マーク・ゼプチンスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーク・ゼプチンスキー
Marc Rzepczynski
クリーブランド・インディアンス #35
MG 6441 Marc Rzepczynski.jpg
カージナルス時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 イリノイ州オーク・ローン
生年月日 1985年8月29日(29歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 ドラフト5巡目(全体175位)でトロント・ブルージェイズから指名
初出場 2009年7月7日 タンパベイ・レイズ
年俸 $1,100,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マーク・ウォルター・ゼプチンスキーMarc Walter Rzepczynski, 1985年8月29日 - )は、アメリカ合衆国イリノイ州オーク・ローン出身のプロ野球選手投手)。左投左打。現在は、MLBクリーブランド・インディアンスに所属している。

Rzepczynskiという姓はポーランド系であり、アメリカ合衆国では非常に珍しい。最初のRは発音せず、「Zep-CHIN-ski」と発音する[2]。メジャーデビュー時のブルージェイズの監督だったシト・ガストンも当初は読み方がわからず、その後も正しいスペルを覚えるのに手間取ったと語っている[3][4]。愛称はスクラブル(Scrabble)[5][6]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

カリフォルニア州アナハイムのサーバイト高校(Servite High School)を卒業後、カリフォルニア大学リバーサイド校に進学。大学時代は3年目までは平凡な成績だったが、最終シーズンで一気に成績が向上した。

ブルージェイズ時代[編集]

2007年ドラフトトロント・ブルージェイズから5巡目(全体175位)で指名され、入団。A-級オーバーン・ダブルデイズでプロデビューし、5勝0敗、防御率2.70の好成績を残す。翌2008年はA+級ダニーデン・ブルージェイズで1年間先発ローテーションを守り、防御率2点台の安定した成績を残した。

2009年はAA級ニューハンプシャー・フィッシャーキャッツからスタートし、6月にAAA級ラスベガス・フィフティワンズへ昇格。マイナーで16試合、88回を投げ、防御率2.65、104奪三振と活躍し、怪我で離脱したスコット・リッチモンドに代わる先発要員として7月6日にメジャー昇格を果たした[7]

2011年ワールドチャンピオンのパレード

7月7日タンパベイ・レイズ戦でメジャー初登板初先発、6回2安打1失点と好投するも、勝ち負けは付かなかった。ブルージェイズの先発投手陣に故障が相次いだため、ゼプチンスキーは2009年のブルージェイズで6人目[8]の新人投手、12人目の先発投手となった。これはいずれも球団史上最多であった[7]7月18日ボストン・レッドソックス戦でメジャー初勝利[3]。その後は故障者続出のため新人投手が主体となった先発ローテーションに定着し、11試合に先発して2勝4敗ながらも、安定した投球で7度のクオリティ・スタート(QS)を達成した。8月16日以降は4試合連続でQSを達成していたが、マイナーでの88イニングと合わせて年間投球回数が149.1に達し、新人のゼプチンスキーに対して球団が定めた制限回数(150)に近づいたため[9]9月1日テキサス・レンジャーズ戦がシーズン最終登板となった。

2010年では前年度メジャーで防御率3点台という好成績を残したためローテーションの一角を担うことを期待されたが、スプリングトレーニングの試合で中指を骨折し開幕をDL入りでスタートした。AAA級で調整を続け夏場からメジャーに復帰したが防御率は前年度より1点以上悪化した。 オフにはアリゾナ秋期リーグに登板。6試合に先発し防御率1.16と好投した。[10]

カージナルス時代[編集]

2011年7月27日にブルージェイズ、シカゴ・ホワイトソックスセントルイス・カージナルス間での三角トレードでカージナルスに移籍。

インディアンス時代[編集]

2013年7月30日にトレードでクリーブランド・インディアンスへ移籍[11]

2014年1月17日にインディアンスと137万5000ドルの1年契約に合意した[12]

選手としての特徴[編集]

スリークォーターから2種類の速球(球速は平均80マイル後半)、スライダーを中心に三振を多く奪う投球スタイル。カーブチェンジアップも投げるが、投球の大部分は速球とスライダーで組み立てている[13]。マイナー時代には投球回数を超える奪三振数を記録している[4]。メジャー1年目となった2009年も、61イニングで60奪三振を記録した。

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2009 TOR 11 11 0 0 0 2 4 0 0 .333 261 61.1 51 7 30 0 1 60 4 1 27 25 3.67 1.32
2010 14 12 0 0 0 4 4 0 2 .500 287 63.2 72 8 30 1 5 57 4 1 37 35 4.95 1.60
2011 43 0 0 0 0 2 3 0 10 .400 158 39.1 28 2 15 0 3 33 5 0 16 13 2.97 1.09
STL 28 0 0 0 0 0 3 0 8 .000 98 22.2 22 1 11 1 1 28 1 0 11 10 3.97 1.46
'11計 71 0 0 0 0 2 6 0 18 .250 256 62.0 50 3 26 1 4 61 6 0 27 23 3.34 1.23
2012 70 0 0 0 0 1 3 0 18 .250 196 46.2 46 7 17 2 0 33 3 0 22 22 4.24 1.35
2013 11 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 50 10.1 16 1 4 1 1 9 0 0 9 9 7.84 1.94
CLE 27 0 0 0 0 0 0 0 6 ---- 79 20.1 11 1 6 2 3 20 0 0 4 2 0.89 0.84
'13計 38 0 0 0 0 0 0 0 6 ---- 129 30.2 27 2 10 3 4 29 0 0 13 11 3.23 1.21
通算:5年 204 23 0 0 0 9 17 0 44 .346 1129 264.1 246 27 113 7 14 240 17 2 126 116 3.95 1.36
  • 2013年度シーズン終了時

脚注[編集]

  1. ^ Marc Rzepczynski Contracts, Salaries, Cap Hits, & Transactions” (英語). Spotrac.com. 2014年1月3日閲覧。
  2. ^ Lisa Winston,2009/07/10,Movin' On Up: Rzepczynski joins Jays,MLB.com(英語),2009年8月28日閲覧
  3. ^ a b Jays' bats fuel Rzepczynski's first win,bluejays.com(英語),2009年8月28日閲覧
  4. ^ a b Morgan Campbell,2009/07/07,Walkoff homer beats Jays 3-1,TheStar.com(英語),2009年8月29日閲覧
  5. ^ Visser, Josh (2010年4月3日). “2010 Blue Jays preview: Few wins, but future bright(er)”. CTVToronto. http://www.ctv.ca/CTVNews/Canada/20100401/TOR_jays_preview_100403/ 2011年5月31日閲覧. "Youngsters Marc Rzepczynski (nicknamed "Scrabble" for obvious reasons) and Brett Cecil will probably get their shot later in the season." 
  6. ^ Lankhof, Bill (2011年5月21日). “Everyone knows Rzepczynski now”. Edmonton Sun. Toronto Sun. http://www.edmontonsun.com/2011/05/12/everyone-knows-rzepczynski-now 2011年5月31日閲覧. "Developed the nickname “Scrabble” in the blogosphere in reference to the high score his last name would earn in the board game." 
  7. ^ a b Rookie lefty Rzepczynski called up,bluejays.com(英語),2009年8月28日閲覧
  8. ^ その他の5人はスコット・リッチモンドリッキー・ロメロブレット・セシルロバート・レイブラッド・ミルズ
  9. ^ Larry Millson/Special to MLB.com,09/03/09,Jays shut down Rzepczynski for season,bluejays.com(英語),2009年9月4日閲覧
  10. ^ minor league.com(英語),2011年2月20日閲覧
  11. ^ Indians & Cardinals Complete Trade”. MLB.com Indians Press Release (2013年7月30日). 2014年1月18日閲覧。
  12. ^ Jason Beck (2014年1月17日). “Indians avoid arbitration with reliever Rzepczynski”. MLB.com. 2014年1月18日閲覧。
  13. ^ Marc Rzepczynski » Statistics » Pitching,FanGraphs Baseball(英語),2009年9月4日閲覧

外部リンク[編集]