朴基赫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
朴 基赫(パク・キヒョク)
Park, Ki-Hyuk
ロッテ・ジャイアンツ #16
基本情報
国籍 韓国の旗 韓国
出身地 大邱直轄市
生年月日 1981年6月4日(32歳)
身長
体重
179 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 2000年 2次ドラフト2位
初出場 2000年
年俸 7000万ウォン(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 韓国の旗 大韓民国
WBC 2009年

朴 基赫(パク・キヒョク、1981年6月4日 - )は、韓国出身のプロ野球選手ロッテ・ジャイアンツ所属の内野手

経歴[編集]

2000年大邱商業高校卒業後ロッテに入団。2003年は守備固めを中心に95試合に出場。翌2004年は高い守備力で131試合に出場しショートのレギュラーに定着した。2006年ドーハで開催されたアジア競技大会に出場して銅メダルを獲得した。


2008年所属チームのロッテの好調の波に乗り、結果を出せていない打撃面も打率.291を記録したこともあって、自身初のゴールデングラブ賞を受賞した。(ロッテも遊撃手が受賞したのは初めて。)

今まで、打撃の低迷で国際大会に遠ざかっていたが、2009年ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)韓国代表に選ばれ、これまで代表のショートのレギュラーとして活躍してきた朴鎮萬が肩の故障で代表入りできなかったこともあり、選出された。大会前は「彼の守備技術は高いとはいえ、まだ朴鎮萬ほどではない。」などといった否定的な予想も少なからずあったが難なくこなし、穴とも言えたショートを完全に埋めた。同大会では全試合に出場。主に9番などの下位打線でショートのスタメンとして出場することが多く、守備面で韓国代表の準優勝に貢献した。

だが2009年以降故障もあり成績が悪化し、2010年広州アジア大会の韓国代表に選ばれなかったこともあり、2010年11月軍へ入隊した。2012年11月除隊され、2013年シーズンよりロッテに復帰したが、入隊前より出場機会が減少した。

あまり打撃では目立った成績をあげられず、盗塁も特別に多くはなく、彼といえば守備というイメージが強い。また童顔に甘いマスクの持ち主で、女性ファンに大変な人気がある。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]









































O
P
S
2000 ロッテ 5 3 1 0 0 0 1 1 0 0 0 2 0 0 0 .333 .333 .333 .666
2001 47 56 8 3 0 1 7 10 2 1 3 11 1 2 3 .143 .250 .183 .433
2002 66 136 33 6 0 0 8 15 6 2 9 38 6 1 10 .243 .287 .290 .576
2003 95 281 69 10 2 4 32 34 7 4 22 42 9 18 16 .246 .338 .298 .636
2004 131 340 69 7 2 6 35 35 11 4 33 75 8 13 13 .203 .288 .273 .561
2005 114 335 93 13 3 3 27 44 8 3 37 61 5 10 19 .278 .361 .349 .710
2006 117 310 78 14 0 0 25 26 8 8 36 53 7 25 5 .252 .297 .330 .626
2007 108 266 59 8 1 1 24 26 5 37 44 5 4 17 11 .222 .271 .313 .583
2008 113 351 102 13 1 1 36 47 16 7 42 47 6 11 18 .291 .342 .364 .706
2009 109 299 65 10 1 0 21 32 7 6 29 61 13 18 16 .217 .258 .283 .541
2010 48 153 33 3 0 0 13 10 2 0 7 18 5 6 10 .216 .235 .248 .484
2011 兵 役
2012
2013 ロッテ 31 60 12 2 0 0 9 4 1 3 9 11 3 1 3 .200 .233 .304 .537
通算:12年 984 2590 622 89 10 16 238 284 73 42 264 463 68 112 124 .240 .301 .310 .614

関連項目[編集]

外部リンク[編集]