アンディ・マクフェイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンディ・マクフェイルAndy MacPhail, 1953年4月5日 - )は、MLBボルチモア・オリオールズの球団社長兼ゼネラルマネージャー(GM)。

2011年

祖父はブルックリン・ドジャースなどで最高経営責任者を務めたラリー・マクフェイル、父はアメリカンリーグ第5代会長のリー・マクフェイルであり、両者はいずれもアメリカ野球殿堂入りを果たしている。

経歴[編集]

父がボルチモア・オリオールズゼネラルマネージャー(GM)だった1958年から1966年ボルチモアで暮らした経験がある[1]

シカゴ・カブス傘下の1Aチームで経営者としてのキャリアをスタート。1985年から1994年まではミネソタ・ツインズの球団副社長兼GMを務め、1987年1991年にはチームをワールドシリーズ制覇に導いた。ツインズを退いてから2006年までシカゴ・カブスの最高経営責任者を務め、2000年から2年間はカブスのGMも兼務した[1]

2007年6月ピーター・アンジェロスオーナーの要請により、ボルチモア・オリオールズの球団社長兼GMに就任。低迷が続くチームの再建に乗り出した[1]

2008年オフ、読売ジャイアンツからFA宣言した上原浩治の獲得に乗り出し、翌年1月に2年1000万ドルで契約した。上原はオリオールズが契約した初の日本人選手となった[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Geremy Bass(2007-06-20),MacPhail joins Orioles front office,orioles.com(英語),2010年9月22日閲覧
  2. ^ (2009-01-15),上原「興奮」オリオールズ入団会見,Sponichi Annex,2010年9月22日閲覧