サタデーナイトスペシャル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サタデーナイトスペシャル (: Saturday Night Special) とは、アメリカカナダなどにおいて低品質だが安価な小型拳銃に対する俗称である。呼称の由来は、1960年代のアメリカで安価な拳銃による負傷者が続出した時期があり、それが土曜夜に集中していたことを医師たちが「土曜の夜は大混雑だ」と揶揄したことからだという。Junk Guns とも呼ばれる。

サタデーナイトスペシャルに関する正式な定義というものはないが、いくつかの銃規制法によれば銃身長が3インチ(約7.62cm)未満の自動拳銃、あるいは全長6インチ(約15.24cm)未満のリボルバーで、有名メーカーの製品でなく、安価で低品質のものと定義されている事が多い。価格はまちまちだが、安いものでは50ドル程度からあり、デリンジャーのように、おおむね100ドルを超えるバックアップ用の拳銃などは、小型であってもサタデーナイトスペシャルと呼ばれないことが多い。

概要[編集]

サタデーナイトスペシャルは、.22ロングライフル弾英語版.25ACP弾.32ACP弾.380ACP弾9x19mmパラベラム弾といった比較的小型の実包を使用する(他には、.357マグナム弾.38スペシャル弾.44マグナム弾.44 Special等)。これには銃を小型化できるというメリットがある。また衝撃が少ないため、耐久性に乏しいが安価でかつ大量生産に向く亜鉛合金ダイカストをフレームに使用することができる。鋼鉄の物は少ない。

上記の通り、安く作ることを優先した粗悪品であるため、命中率や威力といった基本的な性能は、高価な拳銃と比較した場合大幅に劣る。また材質や構造上の問題から耐久性に難があり、動作不良や暴発などのリスクの増大も否定出来ない。使用者の安全面や武器としての信頼性も含め、多くの欠点があるにも拘らず、サタデーナイトスペシャルは現在でも使い続けられている。これは安価で入手可能なことから、低所得者や護身に出費することを惜しむ人物(いわゆる「小金持ち」)などの需要が絶えないことが原因とされる。

なお、中小メーカーが製造しており僅かに知名度のあるものは、リボルバーでは

アイバージョンソン
チャーターアームズ
ハーリントン&リチャードソン(ニューイングランド・ファイアームズと合併)
ヘリテッジ・セントリー
ローム

オートマチックでは

コブラファイアーアームズ
デイビス
ヒメネスアームズ(旧名称:ブライコアームズ、ジェニングズアームズ)
フェニックスアームズ(旧名称:レイブンアームズ)
ローシン

社製の拳銃などであるが、いずれも日本では無名である。

法規制[編集]

サタデーナイトスペシャルを法律で規制すべきという意見があり、実際にいくつかの州では所持や購入に対する規制がある。

規制すべきとする意見は、これらの銃が小型であるため隠し持つことが容易であることや、安価な拳銃が簡単に入手可能であることが殺人や強盗など凶悪犯罪の温床となり、治安悪化の一因となっているというものである。しかし、そのような規制は治安の悪い地域に住むことの多い低所得層の人々が、凶悪犯罪から身を守る手段を奪うものだとして反対する意見も根強い。

レーガン大統領暗殺未遂事件で犯人のジョン・ヒンクリーがサタデーナイトスペシャルのロームMG-14を使用したことが悪名を轟かせた。この事件と日本人留学生射殺事件を基にブレイディ法が施行された。

一覧[編集]

関連項目[編集]