李在雨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
李 在雨(イ・ジェウ)
Lee Jae-Woo
斗山ベアーズ #1
基本情報
国籍 韓国の旗 韓国
出身地 ソウル特別市
生年月日 1980年2月9日(34歳)
身長
体重
183 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1997年 2次ドラフト
初出場 2001年
年俸 1億2500万ウォン(2014年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 韓国の旗 大韓民国
WBC 2009年


李 在雨(イ・ジェウ、1980年2月9日 - )は、韓国出身のプロ野球選手斗山ベアーズ所属の投手

経歴[編集]

1998年2次ドラフトでOBベアーズから指名され、足首の怪我の後遺症で入団を拒否し耽羅大学校に進学した形をとったが、実際は試合記録係として斗山に入団していた。その後打撃投手を経て2001年斗山ベアーズ(1999年OBベアーズから改称)と正式な選手契約を結んだ。2003年リリーフとして25試合に登板し1軍に定着した。2004年9月韓国プロ野球界に衝撃を与えた兵役不正免除問題の容疑者となったが、不起訴処分となった。翌2005年はチーム最多の76試合に登板し、28ホールドで最多ホールドとなった。2006年から2007年まで軍に入隊し、除隊後の2008年は中継ぎとしてチーム最多の11勝、17ホールドを記録した。

2009年ワールド・ベースボール・クラシックで韓国代表に選ばれたが、1次ラウンドの日本戦(3月7日)では大量リードを奪われたあとの敗戦処理の4番手として登板し、城島健司に2ランを打たれるなど、目立った場面での起用はなかった。また2009年から成績が下降し、2010年は故障もあり2試合のみの登板にとどまった。2011年は1軍登板がなく、2012年2年ぶりに1軍登板を果たした。2013年は3年ぶりの勝利をふくむ5勝と復活した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]






































W
H
I
P
2001

3 0 0 0 0 6.2 8 2 4 0 2 8 8 10.80 2.70 1.80
2002 3 0 1 0 0 8.0 10 2 1 0 6 4 4 4.50 6.75 1.38
2003 25 3 0 0 1 46.0 47 6 20 2 29 25 22 4.30 5.67 1.50
2004 33 6 3 0 0 89.1 85 8 32 4 56 44 44 4.43 5.64 1.35
2005 76 7 5 1 28 99.2 82 6 26 4 79 22 19 1.72 7.13 1.12
2006 兵 役
2007
2008

65 11 3 2 17 87.1 54 2 28 4 68 20 15 1.55 2.06 1.40
2009 53 5 2 0 12 96.1 82 13 49 3 98 46 41 3.83 9.16 1.38
2010 2 1 0 0 0 6.2 2 0 0 0 4 1 1 1.35 5.40 0.30
2011 一軍出場なし
2012 3 0 0 0 0 2.2 1 0 1 0 2 0 0 0.00 6.75 0.75
2013 30 5 2 0 0 66.2 59 5 48 4 44 36 35 4.73 5.94 1.60
通 算 294 38 16 3 58 510.1 430 45 209 21 390 207 190 3.35 6.88 1.25
  •  太字はリーグ最高

関連項目[編集]

外部リンク[編集]