村井章介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

村井 章介(むらい しょうすけ、1949年3月12日 - )は、日本歴史学者。専門は日本中世史・東アジア交流史。立正大学教授、東京大学名誉教授、史学会元理事長、史学会評議員。

人物・経歴[編集]

大阪市生まれ。1972年東京大学文学部国史学専修課程卒業後、1974年同大学大学院人文科学研究科国史学専攻修士課程修了。1993年「アジアの中の中世日本」で東京大学博士(文学)。 1974年東京大学史料編纂所入所、1975年同中世史料部助手、1985年助教授、1991年東京大学文学部助教授、1994年教授、1995年人文社会系研究科日本文化研究専攻教授。2013年定年退任、名誉教授、立正大学文学部教授。第36回角川源義賞受賞。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『アジアのなかの中世日本』(校倉書房, 1988年)
  • 『中世倭人伝』(岩波新書, 1993年)
  • 『東アジア往還――漢詩と外交』(朝日新聞社, 1995年)
  • 『海から見た戦国日本――列島史から世界史へ』(筑摩書房ちくま新書], 1997年)
  • 『国境を超えて――東アジア海域世界の中世』(校倉書房, 1997年)
  • 『中世日本の内と外』(筑摩書房[ちくまプリマーブックス], 1999年/増補版:ちくま学芸文庫, 2013年)
  • 北条時宗蒙古襲来――時代・世界・個人を読む』(日本放送出版協会[NHKブックス], 2001年)
  • 『日本の中世(10) 分裂する王権と社会』(中央公論新社, 2003年)
  • 『東アジアのなかの日本文化』(放送大学教育振興会, 2005年)
  • 『中世の国家と在地社会』(校倉書房, 2005年)
  • 『境界をまたぐ人びと』(山川出版社, 2006年)
  • 『日本中世境界史論』(岩波書店, 2013年) 
  • 『日本中世の異文化接触』東京大学出版会, 2013年 
  • 『中世史研究の旅路 戦後歴史学と私』校倉書房, 2014年
  • 『史料との対話』吉川弘文館、2014年 

共著[編集]

編著[編集]

  • 『環日本海と環シナ海――日本列島の16世紀』(朝日新聞社, 1995年)
  • 『日本の時代史(10)南北朝の動乱』(吉川弘文館, 2003年)
  • 『シリーズ港町の世界史(1)港町と海域世界』(青木書店, 2005年)
  • 『「人のつながり」の中世』(山川出版社, 2008年)
  • 『中世東国武家文書の研究――白河結城家文書の成立と伝来』(高志書院, 2008年)

共編著[編集]

  • 福田以久生)『肥前松浦党有浦文書』(清文堂出版, 1982年/改訂版, 2001年)
  • 瀬野精一郎)『鎌倉時代の政治関係文書』(吉川弘文館, 1986年)
  • (瀬野精一郎)『鎌倉時代の法制関係文書』(吉川弘文館, 1987年)
  • 荒野泰典石井正敏)『アジアのなかの日本史(1-6)』(東京大学出版会, 1992年-1993年)
  • 峰岸純夫)『中世東国の物流と都市』(山川出版社, 1995年)
  • 佐藤信吉田伸之)『境界の日本史』(山川出版社, 1997年)
  • 大隅和雄)『中世後期における東アジアの国際関係』(山川出版社, 1997年)
  • 藤原良章)『中世のみちと物流』(山川出版社, 1999年)
  • 斉藤利男小口雅史)『北の環日本海世界――書きかえられる津軽安藤氏』(山川出版社, 2002年)

外部リンク[編集]

参考[編集]