2001年のメジャーリーグベースボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における2001年のできごとを記す。2001年4月1日に開幕し、11月4日に全日程を終えた。ワールドシリーズアリゾナ・ダイヤモンドバックスが制した。

できごと[編集]

試合結果[編集]

レギュラーシーズン[編集]

アメリカンリーグ[編集]

チーム名 勝利 敗戦 勝率 G差
東地区
1 ニューヨーク・ヤンキース 95 65 .594
2 ボストン・レッドソックス 82 79 .509 13.5
3 トロント・ブルージェイズ 80 82 .494 16.0
4 ボルティモア・オリオールズ 63 98 .391 32.5
5 タンパベイ・デビルレイズ 62 100 .383 34.0
中地区
1 クリーブランド・インディアンス 91 71 .562
2 ミネソタ・ツインズ 85 77 .525 6.0
3 シカゴ・ホワイトソックス 83 79 .512 8.0
4 デトロイト・タイガース 66 96 .407 25.0
5 カンザスシティ・ロイヤルズ 65 97 .401 26.0
 
西地区
1 シアトル・マリナーズ 116 46 .716
2 オークランド・アスレチックス 102 60 .630 14.0
3 アナハイム・エンゼルス 75 87 .463 41.0
4 テキサス・レンジャース 73 89 .451 43.0
 

ナショナルリーグ[編集]

チーム名 勝利 敗戦 勝率 G差
東地区
1 アトランタ・ブレーブス 88 74 .543
2 フィラデルフィア・フィリーズ 86 76 .531 2.0
3 ニューヨーク・メッツ 82 80 .506 6.0
4 フロリダ・マーリンズ 76 86 .469 12.0
5 モントリオール・エクスポズ 68 94 .420 20.0
中地区
1 ヒューストン・アストロズ 93 69 .574
2 セントルイス・カージナルス 93 69 .574
3 シカゴ・カブス 88 74 .543 5.0
4 ミルウォーキー・ブルワーズ 68 94 .420 25.0
5 シンシナティ・レッズ 66 96 .407 27.0
6 ピッツバーグ・パイレーツ 62 100 .383 31.0
西地区
1 アリゾナ・ダイヤモンドバックス 92 70 .568
2 サンフランシスコ・ジャイアンツ 90 72 .556 2.0
3 ロサンゼルス・ドジャース 86 76 .531 6.0
4 サンディエゴ・パドレス 79 83 .488 13.0
5 コロラド・ロッキーズ 73 89 .451 19.0
  • ワイルドカードはオークランド・アスレチックスとセントルイス・カージナルスが獲得
  • ナショナルリーグ中地区はヒューストン・アストロズとセントルイス・カージナルスが同率首位。当該チームの直接対決9勝7敗でアストロズが地区優勝となり、カージナルスがワイルドカードとなった。

オールスターゲーム[編集]

  • アメリカンリーグ 4 - 1 ナショナルリーグ
MVP:カル・リプケン

ポストシーズン[編集]

ディビジョンシリーズ リーグチャンピオンシップシリーズ ワールドシリーズ
                   
       
  シアトル・マリナーズ 3
  クリーブランド・インディアンス 2  
  シアトル・マリナーズ 1
アメリカンリーグ
    ニューヨーク・ヤンキース 4  
  ニューヨーク・ヤンキース 3
  オークランド・アスレチックス 2  
  ニューヨーク・ヤンキース 3
    アリゾナ・ダイヤモンドバックス 4
  ヒューストン・アストロズ 0
  アトランタ・ブレーブス 3  
  アトランタ・ブレーブス 1
ナショナルリーグ
    アリゾナ・ダイヤモンドバックス 4  
  アリゾナ・ダイヤモンドバックス 3
  セントルイス・カージナルス 2  

ディビジョンシリーズ[編集]

アメリカンリーグ[編集]
  • マリナーズ 3 - 2 インディアンス
10/9 – インディアンス 5 - 0 マリナーズ
10/11 – インディアンス 1 - 5 マリナーズ
10/13 – マリナーズ 2 - 17 インディアンス
10/14 – マリナーズ 6 - 2 インディアンス
10/15 – インディアンス 1 - 3 マリナーズ
  • アスレチックス 2 - 3 ヤンキース
10/10 – アスレチックス 5 - 3 ヤンキース
10/11 – アスレチックス 2 - 0 ヤンキース
10/13 – ヤンキース 1 - 0 アスレチックス
10/14 – ヤンキース 9 - 2 アスレチックス
10/15 – アスレチックス 3 - 5 ヤンキース
ナショナルリーグ[編集]
  • アストロズ 0 - 3 ブレーブス
10/9 – ブレーブス 7 - 4 アストロズ
10/10 – ブレーブス 1 - 0 アストロズ
10/12 – アストロズ 2 - 6 ブレーブス
  • ダイヤモンドバックス 3 - 2 カージナルス
10/9 – カージナルス 0 - 1 ダイヤモンドバックス
10/10 – カージナルス 4 - 1 ダイヤモンドバックス
10/12 – ダイヤモンドバックス 5 - 3 カージナルス
10/13 – ダイヤモンドバックス 1 - 4 カージナルス
10/14 – カージナルス 1 - 2 ダイヤモンドバックス

リーグチャンピオンシップシリーズ[編集]

アメリカンリーグ[編集]
  • マリナーズ 1 - 4 ヤンキース
10/17 – ヤンキース 4 - 2 マリナーズ
10/18 – ヤンキース 3 - 2 マリナーズ
10/20 – マリナーズ 14 - 3 ヤンキース
10/21 – マリナーズ 1 - 3 ヤンキース
10/22 – マリナーズ 3 - 12 ヤンキース
MVP:アンディ・ペティット (NYY)
ナショナルリーグ[編集]
  • ダイヤモンドバックス 4 - 1 ブレーブス
10/16 – ブレーブス 0 - 2 ダイヤモンドバックス
10/17 – ブレーブス 8 - 1 ダイヤモンドバックス
10/19 – ダイヤモンドバックス 5 - 1 ブレーブス
10/20 – ダイヤモンドバックス 11 - 4 ブレーブス
10/21 – ダイヤモンドバックス 3 - 2 ブレーブス
MVP:クレイグ・カウンセル (ARI)

ワールドシリーズ[編集]

  • ダイヤモンドバックス 4 - 3 ヤンキース
9/27 – ヤンキース 1 - 9 ダイヤモンドバックス
9/28 – ヤンキース 0 - 4 ダイヤモンドバックス
9/30 – ダイヤモンドバックス 1 - 2 ヤンキース
9/31 – ダイヤモンドバックス 3 - 4 ヤンキース
10/1 – ダイヤモンドバックス 2 - 3 ヤンキース
10/3 – ヤンキース 2 - 15 ダイヤモンドバックス
10/4 – ヤンキース 2 - 3 ダイヤモンドバックス
MVP:ランディ・ジョンソン/カート・シリング (ARI)

個人タイトル[編集]

アメリカンリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 イチロー (SEA) .350
本塁打 アレックス・ロドリゲス (TEX) 52
打点 ブレット・ブーン (SEA) 141
得点 アレックス・ロドリゲス (TEX) 133
安打 イチロー (SEA) 242
盗塁 イチロー (SEA) 56

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 マーク・マルダー (OAK) 21
敗戦 ホセ・メルセデス (BAL) 17
防御率 フレディ・ガルシア (SEA) 3.05
奪三振 野茂英雄 (BOS) 220
投球回 フレディ・ガルシア (SEA) 238⅔
セーブ マリアノ・リベラ (NYY) 50

ナショナルリーグ[編集]

投手成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ラリー・ウォーカー (COR) .350
本塁打 バリー・ボンズ (SF) 73
打点 サミー・ソーサ (CHC) 160
得点 サミー・ソーサ (CHC) 146
安打 リッチ・オーリリア (SF) 206
盗塁 ホアン・ピエール (COL) 46
ジミー・ロリンズ (PHI)

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 マット・モリス (STL) 22
カート・シリング (ARI)
敗戦 ボビー・ジョーンズ (SD) 19
防御率 ランディ・ジョンソン (ARI) 2.49
奪三振 ランディ・ジョンソン (ARI) 372
投球回 カート・シリング (ARI) 256⅔
セーブ ロブ・ネン (SF) 45

表彰[編集]

全米野球記者協会(BBWAA)表彰[編集]

表彰 アメリカンリーグ ナショナルリーグ
MVP イチロー (SEA) バリー・ボンズ (SF)
サイヤング賞 ロジャー・クレメンス (NYY) ランディ・ジョンソン (ARI)
新人王 イチロー (SEA) アルバート・プホルス (STL)
最優秀監督賞 ルー・ピネラ (SEA) ラリー・ボーワ (PHI)

ゴールドグラブ賞[編集]

守備位置 アメリカンリーグ ナショナルリーグ
投手 マイク・ムッシーナ (NYY) グレッグ・マダックス (ATL)
捕手 イバン・ロドリゲス (TEX) ブラッド・オースマス (HOU)
一塁手 ダグ・ミントケイビッチ (MIN) トッド・ヘルトン (COR)
二塁手 ロベルト・アロマー (CLE) フェルナンド・ビーナ (STL)
三塁手 エリック・チャベス (OAK) スコット・ローレン (PHI)
遊撃手 オマー・ビスケル (CLE) オーランド・カブレラ (MON)
外野手 マイク・キャメロン (SEA) ジム・エドモンズ (STL)
トリー・ハンター (MIN) アンドリュー・ジョーンズ (ATL)
イチロー (SEA) ラリー・ウォーカー (COR)

シルバースラッガー賞[編集]

守備位置 アメリカンリーグ ナショナルリーグ
投手 - マイク・ハンプトン (COR)
捕手 ホルヘ・ポサダ (NYY) マイク・ピアッツァ (NYM)
一塁手 ジェイソン・ジアンビ (OAK) トッド・ヘルトン (COR)
二塁手 ブレット・ブーン (SEA) ジェフ・ケント (SF)
三塁手 トロイ・グロース (ANA) アルバート・プホルス (STL)
遊撃手 アレックス・ロドリゲス (TEX) リッチ・オーリリア (SF)
外野手 マニー・ラミレス (BOS) バリー・ボンズ (SF)
イチロー (SEA) サミー・ソーサ (CHC)
フアン・ゴンザレス (CLE) ルイス・ゴンザレス (ARI)
指名打者 エドガー・マルティネス (SEA) -

その他表彰[編集]

表彰 アメリカンリーグ ナショナルリーグ
カムバック賞 ルーベン・シエラ (TEX) マット・モリス (STL)
ハンク・アーロン賞 アレックス・ロドリゲス (TEX) バリー・ボンズ (SF)
最優秀救援投手賞 マリアノ・リベラ (NYY) アーマンド・ベニテス (NYM)
ロブ・ネン (SF)
最優秀指名打者賞 エドガー・マルティネス (SEA) -
ロベルト・クレメンテ賞 - カート・シリング (ARI)
ハッチ賞 - カート・シリング (ARI)
ルー・ゲーリッグ賞 - ジョン・フランコ (NYM)
ベーブ・ルース賞 - ランディ・ジョンソン (ARI)
カート・シリング (ARI)

アメリカ野球殿堂入り表彰者[編集]

BBWAA投票

ベテランズ委員会選出

外部リンク[編集]