東洋文庫 (平凡社)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
平凡社東洋文庫から転送)
移動: 案内検索

東洋文庫(とうようぶんこ; The Eastern Library)、別称で平凡社東洋文庫(へいぼんしゃとうようぶんこ)は、平凡社が刊行する叢書シリーズ。1963年に創刊。2013年秋の創刊50周年を機にファンクラブ「東洋文庫読者倶楽部」を発足している。

概要[編集]

『東洋文庫』は、平凡社の柱石たる叢書で、日本中国朝鮮北アジア東南アジア南アジア中央アジア西アジアなどを含むアジア全域の各地域に関する古典作品を、主に現代日本語訳により研究紹介している、古代から現代にまで及び、扱う刊行分野の特色も文学歴史宗教思想芸術旅行記自然科学などの伝統的分野のみならず、紀元前の古代から20世紀までの(日本から地中海までの)外国人によるアジア地域研究や、ユーラシア・アジア紀行探検などもある。2010年に800冊目のタイトル(書目)に達している。

限定された需要ゆえ、長らく絶版となっていた書目が多数あったが、2003年よりワイド版が、オンデマンド形式(注文生産)により順次刊行されている。

また電子書籍という形態でeBookJapanからダウンロード販売されている。

特色[編集]

「東洋」という名に象徴されるように、東洋全域の古典的遺産を日本・中国・韓国はもちろん、インドや中近東、中央アジアまで広く紹介しようという意図で1963年に創刊された。

一般的な古典文学全集と異なり、伝記や自伝、旅行記、戦記や日記といった必ずしも文学史のなかにきちんと位置づけられていない古典作品をも収録するのも特徴である。国内の作品を挙げると、越後長岡藩士・河井継之助の日記『塵壺』、幕末の英国外交官であるハリー・パークスの伝記である『パークス伝』、近世の旅行家菅江真澄の『菅江真澄遊覧記』など。

参考文献[編集]

  • 『東洋文庫ガイドブック』 平凡社東洋文庫編集部 編、平凡社、2002年4月。ISBN 4-582-83713-1
  • 『東洋文庫ガイドブック 2』 平凡社東洋文庫編集部 編、平凡社、2006年5月。ISBN 4-582-83714-X

関連項目[編集]

外部リンク[編集]