御庭番

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

御庭番(おにわばん)は、江戸時代の第8代将軍徳川吉宗が設けた幕府の役職。将軍から直接の命令を受けて秘密裡に諜報活動を行った隠密をさした。

諜報活動といっても、実際には時々命令を受け、江戸市中の情報を将軍に報告したり、身分を隠して地方に赴き情勢を視察したりしていた程度だといわれている。その実態としては大目付目付を補う将軍直属の監察官に相当する職だと考えられる。しかし一般には、いわゆる間者忍者の類だったとする御庭番像が広まっており、時代劇時代小説等でそのような描写が数多くなされている。

職務[編集]

御庭番は、江戸幕府の職制では大奥に属する男性の職員・広敷役人のひとつで、若年寄の支配だった。彼らは江戸城本丸に位置する庭に設けられた御庭番所に詰め、奥向きの警備を表向きの職務としていた。時に将軍の側近である御側御用取次から命令を受け、情報収集活動を行って将軍直通の貴重な情報源となった[1]。また、日常的に大名・幕臣や江戸市中を観察し、異常があれば報告するよう定められていたといわれる。

御庭番は、庭の番の名目で御殿に近づくことができたので、報告にあたっては御目見以下の御家人身分であっても将軍に直接目通りすることもあり、身分は低くても将軍自身の意思を受けて行動する特殊な立場にあった。

御庭番はその特殊な任務のために、功績を挙げて出世する機会に恵まれ、中には幕末に初代新潟奉行長崎奉行を歴任した川村修就勘定奉行外国奉行を歴任し、日米修好通商条約批准のため使節副使としてアメリカに渡った村垣範正のような人物もいる。

起源[編集]

御庭番の前身は、吉宗が将軍就任前に藩主を務めていた紀州藩お抱えの薬込役と呼ばれる役人たちで、紀州藩でも奥向きの警備を表向きの職務とし、藩主の命を受けて情報収集を行っていたといわれる。吉宗が将軍に就任したとき、薬込役のうち十数人の者たちが吉宗に随行して江戸に移り、幕臣に編入されて御庭番となった。紀州藩の薬込役は全体で数十人おり、その中から幕臣に編入されたのは十数人だけだったが、これは輪番で江戸に随行した者を任命しただけで、特に選抜して連れてきたというわけではない。

吉宗が御庭番を新設した理由としては、家康以来幕府に仕えてきた伊賀者甲賀者が忍者としての機能を失い、間諜として使い物にならなくなったことや、傍流の紀州家から将軍家を継いだ吉宗が、代々自分の家に仕えてきて信頼のおける者を間諜に用いようとしたことが理由として挙げられる。また、幕府の公式の監察官だった大目付が後代には伝令を主たる職務とする儀礼官になったこともあり、将軍直属の監察能力が形骸化したため、これを補って将軍権力を強化する意味あいもあった。

  • 「御庭番」の家筋の祖となった17名の採用経緯と役職名の変遷[2]
    • 享保元年10月に吉宗の長男小次郎(後の徳川家重)に供奉して江戸城に入った者(「広敷伊賀者」に任命、元紀州藩「薬込役」)
      • 川村弥五左衛門
      • 宮地六右衛門
      • 薮田定八
    • 享保元年11月に江戸に出府した者(12月に「広敷伊賀者」に任命、元紀州藩「薬込役」)
      • 明楽樫右衛門
      • 西村庄左衛門
    • 享保3年5月に吉宗の母(浄円院)とともに和歌山城から江戸城に入った者(「広敷伊賀者」に任命、元紀州藩「薬込役」)
      • 馬場瀧右衛門
      • 中村万五郎
      • 野尻七郎兵衛
      • 村垣吉平
      • 古坂興吉
      • 高橋輿右衛門
      • 倉地文左衛門
      • 梶野太左衛門
      • 和多田孫市
      • 林惣七郎
      • 吉川安之右衛門
  • 以上、江戸幕府の「広敷伊賀者」となった16名は享保11年2月に7名が「御休息御庭締戸番(おきゅうそくおにわしめどばん)」、残りの9名は「伊賀御庭番」となり、従来の「広敷伊賀者」と区別された。
    • 享保14年8月に紀州藩出身で江戸幕府でも「口之者」を勤めていた者1名(「御庭番」に任命、元紀州藩「口之者」)
      • 川村新六
  • 以上の合計17名が「御庭番」の祖となった。

身分と家柄[編集]

御庭番は、吉宗のとき紀州藩で薬込役と呼ばれていた隠密任務に就いていたものを幕府に編入され、最終的に17名が初代の御庭番に任命された。以後の御庭番はこの子孫17家の世襲からなり、更に分家9家が生まれて合計26家となり、歴史の中で4家が解任され、幕末には22家が残った。彼らは、世襲によってまかなわれる御庭番の家筋としての団結を保ち、御庭番の職務を協同して行っていた。[2]

御庭番の家筋の諸家は、当初はすべてが下級の御家人だったが、幕末までに大半の家が下級の旗本にまで上昇した。御庭番出身の者が出世すれば当然に、軽輩の職務である御庭番からは離れることになるが、その子が新たに幕府に出仕するときは御庭番となるのが定めで、旗本に出世した御庭番の子は旗本格の御庭番になった。

また彼らは、当時の武鑑に御庭番として収録されており、間諜でありながら氏名、住居はもとより収入や経歴に至るまで公開されていた。

遠国御用[編集]

御庭番が幕臣としての身分を隠し、遠国に実情を調査に出かける旅行のことを「遠国御用」という。既に触れたように彼らは、一般に言われるような華々しい間諜行動はとらなかったようだが、それでもしばしば命ぜられる遠国御用は重要な任務だった。

御庭番に関しては、台命を受けるやいなや直ちに幕府御用達呉服店に赴き、秘密の部屋で変装して家族にも告げずに直ちに出立するといった記述をよく見かけるが、御庭番自身の談話や、彼らの書き残した記録、幕府に残る公的記録からは、これが伝説に過ぎないことが見て取れる。

実際には、情報収集の命令を受けた御庭番は、出発前に一度自宅に戻って綿密に準備していた。彼らは、幕臣として出世し御庭番の職務を離れた長老までも含めた、御庭番家筋の間で相互に親密に連絡を取り合っており、台命を受けた御庭番は家筋の長老をはじめとする先輩御庭番たちに、調査内容について相談していた。それでも表向きには御庭番たちは「他人はもとより親兄弟と雖も職務上の秘密を漏らさない」旨の誓紙を就任時に提出していた。また、江戸で事前の調査を行い、予備知識を蓄えてから出発した。調査報告にあたっても報告は書面で認め、先輩御庭番たちの校閲を経てから報告が行われた。

隠密調査中は、公式には病欠扱いとされていたようである。報告書上の旅程は、下命後直ちに出発し、帰着後直ちに復命した、という形式をとったが、実際には事前の準備と事後の報告書作成のために、前後数日間の在宅期間が存在していた。これは、脇目もふらず職務に邁進したという建前をとる必要があったことと、日割で出張手当が支給されたことによると思われる。

遠国御用のたびに立ち寄ることになる京都大坂には、毎回御用を命ぜられた御庭番が立ち寄る御用達町人が、御庭番の隠密調査を支援するための一種の現地スタッフとして配置されており、御庭番は初めての御用でも、彼らの助けを得て無事に任務を果たすことができた。

創作作品における御庭番[編集]

一般には、いわゆる間者忍者の類だったとする御庭番像が広まっており、時代劇時代小説等でそのような描写が数多くなされている[3]

脚注[編集]

  1. ^ 深井雅海「江戸幕府御側御用取次の基礎的研究」1983年5月(『国史学 第120号』)
  2. ^ a b 深井雅海講演 徳川将軍の情報収集活動」1991年6月(『情報管理 Vol.34 No.3』)
  3. ^ ただし忍者についても、時代劇・時代小説・漫画などで大幅な脚色が見られる。現実の忍者の諜報活動も御庭番と同程度のものだったとも考えられ、むしろ忍者同様に大幅な脚色がなされていると言える。

参考文献[編集]

  • 旧事諮問会編『旧事諮問録』(岩波文庫、1986年) - 明治維新後に元御庭番の川村帰元(川村修就の嫡子で、洋画家川村清雄の父)がその職務について語った記録を載せる。
  • 小松重男『旗本の経済学』(新潮選書、1991年) - 御庭番家筋の川村修富(川村修就の父)の覚書をまとめたもの。
  • 深井雅海『江戸城御庭番 徳川将軍の耳と目』(中公新書、1992年)