デニス・レイ・ボイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デニス・レイ・ボイド
Dennis Ray Boyd
OilCan.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミシシッピ州メリディアン
生年月日 1959年10月6日(54歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
155 lb =約70.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1980年 ドラフト16巡目でボストン・レッドソックスから指名
初出場 1982年9月13日 クリーブランド・インディアンス
最終出場 1991年10月1日 シアトル・マリナーズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

デニス・レイ・ボイドオイル・カン・ボイド)(Dennis Ray "Oil Can" Boyd , 1959年10月6日 - )は、MLBで活躍したアメリカ合衆国ミシシッピ州メリディアン出身の元野球選手(投手)。右投右打。

人物・来歴[編集]

激しい気性だったことと、無類の酒好きで、登板前の緊張を解くため缶ビールのシックスパック(6本セット)を空けてから試合に臨んでいた[1]ことから、「Oil Can」(オイル缶)のニックネームがつき、むしろそちらが通称となるほど。 ジャクソン州立大を経て、1980年ドラフト会議ボストン・レッドソックスから16巡目に指名され、入団。 1982年9月13日にメジャー初登板。 1983年以降は先発ローテーションに定着。この年は8勝15敗に終わるが、1984年に12勝12敗、1985年に15勝13敗、1986年に自己最多の16勝10敗をあげ、チームの主力投手として活躍する。 1986年にはチームのワールドシリーズ進出に貢献したが、出場停止処分も受けている。

以後3年間は故障もあり、期待外れの成績に終わり、1990年モントリオール・エクスポズ(現在のワシントン・ナショナルズ)に移籍。 10勝を挙げ、防御率2.93は自己最高であった。同年秋の日米野球で来日し、第1戦の先発投手として登板した。 翌1991年はエクスポズで6勝8敗防御率3.52で、先発投手の陣容が厳しいテキサス・レンジャーズに移籍するが、12先発で2勝7敗防御率6.68の散々な成績に終わる。 62イニングで81安打を打たれ、後半はブルペン(リリーフ)に降格となった。

この年限りでレンジャーズを解雇となり、以後、マイナーやプエルトリコのリーグ、メキシカンリーグで投げたがメジャー復帰はかなわなかった。

現在はロードアイランド州イーストプロビデンスに妻子と共に住んでおり、現在でも「現役」の投手である。

受賞歴・記録[編集]

通算成績[編集]

78770セーブ 登板214試合先発207) 完投43 完封10 投球回1,389回2/3 被安打1,427 失点680 自責点624 被本塁打166 与死球15 与四球368 奪三振799 防御率4.04

脚注[編集]

  1. ^ 芝山幹郎「大リーグ二階席」 2005 晶文社より。なお、現在ではドーピング禁止薬物アルコールが含まれるため、このような行為はまず見られない。

外部リンク[編集]