ジョシュ・ジョンソン (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョシュ・ジョンソン
Josh Johnson
サンディエゴ・パドレス #55
Josh Johnson on April 16, 2013.jpg
ブルージェイズ時代(2013年4月16日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミネソタ州ミネアポリス
生年月日 1984年1月31日(30歳)
身長
体重
6' 7" =約200.7 cm
249 lb =約112.9 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2002年 ドラフト4巡目
初出場 2005年9月10日
年俸 $8,000,000(2014年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジョシュア・マイケル・ジョンソンJoshua Michael Johnson, 1984年1月31日 - )は、アメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリス出身のプロ野球選手投手)。右投左打。MLBサンディエゴ・パドレス所属。

略歴[編集]

打者として活躍し、ケン・グリフィー・ジュニアに憧れ左打ちへ矯正[2]。高校2年の夏にダブルヘッダーで投げる投手がいなくなったため登板。これが投手としてのスタートとなった[2]2002年ドラフト4巡目でフロリダ・マーリンズから指名され入団。2005年にAA級で12勝4敗の成績を残し、AAA級を経ないで9月10日フィリーズ戦でメジャーデビュー。シーズン最後の登板となった9月30日ブレーブス戦で初先発を経験した。 2006年は開幕時は中継ぎ投手だったが、5月4日以降先発投手に定着。5月、6月の2か月連続で防御率1点台を記録し[3]月間最優秀新人に選出された[4]。7月終了時点で防御率は2.52でリーグ1位。新人選手が7月終了時点で防御率がリーグ1位というのはリーグ史上3人目の快挙となった[5]。8月28日のブルワーズ戦終了時点で防御率2.87でリーグ1位だったが、その後、後退[5]。9月12日のメッツ戦で2回途中から雨で試合が1時間22分中断し、再開後も冷えた腕で投げたため前腕部の筋肉を痛め故障者リスト入り。これがシーズン最後の登板となった[6]。31試合に登板し、12勝7敗・防御率3.10の成績を残し、史上初の新人投手の10勝カルテットの一員となった[5]

2007年8月2日トミー・ジョン手術を受け、この年は4試合の登板で0勝3敗・防御率7.47の成績に終わった。回復までに12 - 18か月かかるとみられていたが[7]、驚異的な回復をみせ、2008年6月にマイナーで復帰[8]。7月10日にメジャー復帰を果たし、シーズン終了までに14試合の登板で7勝1敗・防御率3.61を記録。

2009年は初めてフルシーズンを先発として乗り切り、オールスターにも初選出された。15勝を挙げてエース格に成長した。

2010年1月14日に4年3900万ドルで契約延長。シーズンでは2年連続でオールスターに選出され、初の主要タイトルとなる最優秀防御率に輝いたが、最後の1ヶ月は故障者リストに入った。サイ・ヤング賞の投票では5位だった。

2011年も故障続きで僅か9試合の登板に終わる。この頃から、盛んにトレードの噂が流れるようになる。

2012年は投球内容こそ今ひとつだったが、31試合に先発して故障からの復活を果たした。オフの11月13日マーク・バーリーホセ・レイエスユネル・エスコバーら総勢11人が動く大型トレードでトロント・ブルージェイズに移籍した[9]

2013年10月31日にFAとなった。11月19日サンディエゴ・パドレスと1年800万ドルで契約に合意した[10]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2005 FLA
MIA
4 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 55 12.1 11 0 10 0 1 10 0 0 5 5 3.65 1.70
2006 31 24 0 0 0 12 7 0 0 .632 659 157.0 136 14 68 6 4 133 3 1 63 54 3.10 1.30
2007 4 4 0 0 0 0 3 0 0 .000 82 15.2 26 1 12 3 0 14 1 0 17 13 7.47 2.43
2008 14 14 1 0 0 7 1 0 0 .875 365 87.1 91 7 27 1 1 77 4 0 36 35 3.61 1.35
2009 33 33 2 0 0 15 5 0 0 .750 855 209.0 184 14 58 6 6 191 10 0 77 75 3.23 1.16
2010 28 28 1 0 0 11 6 0 0 .647 744 183.2 155 7 48 2 5 186 4 0 51 47 2.30 1.11
2011 9 9 0 0 0 3 1 0 0 .750 234 60.1 39 2 20 2 1 56 2 1 13 11 1.64 0.98
2012 31 31 0 0 0 8 14 0 0 .364 798 191.1 180 14 65 7 4 165 5 0 84 81 3.81 1.28
2013 TOR 16 16 0 0 0 2 8 0 0 .200 384 81.1 105 15 30 3 3 83 4 0 64 56 6.20 1.66
通算:9年 170 160 4 0 0 58 45 0 0 .563 4176 998.0 927 74 338 30 25 915 33 2 410 377 3.40 1.27
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • FLA(フロリダ・マーリンズ)は、2012年にMIA(マイアミ・マーリンズ)に球団名を変更

獲得タイトル・表彰[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Josh Johnson Contracts, Salaries, Cap Hits, & Transactions” (英語). Spotrac.com. 2013年12月15日閲覧。
  2. ^ a b 宮内敬司 「好対照な先発コンビ ジョンソン&オルセン [マーリンズ]」『月刊メジャー・リーグ』2006年9月号、ベースボールマガジン社、2006年、雑誌 08625-9、14項。
  3. ^ Josh Johnson 2006 Pitching Splits - Baseball-Reference PI” (英語). 2008年6月8日閲覧。
  4. ^ The Official Site of Major League Baseball: News: Players of the Month” (英語). 2008年6月8日閲覧。
  5. ^ a b c Josh Johnson 2006 Career Highlights” (英語). 2008年6月8日閲覧。
  6. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2007』 廣済堂出版、2007年、290項。ISBN 978-4-331-51213-5
  7. ^ Johnson needs season-ending surgery” (英語). 2008年6月8日閲覧。
  8. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2009』 廣済堂出版、2009年、286項。ISBN 978-4-331-51370-5
  9. ^ Blue Jays To Acquire Johnson, Reyes, Buehrle From Marlins MLB Rumors
  10. ^ Josh Johnson agrees with Padres ESPN MLB

外部リンク[編集]