巡撫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

巡撫(じゅんぶ)は、中国代及び代に存在した官職名。

洪武年間(1368年 - 1398年)から永楽年間(1403年 - 1424年)にかけては中央から地方に派遣される臨時官であったが、宣徳年間(1426年 - 1435年)から常設され、明代末期には1省あるいはその一部を管轄する地方官として20人を超えた。都御史を兼ね、しばしば軍事も兼務し、布政使按察使都指揮使の上位として、地方を管轄した。

清代には明の制度を踏襲して巡撫は省の長官とされ、総督とほぼ同格として皇帝に直属した。上奏・属官の任免・軍隊指揮・地方財政の監督・裁判・渉外などを権有した。