ジョー・ピニャタノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョー・ピニャタノ
Joe Pignatano
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨークブルックリン区
生年月日 1929年8月4日(85歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1948年
初出場 1957年4月28日
最終出場 1962年9月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

ジョー・ピニャタノ[1](Joe Pignatano 、本名:Joseph Benjamin Pignatano 、1929年8月4日 - )は、主に1950年代に活躍したアメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン生まれの元プロ野球選手捕手)。右投右打。6年の現役生活の後、ニューヨーク・メッツのブルペンコーチを長く務めた。

来歴・人物[編集]

1948年、高校在学中にブルックリン・ドジャーズと契約、メジャーリーグにデビューしたのは9年後の1957年、27歳になってからであった。ドジャーズでは控え捕手でシーズン50試合前後の出場だったが、1961年にカンザスシティ・アスレチックスに移籍し83試合に出場している。1959年のワールドシリーズでは守備固めで1イニングだけ出場、打席には立っていない。

ピニャタノは1962年9月30日の対シカゴ・カブス戦で、『現役最後の打席をトリプルプレーで終えた選手』としても知られている。

1962年で現役選手を引退し、1965年以降ブルペンコーチなどを長く務めた。特にニューヨーク・メッツには1968年から14シーズン在籍し、1969年の「ミラクル・メッツ」の立役者の一人にもなったが、この頃からピニャタノはシェイ・スタジアムのブルペンの中に小さな菜園を作って、トマトを栽培し始めていたという。この菜園は後にグラウンドキーパーらの手でさらに規模が大きくされ、1990年代にはヒマワリやトウモロコシまで植えられた。[2]

また1974年に日米野球で来日し、その際行われた王貞治ハンク・アーロンのホームラン競争において、アーロンの投手役を務めたのがピニャタノである。

詳細情報[編集]

打撃成績[編集]

試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 得点 打点 盗塁 三振 四球 死球 犠打 打率 出塁率 長打率
307 689 161 25 4 16 81 62 8 116 94 8 16 .234 .332 .351

獲得タイトル・記録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本語表記はイタリア語の日本語表記を参考とした。
  2. ^ 後年ブレーブスやタイガース、レッドソックスなどがブルペンの中に菜園を作っていたことがあった。

出典・外部リンク[編集]