信号拳銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モリンスNo.1信号拳銃。口径1インチ。1940年、ベリッジ社製造

信号拳銃とは信号弾照明弾発煙弾彩光弾など)を発射する銃である。これらは通常、他の信号手段と同様に、海上または地上の人々から航空機への救難信号として用いられる。信号弾は空中へ放たれ、近くの救助員は要救助者を発見し、救助できる。信号拳銃は軍用にも用いられる。大日本帝国陸軍では航空機から地上部隊へ信号を送る際に信号拳銃が利用された。

型式[編集]

信号拳銃の発射の様子

もっとも典型的な信号拳銃の形式は、単発・後装型でスナブノーズ(短銃身)の拳銃から信号弾を射出するものである。このモデルは米海軍士官のエドワード・ウィルソン・ベリー(1847年-1910年)が開発し、広めたことからベリーピストル(VeryまたはVerey)と呼ばれる。

これらはシングルアクションで作動し、撃鉄によってセンターファイア式の発火動作を行う。現代の製品は、しばしば、明るく彩色され、耐久力のあるプラスチックから製造される。第一次世界大戦や第二次世界大戦で使用された旧式な信号拳銃は通常2.54cm(1インチ)の口径を持っている。より新しいモデルではもっと小さな12ゲージの信号弾を使用する。

信号拳銃は要救助者が救難信号を送る必要があるときにも用いられる。そのとき、信号弾は直上に発射されなければならない。信号はなるべく長い秒時視認できるようにされ、要救助者の位置を明らかにする。

イギリスのような銃器の個人所有が厳しく制限されている国において、ボートの救難用機材として信号拳銃を使用することは、一例であげるならばアメリカ合衆国よりも一般的ではない。そういった場合、救難信号は使い捨ての単発式チューブから放たれる。これらの装置はチューブの一端をねじるか、打撃することで点火する。その内容物は信号拳銃から射出される信号とよく似ているが、信号弾よりももっと大きく、より長く明るく燃焼する。

効果[編集]

日本陸軍の使用した十年式信号拳銃では発煙弾、発光弾を用いた。発煙弾は昼間の信号に利用した。これらは打ち上げられると吊傘に下げられた発煙筒が約15秒間発煙し、視認できる距離は約4,000mだった。発光弾は約15秒間発光し、昼間は2,500m離れた距離から、夜間は12,000m離れた距離から視認できた。これらの弾薬が最もよく視認できたのは、晴天で大陽に向かい合わないときであり、効果は天候によって大きく左右される[1]

兵器としての使用[編集]

ドイツ軍の信号拳銃。中折れ式の薬室を開き、信号弾を装填している。

第二次世界大戦では、ドイツ軍はいくつかの信号拳銃のモデルから撃ち出せるグレネードを製作した。信号拳銃を改造したカンプピストーレは口径26.6mmの榴弾を発射した。発展型のシュトゥルムピストーレでは、モンロー効果を利用した対戦車榴弾を射出した。反動が強力であったため、射出には肩当てを用いた。

兵器としての使用を意図しなくとも、信号拳銃はいくつかのケースで武器として使われた。第二次大戦中の1942年、イギリスのウェールズに所在するペンブリー飛行場に、航法を誤ったドイツ人パイロットが不時着した。任務についていたパイロット、ジェフリーズ軍曹は、普通使われるような武器を携行していなかった。そこで彼は信号拳銃をつかみ、ドイツ人パイロットのアルニム・ファーベル中尉を捕らえるため、それを使った[2]

アメリカ陸軍航空隊のパイロットであったアレックス・キムボールは、彼の自叙伝『Think Like a Bird』で以下のエピソードを著述している。彼は、ラドファン占領作戦におけるアデン強行着陸で、武装した攻撃者に信号拳銃を発射した。信号弾はその男の服に引火し、死に至らしめた。

事故[編集]

1971年12月4日、スイスで開かれたモントルージャズフェスティバルにて、フランク・ザッパと彼の率いるバンドマザーズ・オブ・インヴェンションが演奏している最中、招待された観客が照明弾を発射した。照明弾は、ジュネーブ湖に面するモントルーカジノの、総合娯楽施設の天井に引火した。「火事だ!」と、ザッパは叫んだが、しかし観衆はそれが全てショーの一部であると思いこんでいた。結果、発生した炎が全部のカジノを焼き払った。当時、ディープ・パープルはこのイベントを目撃しており、彼らの書いた歌「スモーク・オン・ザ・ウォーター」ではその事件を歌い、1972年のLPレコード『マシン・ヘッド』でリリースされた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 佐山二郎『小銃 拳銃 機関銃入門』224~225頁。
  2. ^ Pembrey Airport: History

参考文献[編集]

  • 佐山二郎『小銃 拳銃 機関銃入門』光人社NF文庫、2008年。

外部リンク[編集]