アンディ・パフコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンディ・パフコ
Andy Pafko
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ウィスコンシン州ボーイズビル
生年月日 1921年2月25日
没年月日 2013年10月8日(満92歳没)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1941年
初出場 1943年9月24日
最終出場 1959年9月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

アンディ・パフコAndrew "Andy" Pafko , 1921年2月25日 - 2013年10月8日)は、1940~1950年代に活躍したアメリカ合衆国ウィスコンシン州ボーイスビル出身の元プロ野球選手外野手)。右投右打。

ニックネームは"Handy Andy"(ハンディ・アンディ)、"Pruschka"(プルーシュカ)。主に1940年代のカブスで攻守に優れた活躍をした選手。カブスの20世紀のオールセンチュリー・チームの一員に選ばれている。

来歴・人物[編集]

球歴[編集]

1941年にウィスコンシン州のグリーンベイ球団からシカゴ・カブスに入団、メジャーリーグにデビューしたのは2年後の1943年で、この年は13試合に出場し58打数22安打をマークした。翌年からカブスの中堅手としてレギュラーに定着し、3年目の1945年シーズンには12本塁打、110打点を挙げる活躍をし、自身初めてのオールスターゲーム出場を果たすとともに、この年のMVP投票で4位に入った。この年にはワールドシリーズにも出場しているが、カブスは4勝3敗で敗退している。

戦後の1947年から1950年まで、パフコは4年続けてオールスターゲームに出場したが、1948年のオールスターゲームは、外野手ではなく『三塁手』として選出され、『外野手と内野手の両方でオールスターゲームに選出された』数少ない選手の一人になっている。この年パフコは、当時のカブスの名三塁手だったスタン・ハックの引退を受け、その穴埋めのために外野からコンバートされて三塁を守っていた。同年は打撃面が好調で、最終的なシーズン打率は.312、また自身2度目の100打点以上を記録している。1950年シーズンにはリーグ2位の36本塁打を放ち、長打率でもリーグ2位を記録した。"Handy Andy"というニックネームは、外野でも内野でも守れたパフコに対し、監督のチャーリー・グリムが名づけたものである。

1951年シーズン途中に4対4の大型トレードでブルックリン・ドジャースに移籍。その後1953年にミルウォーキー・ブレーブスに移り、引退までブレーブスに在籍した。1957年には自身4度目となるワールドシリーズ出場を果たし、36歳にしてようやくシリーズ制覇を経験することになった。1959年を最後に現役を引退し、引退後は一時期カロライナリーグなどでマイナーリーグの監督をつとめた。20世紀の終わりに、シカゴ・カブスが球団の「20世紀オールセンチュリー・チーム」を選出した際、パフコはその一員として選出されている。

2008年6月12日リグレーフィールドで行われたブレーブス対カブスの試合では、シカゴの放送局WGNが野球のテレビ中継を始めた1948年当時を復刻するイベント(両チームも1948年のユニフォームを着て試合をした)が行われた。このイベントでパフコは久々に観衆の前に登場し、セブンス・イニング・ストレッチで"Take Me Out to the Ball Game"を歌い上げている。

インサイド・ザ・グラブ・ホームラン[編集]

パフコのプレーとして有名なのは、1949年4月30日のカブス対カージナルス戦で起きた出来事であろう。8回まで3-1とカブスがリードしていた9回表、ツーアウトからカージナルスのロッキー・ネルソンの打った打球がレフト方向にふらふらとあがり、センターにいたパフコがこの打球を転倒しながら地面すれすれで処理した。てっきりアウトで試合終了かと思われたが、三塁塁審だったアル・バーリックはパフコが打球を捕球していないと判定を下した。この時グラウンドには紙コップが多数投げ込まれていて、ボールと混同しやすい状況だったという。パフコはグラブに納めたボールを高く掲げバーリックに猛烈にアピールしたが、タイムをかけるのを忘れていて、その間に一塁走者と打者のネルソンがベースを一周してしまった。気がついたパフコも本塁に送球したが、投げた球はホームに滑り込むネルソンに当って跳ね返った。

このプレーの記録はネルソンの2点本塁打となり、結局試合は4-3でカージナルスが逆転勝ちをおさめた。ネルソンのこの一打は、『インサイド・ザ・グラブ・ホームラン[1]』と呼ばれている。

死去[編集]

2013年10月8日、ミシガン州の療養所で死去。92歳没。晩年はアルツハイマー病を患っていた[2]

通算成績[編集]

打撃成績[編集]

試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 得点 打点 盗塁 三振 四球 死球 犠打 打率 出塁率 長打率
1852 6292 1796 264 62 213 844 976 38 477 561 76 82 .285 .350 .449

獲得タイトル・記録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ランニングホームランを意味する「インサイド・ザ・パーク・ホームラン」のもじり。
  2. ^ 大リーグ 名外野手が死去 ジャッキー・ロビンソンらとプレー スポーツニッポン 2013年10月11日

出典・外部リンク[編集]