ルー・マーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルー・マーソン
Lou Marson
フリーエージェント
Lou Marson 6-30-12.jpg
インディアンズ時代(2012年6月30日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アリゾナ州スコッツデール
生年月日 1986年6月26日(27歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2004年 MLBドラフト4巡目
初出場 2008年9月28日
年俸 $1,000,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
五輪 2008年
オリンピック
男子 野球
2008 野球

ルー・グレン・マーソンLouis Glenn Marson, 1986年6月26日 - )アメリカ合衆国アリゾナ州スコッツデール出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。

来歴・人物[編集]

コロナド高校ではアメリカンフットボールクォーターバックとしても活躍していたが、最終学年時に鎖骨を骨折し、野球に専念するようになる[2]

2004年ドラフト4巡目(全体122位)でフィラデルフィア・フィリーズに入団[3]

2008年は2Aで打率.314を記録。8月には北京オリンピック野球アメリカ合衆国代表として出場し、銅メダルを獲得した[4]9月28日のシーズン最終戦 (ワシントン・ナショナルズ戦) でメジャーデビューし、マルコ・エストラーダからメジャー初本塁打を放った[5]。 オフには、「ベースボール・アメリカ」誌の有望株ランキングにおいて、ドモニク・ブラウンカルロス・カラスコに次いでチーム3位、マイナー全体では66位の評価を受けた[6]

フィリーズ時代のマーソン (2009年)

2009年7月29日に、クリフ・リーベン・フランシスコとのトレードで、カルロス・カラスコ、ジェイソン・ドナルドジェイソン・ナップと共にクリーブランド・インディアンスへ移籍した[7]

2010年以降はカルロス・サンタナに次ぐ2番手捕手として起用されている。

2013年12月2日にFAとなった。12月18日に古巣・フィリーズとマイナー契約を結んだ[8]

2014年3月14日に放出された[9]

プレースタイル[編集]

2011年終了時点での通算盗塁阻止率は40%に達しており[10]、守備には定評がある。一方で、打力には乏しく、正捕手獲得には至っていない。

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2008 PHI 1 4 4 2 2 0 0 1 5 2 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .500 .500 1.250 1.750
2009 7 20 17 3 4 1 0 0 5 0 0 0 0 0 3 0 0 7 1 .235 .350 .294 .644
CLE 14 52 44 6 11 6 0 0 17 4 0 0 0 1 7 0 0 14 2 .250 .346 .386 .733
'09計 21 72 61 9 15 7 0 0 22 4 0 0 0 1 10 0 0 21 3 .246 .347 .361 .708
2010 87 294 262 29 51 15 0 3 75 22 8 1 2 1 26 0 3 55 7 .195 .274 .286 .560
2011 79 272 243 26 56 9 2 1 72 19 4 2 2 2 24 0 1 68 7 .230 .300 .296 .596
2012 70 235 195 27 44 8 2 0 56 13 4 2 2 1 36 0 1 44 10 .226 .348 .287 .635
2013 3 5 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 .000 .400 .000 .400
通算:6年 261 882 768 93 168 39 4 5 230 60 16 5 6 5 98 0 5 190 27 .219 .309 .299 .609
  • 2013年度シーズン終了時

脚注[編集]

  1. ^ Lou Marson Contract, Salaries, and Transactions” (英語). Spotrac.com. 2013年10月27日閲覧。
  2. ^ Golebiewsk, David(2010-01-03). Lou Marson’s Window of Opportunity. Fangraphs Fantasy Baseball(英語). 2011年10月20日閲覧
  3. ^ Louis Marson Baseball Stats. The Baseball Cube(英語). 2011年10月20日閲覧
  4. ^ Zolecki, Todd (2008年7月16日). “Marson, Donald Headed to the Olympics”. Philadelphia Inquirer. 2009年4月11日閲覧。
  5. ^ Philadelphia Phillies 8, Washington Nationals 3”. Retrosheet, Inc. 2009年4月11日閲覧。
  6. ^ Top 100 Prospects: No. 61-80. Baseball America.com(英語). 2011年10月20日閲覧
  7. ^ Castrovince, Anthony(2009-07-29). Lee, Francisco traded to Phillies. indians.com(英語). 2011年10月3日閲覧
  8. ^ Phillies invite four additional players to Spring Training MLB.com
  9. ^ Aaron Gleeman (2014年3月14日). “Phillies release Lou Marson”. NBC Sports. 2014年3月15日閲覧。
  10. ^ Lou Marson Statistics and History. Baseball-Reference.com(英語). 2011年10月20日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]