ジョシュ・ハンコック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョシュ・ハンコック
Josh Hancock
On the mound.jpg
2006年5月
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミシシッピ州クリーブランド
生年月日 1978年4月11日
没年月日 2007年4月29日(満29歳没)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
217 lb =約98.4 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1998年 ドラフト5巡目
初出場 2002年9月10日
最終出場 2007年4月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジョシュ・ハンコックJoshua Morgan Hancock , 1978年4月11日 - 2007年4月29日)は、アメリカ合衆国ミシシッピ州出身のプロ野球選手投手)。

来歴[編集]

1998年、ドラフト5位でレッドソックスに入団。2002年にメジャー初昇格。

2003年フィラデルフィア・フィリーズに移籍。翌2004年シンシナティ・レッズに移籍。

2006年セントルイス・カージナルスに移籍し、自身初の世界一を経験。この年は、中継ぎとして62試合に登板した。

2007年4月29日深夜、交通事故により29歳の若さで死亡。事故から数日後、ジョシュが飲酒運転であったこと、また車の中からマリファナが発見されたことがセントルイス警察より発表された[1]。最後の登板は事故前日のシカゴ・カブス戦で、中継ぎとして3回1失点の成績であった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

カージナルスの選手は、ハンコックの名誉を称え、2007年の残りシーズンを、左腕にハンコックの背番号32を着けてプレーした
ハンコックの死後まもなく、ブッシュスタジアムに花などが献呈された