ジャック・クレメンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャック・クレメンツ
Jack Clements
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア州フィラデルフィア
生年月日 1864年6月24日
没年月日 1941年5月23日(満76歳没)
身長
体重
5' 8.5" =約174 cm
204 lb =約92.5 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 捕手
初出場 1884年4月22日
最終出場 1900年10月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジャック・クレメンツ(John J. "Jack" Clements, 1864年7月24日 - 1941年5月23日)は、1880-1890年代に活躍した、アメリカメジャーリーグの選手。主なポジションは捕手ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれ。左投げ左打ち。19世紀にフィリーズで活躍し、左投げ捕手としてメジャーリーグに1000試合以上出場した唯一の人物。

来歴・人物[編集]

1884年ユニオン・アソシエーションが創設された際、生まれ故郷のフィラデルフィアで結成されたキーストーンズに所属、プロの野球選手となる。キーストーンズの運営が破綻した後、クレメンツはクエーカーズ(現フィリーズ)に移り、以後13年間をフィリーズですごすことになる。当初は控え捕手だったが、1888年シーズンから正捕手となり、毎年100試合前後に出場していた。

1890年代、特に投手-本塁間の距離を改定するルールが適用されるようになってからは、打撃面でも目だった成績を残せるようになった。1893年にはリーグ2位となる17本塁打、1895年にはリーグ3位の13本塁打を放ち、打率は1894年に.346、翌1895年に.396を記録している。1898年にフィラデルフィアを離れセントルイス・ブラウンズ(現カージナルス)へ移籍、99試合に出場したが、既に大ベテランだったクレメンツは、翌1899年にオーナーのチーム補強策のあおりを受け、この年130敗以上したクリーブランド・スパイダーズに移籍させられるという憂き目にもあっている。

1900年に選手を引退、1941年にペンシルベニア州で死去。現代野球においては左投げ捕手が殆ど存在しなくなったため、彼の「左投げ捕手としての出場試合数1073試合」は当分の間破られない記録と考えられている。

通算成績[編集]

打撃成績[編集]

※数字の後の"*"は、記録不明箇所があることを示す。

試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 得点 打点 盗塁 三振 四球 死球 犠打 打率 出塁率 長打率
1157 4283 1226 226 60 77 619 687* 55* 299* 339 61* 24* .286 .347 .421

獲得タイトル・記録[編集]

  • 併殺数リーグ最多(捕手):1891年
  • 最高守備率(捕手):1898年

出典・外部リンク[編集]