動範囲は朝鮮北部沿岸にも及び南部では内陸深くまで侵入するようになった。倭寇の被害を中心的に受けていた高麗では1376年には崔瑩が鴻山で、1380年には、李成桂が荒山、崔茂宣羅世が鎮浦で、1383年には鄭地らが南海島観音浦で、倭寇軍に大打撃を与え、1389年朴葳による対馬国侵攻では、倭寇船300余隻を撃破し、捕虜を救出し、その後、町を焼き討ちして帰還した[2]。これ以降倭寇の侵入は激減する[2]

なお、『高麗史』によれば、高麗宗主国であるに上奏し、元寇以降もさかんに軍艦を建造しており、日本侵攻を繰り返すことになるが、これは、対馬を拠点とする倭寇討伐や日本侵略を口実に元や明の大軍が再び自国に長期駐留して横暴を極めることをおそれたあまりの「先走り」だとされる[3]

倭寇討伐で名声を得た李成桂は、1392年高麗王朝を倒して李氏朝鮮を建国した。倭寇の勢力は著しく衰退したものの、朝鮮への侵入が完全になくなることはなかった[3]

南北朝時代の政治動乱と倭寇[編集]

斎藤満は高麗史にでてくる「倭国」を南朝(征西府)だと推定しており[4]、ほかにも倭寇の首領が日本の精鋭部隊と同じ装備で、南北朝の争いによる統制の緩みに乗じて日本の正規の精鋭部隊が物資の略奪に参加したという意見もある[5]。 渡辺昭夫は「長い戦乱で食糧を確保することに限界を感じた兵士達が近くに位置する高麗に頻繁に物資を求めに行ったので高麗の水路と地理に詳しくなっていた」と説明している[5]

稲村賢敷は、倭寇が数十隻から数百隻で重装備の武士も加わって多くの食糧を略奪していることから、南朝方の菊池氏肥前松浦党(松浦氏)が北朝との戦いのための物資獲得を目的に行ったとした[6]。なお稲村は倭寇の構成員について、規律があり、戦慣れした武士団だと述べている[6]。稲村は北朝方の九州探題が倭寇と南朝方の征西府を同一視して敵と見做し、かつ明から倭寇の禁圧を求められても征西府が拒否したことも論拠として挙げている[6]

明朝と南北朝と前期倭寇[編集]

中国では1368年に朱元璋王朝を建国し、日本に対して倭寇討伐の要請をするために使者を派遣する。使者が派遣された九州では南朝の後醍醐天皇の皇子で征西将軍宮懐良親王が活動しており、使者を迎えた懐良は九州制圧のための権威として明王朝から冊封を受け、「日本国王」と称した。その後幕府から派遣された今川貞世により九州の南朝勢力が駆逐され、南朝勢力は衰微し室町幕府将軍の足利義満が1392年に南北朝合一を行うと、明との貿易を望んだ義満は、明に要請されて倭寇を鎮圧した。倭寇鎮圧によって義満は明朝より新たに「日本国王」として冊封され、1404年(応永11年)から勘合貿易が行われようになる。

応永の外寇[編集]

1419年、朝鮮王朝の太宗は倭寇撃退を名目にした対馬侵攻を決定し、対馬の有力者が明などに渡航し不在である時期を狙って、同年6月、李従茂率いる227隻、17,285名の軍勢を対馬に侵攻させた。応永の外寇とよばれる。朝鮮軍は敗退するが、この事件により対馬や北九州の諸大名の取締りが厳しくなり、倭寇の帰化などの懐柔策を行ったため、前期倭寇は衰退していく。

また同1419年、遼東半島の望海堝で倭寇は明軍に敗れたことが致命傷となったともいわれる[7]。なお、応永の外寇以前の形態は単なる局地的な奪還・復讐戦であり、これを倭寇と分類せず、それ以降を倭寇と考える説もある。

こうして前期倭寇は、室町幕府や北九州の守護大名日明貿易、対馬と朝鮮の間の交易再開などによって下火になっていった。

前期倭寇の朝鮮人[編集]

世宗実録(世宗二十八(1446年)十月壬戌条)』の記述には「倭人不過一二而本国之民仮著倭服成党作乱」[(※翻訳)倭人は1、2割(または1、2件)に過ぎず、本国(朝鮮)の民が、仮に倭服を着して党を成し乱を作す]とあり、前期倭寇もある時期からは、高麗人または朝鮮人が主体となっていたことが窺い知れる[8]

後期倭寇[編集]

日本では1523年に勘合を巡って細川氏大内氏がそれぞれ派遣した朝貢使節が浙江省寧波で争う寧波の乱(寧波争貢事件)が起り、勘合貿易が途絶すると倭寇を通じた密貿易が盛んになり、さらに中央で起こった応仁の乱の為、再び倭寇の活動が活発化する事になる。

後期倭寇の中心は私貿易を行う中国人であったとされ、『明史』日本伝にも真倭(本当の日本人)は10のうち3であるとも記述されている。ただし少ないながらもこれら日本人は、当時日本が戦国時代であったことから実戦経験豊富なものが多く、戦争の先頭に立ったり指揮を執ることで倭寇の武力向上に資していた。この時期も引き続いて明王朝は海禁政策により私貿易を制限しており、これに反対する中国(一説には朝鮮も)の商人たちは日本人の格好を真似て(偽倭)、浙江省の双嶼福建省南部の月港を拠点とした。

これら後期倭寇は沿岸部の有力郷紳と結託し、後期にはポルトガルやイスパニア(スペイン)などのヨーロッパ人や、日本の博多商人とも密貿易を行っていた(大曲藤内『大曲記』)。後期倭寇の頭目には、中国人の王直徐海李光頭許棟などがおり、王直は日本の五島列島などを拠点に種子島への鉄砲伝来にも関係している。鉄砲伝来後、日本では鉄砲が普及し、貿易記録の研究から、当時、世界一の銃の保有量を誇るにいたったとも推計されている[9]

1547年には明の将軍である朱紈が派遣されるが鎮圧に失敗し、53年からは嘉靖大倭寇と呼ばれる倭寇の大規模な活動がはじまる。こうした状況から明朝内部の官僚の中からも海禁の緩和による事態の打開を主張する論が強まる。その一人、胡宗憲が王直を懐柔するものの、中央の命により処刑した。指導者を失ったことから倭寇の勢力は弱まり、続いて戚継光が倭寇討伐に成功した。しかし以後明王朝はこの海禁を緩和する宥和策に転じ、東南アジアの諸国やポルトガル等の貿易を認めるようになる。ただし、日本に対してのみ倭寇への不信感から貿易を認めない態度を継続した。倭寇は1588年に豊臣秀吉が倭寇取締令を発令するまで抬頭し続けた。

倭寇の構成員に関する学説[編集]

初期~最盛期の前期倭寇の構成員は、「高麗史」に見える高麗末500回前後の倭寇関連記事の内、高麗人が加わっていたと明記されているのは3件であり、構成員の多くが日本人であったと推測される。一方、朝鮮王朝実録『世宗実録』によれば、1446年の記事として、「(この記事の当時から30年近く前の、太宗時代の末期に)真倭(倭人)は一割、二割にすぎず、残りは我が国の民である」と記述されており[10]、前期倭寇の最末期には日本人が多数を占めなくなったともいわれる。

高麗の賤民の関与(田中説)[編集]

東京大学教授の田中健夫は、1370年から1390年初めに倭寇の襲撃が激化したのは新たに高麗の賤民階級が加わったからだとし、高麗を襲った倭寇の構成員を日本人を主力として若干の高麗の賤民を含むとした[11]。また、田中はのちに、倭寇の構成を日本人と朝鮮人の連合か、または朝鮮人のみであったともし[12]、さらに、高麗(李朝)にとって倭寇は外患であると同時に内憂でもあり、李氏朝鮮が高麗から引き続いて倭寇が外患であることを強調することで倭寇が抱える内憂の性格を隠蔽し、それを梃子として国家体制を確立したとも述べている[13]

田中説について村井章介は、多くの人員や馬を海上輸送させる困難さの説明も含めて説得力があるとしたが、田中が主張の根拠とした朝鮮王朝実録に記されている世宗王代の判中枢院事・李順蒙の発言[14]について、膨大な朝鮮の史料のなかで倭寇に占める倭人の比率が記載されているのは田中が挙げた一例しか存在せず、その上、その史料は倭寇の最盛期から50年以上後のものであることを述べ[2]、また、その史料の文脈は賦役から逃亡する辺境の民が多い、という事態の模範として提出されており、賤民階級に対する蔑視が、基本的な考え方となっているため、「倭人が一割~二割に過ぎない」という記述をそのまま受け入れることは出来ないと批判している[2]

「境界人」説(村井説、他)[編集]

倭寇の正体について、村井は、当時国家概念が明確ではなく、日本の九州、朝鮮半島沿岸、中国沿岸といった環東シナ海の人々が国家の枠組みを超えた一つの共同体を有しており、村井は彼らを「倭人」という「倭語」「倭服」といった独自の文化をもつ「日本」とはまた別の人間集団だとし、境界に生きる人々(マージナル・マン)と呼んでいる。村井によれば、倭寇の本質は国籍や民族を超えた人間集団であり、日本人、朝鮮人といった分別は意味がないと述べている[2]。ほかに、高橋公明は倭寇の構成について、済州島の海民も倭寇に加わっていった可能性を唱え、倭寇の活動が「国境をまたぐ地域」で繰り広げられた国家の枠組みを越えた性格のものと述べている[15]

東郷隆は前期倭寇の首領のひとり、阿只抜都について赤星氏相知比氏松浦党)といった九州の武士、あるいはモンゴル系島嶼人や高麗人といった様々な推測をしている[16]

村井説の教科書記載への批判

2007年の日韓歴史共通教材は、村井説が作為的に利用されているとして扶桑社の中学歴史教科書を挙げ[17]、同教科書における「(倭寇は)朝鮮半島や中国沿岸に出没していた海賊集団のことである。彼らには朝鮮人も多く含まれていた。」「16世紀の中ごろ、再び倭寇が盛んになったが、その構成員は殆ど中国人であった」といった記述について、倭寇に占める日本人の数を低くみせるために村井の理論を利用した上で、「日本人」「朝鮮人」「中国人」と国籍を強調していると批判した[17]

村井説への批判

濱中昇は倭寇の特徴である領主制が日本には存在するが、中世の朝鮮には相当するものが存在しないため倭寇の主体を朝鮮国内には求めるのは難しいとし[18]、朝鮮の賤民が倭寇と偽って略奪を働いたとする高麗史の記録についても、倭寇の襲撃がまずあり、それから若干遅れて賎民の乱暴が発生していると指摘し、倭寇とは別のそれに乗じた泥棒の類とした[18]。また、朝鮮半島南部の海民が高麗末期の倭寇に加わっていたとしても、倭寇の主力が日本人であることには変わらないし[18]、多数の騎馬や船を擁することについては現地での略奪によってその数を増やしたともした[18]。ほかにも、村井の言う「倭」と「日本」の違いについても、朝鮮が日本を国家を意識した場合とそうでない場合(蔑視の心がある場合)との使い分け、九州地方と近畿地方の文化的な差異に過ぎないとし、「倭」と「日本」は事物の本体としては同じもので、「倭」と中世の日本は別個のものではないとした[18]

北京大学教授沈仁安は、村井説のように倭寇を国境をまたぐ海上勢力とすることも全体的にみれば可能だが、13世紀から16世紀にかけて性質が変化している倭寇を包括的に解釈することは、具体的な歴史過程を隠すことになると批判した[19]。また沈は、前期倭寇の主力は日本人とする[19]。また、古代の「倭」呼称が日本列島以外の地域の呼称としても使われており、「日本」とは別の概念だとする村井説に対して、沈は、千数百年以降の歴史的事実を紀元前後の呼称「倭」で解釈することは不適当とし、更に、古代中国における「倭」は日本のこととした[19]

高麗前期には見られなかった「倭」という呼称が高麗後期になって現れて「日本」と併用されていることについて武田幸男は、「倭」という呼称が現れた原因は倭寇だと述べている[20]。武田は高麗が日本を国家レベルで意識、または正式な通交相手と認識した場合は「日本」とし、国家レベルで意識せず「敵対者」と認識した時は「倭」と記しているとした[20]。なお、武田は14世紀倭寇の首領の装備について「典型的な中世日本武士」だとしている[21]

後期倭寇[編集]

後期倭寇は、中国人が中心であり、『明史』には、日本人の倭寇は10人の内3人であり、残り7人はこれに従ったものである(「大抵真倭十之三、從倭者十之七。」)と記されている[22]。なお、中国人倭寇が多かったために日本人倭寇と偽って成敗した将軍を朝鮮の明宗王は処罰している[23]

倭寇の影響[編集]

中国のや韓国の高麗朝鮮王朝、また日本の室町幕府に対し、倭寇は結果として重要な政治的外交的な影響力を与えた。明は足利幕府に対し倭寇討伐を要請する見返りとして勘合貿易に便宜を与えざるを得ず、また高麗王朝は倭寇討伐で名声を得た李成桂によって滅ぼされ、李成桂によって建国された朝鮮王朝は文禄の役の頃まで倭寇対策(懐柔と鎮圧)に追われた。朝鮮王朝による対馬侵攻(応永の外寇)も、倭寇根拠地の征伐が大義名分とされていた。

また、第二次世界大戦後、韓国では日本に略奪されたと主張される文化財の返還運動が展開し、高麗仏画や仏像など日本に保管される朝鮮由来の文化財の多くは倭寇に略奪されたとする見解が韓国ではなされているが、日本では当時の李氏朝鮮政府が仏教弾圧政策をとったため日本へ貿易品として輸出されたり、贈答されたとする見解がある。

活動地域[編集]

倭寇の活動地域

倭寇の根拠地は日本の対馬や壱岐・五島列島をはじめ、朝鮮の済州島、中国の沿海諸島部、また台湾島海南島にも存在していた。

ボルネオ童話において、倭寇と思しきものが活躍する伝承もあり[24]、この周辺まで広く活動していたと思われる。また倭寇であるかは不明であるが、現在のタイにおいてもスペイン軍が「ローニン」の部隊に襲われて全滅したとの記録もある[25]

武術[編集]

倭寇の中に日本の剣術を身につけていた者もいたようで、1561年に戚継光が、倭寇が所持していたという陰流の目録を得ている。(陰流の開祖・愛洲久忠も倭寇であったという説もある)戚継光が得た陰流目録は茅元儀が編纂した『武備志』に掲載された。この『武備志』は江戸時代に日本にも伝わり、掲載されている陰流目録について松下見林らが記している。この陰流目録については陰流から派生した新陰流の第20世宗家・柳生厳長によって真正の物と確認された[26]

また、日本の剣術を基にした苗刀という中国武術が明末から清初にかけて生まれた。

倭寇以後の東アジア海上世界[編集]

豊臣秀吉の海賊停止令により、倭寇の活動は一応は収束をみるが、東アジアの海上世界では林道乾林鳳(リマホン)、明を奉じてに抵抗した鄭芝竜鄭成功の鄭一族などが半商半海賊的な存在で、倭寇ではないが同時代の海上勢力である。また、後期倭寇に多く見られた中国南部(広東・福建・浙江・台湾など)出身者は日本(横浜神戸長崎の三大中華街)や東南アジアに多数渡り、現地で華僑のコミュニティを形成し、現在も政治や経済において影響力を及ぼしている。

八幡船[編集]

日本の室町時代から江戸時代にかけての海賊船は通称して「八幡(やわた)船」と呼ばれた。倭寇が「八幡(はちまん)大菩薩」の幟を好んで用いたのが語源とされるが、「ばはん」には海賊行為一般を指すとも考えられている。

脚注[編集]

  1. ^ 高麗史』(列伝・金先致)
  2. ^ a b c d e 村井 (1993)
  3. ^ 『同』列伝・鄭地
  4. ^ 斎藤満 (1990)
  5. ^ a b 第9回「十四世紀(高麗末)、韓(朝鮮)半島における日本の精鋭部隊」 - 座談会資料 - 韓日歴史座談会の記録(Webサイト)
  6. ^ a b c 稲村 (1957)
  7. ^ [1]
  8. ^ [2]
  9. ^ ノエル・ペリン『鉄砲を捨てた日本人』中公文庫。
  10. ^ 世宗 114卷 28年 (1446 丙寅) 10月 28日 (壬戌) "臣聞前朝之季, 倭寇興行, 民不聊生, 然其間倭人不過一二, 而本國之民, 假著倭服, 成黨作亂, 是亦鑑也。"
  11. ^ 田中 (1982)
  12. ^ 田中 (1987)
  13. ^ 田中 (1997) 田中は、この時代には今日のような国家主権概念が存在せず、なおかつ南北朝の内乱と朝鮮半島王朝交替期の政治混乱によって、互いに国家への帰属意識が希薄化させていた日本人の倭寇と高麗・朝鮮人の賎民(土地を失った農民や水尺・才人と呼ばれた被差別民)が手を結んで、更に大きな倭寇集団を形成することは容易な状況にあったと述べている
  14. ^ 時期は15世紀半ば。李順蒙の発言は「前朝の季、倭寇興行し、民の生を聊んぜず。然るにその間の倭人は一二に過ぎずして、本国の民の避けて倭服を著け党を成し乱を作す」というもの
  15. ^ 高橋 (1987)
  16. ^ 『【絵解き】雑兵足軽たちの戦い』 講談社〈講談社文庫〉、2007年、48-51頁
  17. ^ a b 日韓交流の歴史 (2007)
  18. ^ a b c d e 濱中 (1996)
  19. ^ a b c 沈 (2003)
  20. ^ a b 武田(上)(2005)
  21. ^ 武田(下)(2005)、脚注において。
  22. ^ 明史卷三百二十二 列傳第二百十外國三 日本 嘉靖二十六年
  23. ^ 辛卯/憲府啓曰: “欺君罔上, 人臣大罪。 有犯於此, 常刑罔貸。 於 蘭浦 萬戶 金漢 、 金甲島 權管 朴世廉 , 擒殺 唐人 , 詐稱捕 倭 , 報諸主帥, 以致轉啓, 其倖賞欺誣之罪, 固難逃矣。 南邊士卒, 無不慣知 唐 、 倭 形狀, 雖交戰之時, 豈有難辨之理? 假曰風波之中, 未及詳察, 及其捕斬之後, 見其容貌物件, 可以立辨, 所當以戰殺唐人實狀 報于主將, 而貧庸之徒, 心若狗彘, 徒知希賞之是急, 而不計欺罔之大惡。 此而不治, 何以痛革宿弊, 而振肅朝綱乎? 請 金漢 、 朴世廉 , 竝拿致禁府, 依律定罪。 全羅右道 水使 李文誠 , 素無威風, 不能禁約諸鎭之將。 當 金漢 、 朴世廉 擒殺 唐人 , 詐稱捕 倭 , 收送首級及物件之際, 宜卽辨覈, 摘發欺罔之罪, 以正軍律, 而徇私同惡, 錄功馳啓, 略無顧忌, 可謂無狀。 請命罷職, 以懲其罪。” 答曰: “竝如啓。”朝鮮王朝実録明宗 33卷, 21年(1566 丙寅 / 명 가정(嘉靖) 45年) 7月 2日(辛卯) 1번째기사(漢文)国史編纂委員会
  24. ^ 「世界童話宝玉選」 p428『ワカナとボルネオの娘』 小学館
  25. ^ 新井 国右(あらい くにすけ)「プロフェッショナル・ファイターズ」p126 原書房
  26. ^ 柳生厳長、『正伝新陰流』、島津書房、2004年。

参考文献[編集]

資料
研究文献
  • 伊藤亜人他監修平凡社編『朝鮮を知る事典』平凡社、1986年
  • 稲村賢敷『琉球諸島における倭寇史跡の研究』吉川弘文館 、1957年
  • 高橋公明「中世アジア海域における海民と交流-済州島を中心として」『名古屋大学文学部研究論集』史学33、1987年
  • 佐藤進一『日本の歴史(9)、南北朝の動乱』中央公論社、1974年
  • 田中健夫『倭寇-海の歴史』教育社歴史新書、1982年
  • 田中健夫「倭寇と東アジア通行圏」『日本の社会史』一<列島内外の交通と国家>岩波書店、1987年
  • 田中健夫『東アジア通交圏と国際認識』吉川弘文館、1997年、第一「倭寇と東アジア通交圏」及び第二「相互認識と情報」。
  • 朝鮮史研究会編著旗田巍編修代表『朝鮮の歴史』、三省堂、1974年
  • 濱中昇「高麗末期倭寇集団の民族構成-近年の倭寇研究に寄せて-」『歴史学研究』第685号、1996年
  • 村井章介『中世倭人伝』岩波新書、1993年
  • 歴史教育研究会(日本)歴史教科書研究会(韓国)編『日韓交流の歴史』明石出版、2007年
  • 沈仁安『中国からみた日本の古代』藤田友治、藤田 美代子訳、ミネルヴァ書房、2003年
  • 斉藤満「征西府とその外交についての一考察」『史泉』71号、1990年

外部リンク[編集]

  • 秦野裕介「「倭寇」と海洋史観」『立命館大学人文科学研究所紀要』81号、2003年[4]

関連項目[編集]