柳成龍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
柳成龍
各種表記
ハングル 류성룡
漢字 柳成龍
発音: リュ・ソンニョン(南)
ユ・ソンニョン(南)
リュ・ソンリョン(北)
日本語読み: りゅう せいりゅう
: りう せいりゆう
2000年式
MR式
Ryu Seongryong
Ryu Sŏngryong
テンプレートを表示

柳成龍(りゅう せいりゅう、朝鮮語読み:リュ・ソンリョン、1542年 - 1607年6月7日大統暦万暦三十五年五月十三日))は、李氏朝鮮宣祖に仕えた宰相で、文禄・慶長の役に活躍した。は而見。は西厓、は文忠。派閥は東人(分裂後南人)。柳仲郢の二男。

概略[編集]

咸鏡道豊山(現在の北朝鮮両江道金亨権郡)の出身で退渓李滉儒教を学ぶ。科挙の司馬試を経て、別試文科で合格して官僚となった。承文院権知副正字から、正字、春秋館記事官と順に昇格。1568年、待教、1569年、典籍・工曹佐郎となり、書状官として明にも赴く。以後、官職を順々昇っていった。

1590年、右議政に昇進し、功臣三等・豊原府院君に叙された。この豊原府院君は彼の敬称としても使われる。翌年、左議政となるが、この頃、朝廷内で内紛が激化。

1592年豊臣秀吉朝鮮出兵が起こると、都体察使などの要職を歴任して国政を主導した。金誠一権慄などを抜擢し、特に同じ村の出身で幼時から面識のある李舜臣を優遇したのも柳であった。しかし宣祖と共に平壌に退く途中、初戦で失態を犯した金誠一を支持していたことや、いわゆる倭乱[1]の責任そのものを反対派に問われた結果、領議政に任命されたその日に、すべての官職から罷免された。しかし明の援軍が来ると接待役となり、翌年、平安道偵察使となって、の将軍李如松と共に平壌を奪還。三道都体察使となって戦功を重ねて復権。再び領議政となり、朝鮮全軍を指揮する立場となった。また訓錬都監を創設し、壊滅した軍の再建にも努めた。

1598年、朝鮮と日本が連合して明を攻撃するという誤情報を放置したと北人派に讒言されて、策略によって失脚。1600年宣祖によって復権されたが、老齢を理由に大臣職には付かず、1604年、功臣二等に叙されて、豊原府院君に封された。以後、事実上隠居して亡くなるまで執筆活動に専念した。

また、柳成龍は囲碁の名手であり、これにまつわる逸話が多く残されている。柳成龍は非常に廉潔であり清貧に甘んじていたが、この実情を聞いた多くの民衆が彼の家を尋ねて資財を与えたという。

史書[編集]

懲毖録』は政治指導を行った柳成龍が秀吉の朝鮮出兵について朝鮮側からの戦後反省を込めて記した史料的価値が高い記録であり、江戸時代には日本に伝来して出版されて日本側の朝鮮出兵史観に大きな影響を与えた。これを見た朝鮮通信使は国家機密が流出していると本国に報告し、朝鮮国内では流通が制限された。そのほかに、『西厓集』『慎終録』『永慕録』『観化録』等がある。

その他[編集]

子孫[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 朝鮮の論理では、明王朝が上位で、次が朝鮮、その下が日本(倭)であり、秩序を乱す反逆が起こった不義は、政治を司っていた者の責任であるとされた。しかし現実には安土桃山時代の日本の軍事力は突出しており、豊臣秀吉は(朝鮮ではなく)明を征服するという野心を持って攻撃をかけており、朝鮮の世界観を越えたところで事態は進行した。

関連項目[編集]