2012年のメジャーリーグベースボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における2012年の出来事を記す。レギュラーシーズン開幕は2012年3月28日に始まり、10月28日に閉幕した。2012年のワールドシリーズサンフランシスコ・ジャイアンツデトロイト・タイガースを4対0で破り、制した。

試合結果[編集]

レギュラーシーズン[編集]

アメリカンリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
東地区
1 ニューヨーク・ヤンキース 95 67 .586
2 ボルティモア・オリオールズ 93 69 .574 2
3 タンパベイ・レイズ 90 72 .556 5
4 トロント・ブルージェイズ 73 89 .451 22
5 ボストン・レッドソックス 69 93 .426 26
中地区
1 デトロイト・タイガース 88 74 .543
2 シカゴ・ホワイトソックス 85 77 .525 3
3 カンザスシティ・ロイヤルズ 72 90 .444 16
4 クリーブランド・インディアンス 68 94 .420 20
5 ミネソタ・ツインズ 66 96 .407 22
 
西地区
1 オークランド・アスレチックス 94 68 .580
2 テキサス・レンジャース 93 69 .574 1
3 ロサンゼルス・エンゼルス 89 73 .549 5
4 シアトル・マリナーズ 75 87 .463 19
 

ナショナルリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
東地区
1 ワシントン・ナショナルズ 98 64 .605
2 アトランタ・ブレーブス 94 68 .580 4
3 フィラデルフィア・フィリーズ 81 81 .500 17
4 ニューヨーク・メッツ 74 68 .457 24
5 マイアミ・マーリンズ 69 93 .426 29
中地区
1 シンシナティ・レッズ 97 65 .599
2 セントルイス・カージナルス 88 74 .543 9
3 ミルウォーキー・ブルワーズ 83 79 .512 14
4 ピッツバーグ・パイレーツ 79 83 .488 18
5 シカゴ・カブス 61 101 .377 36
6 ヒューストン・アストロズ 55 107 .340 42
西地区
1 サンフランシスコ・ジャイアンツ 94 68 .580
2 ロサンゼルス・ドジャース 86 76 .531 8
3 アリゾナ・ダイヤモンドバックス 81 81 .500 13
4 サンディエゴ・パドレス 76 86 .469 18
5 コロラド・ロッキーズ 64 98 .395 30
  • ワイルドカードはボルチモア・オリオールズとテキサス・レンジャーズとアトランタ・ブレーブスとセントルイス・カージナルスが獲得

オールスターゲーム[編集]

  • 右側がホームチーム
  • ナショナルリーグ 8 - 0 アメリカンリーグ
MVP:メルキー・カブレラ

ポストシーズン[編集]

  • 太字が勝利チーム
ディビジョンシリーズ リーグチャンピオンシップシリーズ ワールドシリーズ
                   
       
  ニューヨーク・ヤンキース 3
  ボルチモア・オリオールズ 2  
  ニューヨーク・ヤンキース 0
アメリカンリーグ
    デトロイト・タイガース 4  
  オークランド・アスレチックス 2
  デトロイト・タイガース 3  
  デトロイト・タイガース 0
    サンフランシスコ・ジャイアンツ 4
  ワシントン・ナショナルズ 2
  セントルイス・カージナルス 3  
  セントルイス・カージナルス 3
ナショナルリーグ
    サンフランシスコ・ジャイアンツ 4  
  シンシナティ・レッズ 2
  サンフランシスコ・ジャイアンツ 3  

ワイルドカードプレーオフ[編集]

  • アメリカンリーグ

10/5 オリオールズ 5 - 1 レンジャーズ(ホームチーム)

  • ナショナルリーグ

10/5 カージナルス 6 - 3 ブレーブス(ホームチーム)

ディビジョンシリーズ[編集]

アメリカンリーグ[編集]
  • ヤンキース 3 - 2 オリオールズ
日付 ビジター スコア ホーム
10/7 ヤンキース 7 - 2 オリオールズ
10/8 ヤンキース 2 - 3 オリオールズ
10/10 オリオールズ 2 - 3 ヤンキース
10/11 オリオールズ 2 - 1 ヤンキース
10/12 オリオールズ 1 - 3 ヤンキース
  • タイガース 3 - 2 アスレチックス
日付 ビジター スコア ホーム
10/6 アスレチックス 7 - 2 タイガース
10/7 アスレチックス 2 - 3 タイガース
10/9 タイガース 2 - 3 アスレチックス
10/10 タイガース 2 - 1 アスレチックス
10/11 タイガース 3 - 1 アスレチックス
ナショナルリーグ[編集]
  • カージナルス 3 - 2 ナショナルズ
日付 ビジター スコア ホーム
10/7 ナショナルズ 3 - 2 カージナルス
10/8 ナショナルズ 4 - 12 カージナルス
10/10 カージナルス 8 - 0 ナショナルズ
10/11 カージナルス 1 - 2 ナショナルズ
10/12 カージナルス 9 - 7 ナショナルズ
  • ジャイアンツ 3 - 2 レッズ
日付 ビジター スコア ホーム
10/6 レッズ 5 - 2 ジャイアンツ
10/7 レッズ 9 - 0 ジャイアンツ
10/9 ジャイアンツ 2 - 1 レッズ
10/10 ジャイアンツ 8 - 3 レッズ
10/11 ジャイアンツ 6 - 4 レッズ'

リーグチャンピオンシップシリーズ[編集]

アメリカンリーグ[編集]
  • タイガース 4 - 0 ヤンキース
日付 ビジター スコア ホーム
10/13 タイガース 6 - 4 ヤンキース
10/14 タイガース 3 - 0 ヤンキース
10/16 ヤンキース 1 - 2 タイガース
10/18 ヤンキース 1 - 8 タイガース
MVP:デルモン・ヤング
ナショナルリーグ[編集]
  • ジャイアンツ 4 - 3 カージナルス
日付 ビジター スコア ホーム
10/14 カージナルス 6 - 4 ジャイアンツ
10/15 カージナルス 1 - 7 ジャイアンツ
10/17 ジャイアンツ 1 - 3 カージナルス
10/18 ジャイアンツ 3 - 8 カージナルス
10/19 ジャイアンツ 5 - 0 カージナルス
10/21 カージナルス 1 - 6 ジャイアンツ
10/22 カージナルス 0 - 9 ジャイアンツ
MVP:マルコ・スクータロ

ワールドシリーズ[編集]

  • ジャイアンツ 4 - 0 タイガース
日付 ビジター スコア ホーム
10/24 タイガース 3 - 8 ジャイアンツ
10/25 タイガース 0 - 2 ジャイアンツ
10/27 ジャイアンツ 2 - 0 タイガース
10/28 ジャイアンツ 4 - 3 タイガース
MVP:パブロ・サンドバル

シーズン個人最高成績[編集]

アメリカンリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ミゲル・カブレラ (DET) .330
本塁打 ミゲル・カブレラ (DET) 44
打点 ミゲル・カブレラ (DET) 139
得点 マイク・トラウト (LAA) 129
安打 デレク・ジーター (NYY) 216
盗塁 マイク・トラウト (LAA) 49

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 デビッド・プライス (TB)
ジェレッド・ウィーバー (LAA)
20
敗戦 ウバルド・ヒメネス (CLE) 17
防御率 デビッド・プライス (TB) 2.56
奪三振 ジャスティン・バーランダー (DET) 239
投球回 ジャスティン・バーランダー (DET) 238.1
セーブ ジム・ジョンソン (BAL) 51

ナショナルリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 バスター・ポージー (SF) .336
本塁打 ライアン・ブラウン (MIL) 41
打点 チェイス・ヘッドリー (SD) 115
得点 ライアン・ブラウン(MIL) 108
安打 アンドリュー・マカッチェンPIT) 194
盗塁 エバース・カブレラ (SD) 44

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 ジオ・ゴンザレス (WSH) 21
敗戦 ティム・リンスカム (SF) 15
防御率 クレイトン・カーショウ (LAD) 2.53
奪三振 R.A.ディッキー (NYM) 230
投球回 R.A.ディッキー (NYM) 233.2
セーブ クレイグ・キンブレル (ATL)
ジェイソン・モッテ (STL)
42

できごと[編集]

監督人事[編集]

シーズン開幕までの変更[編集]

チーム 新任監督 前任監督 前職
BOS ボビー・バレンタイン テリー・フランコーナ ESPN解説者、2009年まで千葉ロッテ監督
CHC デール・スウェイム マイク・クアディ英語版 前年までMIL打撃コーチ
CWS ロビン・ベンチュラ ドン・クーパー英語版(代行) 2004年現役引退後、指導経験なし
MIA オジー・ギーエン ジャック・マキーオン(代行) 前年途中までCWS監督
STL マイク・マシーニー トニー・ラルーサ 2006年現役引退後、指導経験なし

シーズン中の変更[編集]

日付 チーム 新任監督 前任監督 前職
8/18 HOU トニー・デフランセスコ英語版(代行) ブラッド・ミルズ オクラホマシティ・レッドホークス(HOU傘下3A)監督
9/27 CLE サンディー・アロマー・ジュニア(代行) マニー・アクタ CLEベンチコーチ

主な打者の記録[編集]

主な投手の記録[編集]

その他の記録[編集]

  • 4月5日、TOR-CLEの開幕戦が延長16回で終了し、開幕戦での史上最長イニング試合となった[32]
  • 4月20日、CINCHCに勝利し、史上6球団目の球団史上10,000勝を達成[33]
  • 5月6日、BAL-BOS戦において、クリス・デービス(BAL)が延長16回裏に投手として登板、17回裏と合わせて2回無失点に抑え勝利投手となった一方、17回表にもダーネル・マクドナルド(BOS)が投手として登板、1回3失点で敗戦投手となった。両チームの野手登録選手がリリーフとして登板したのは1925年にジョージ・シスラーSLB)とタイ・カッブDET)の登板以来のことであった。また、登板した両野手に勝敗がついたのは1902年のサム・メルテス英語版CWS)とジェシー・バーケットSLB)の登板以来であった[34]
  • 9月30日、PITCINに敗れシーズン負け越しが決定、PITは20シーズン連続負け越しとなり、MLBの連続負け越しシーズン記録を更新した[35]
  • OAKは新人投手により合わせて53勝を挙げ、新人投手による勝利数記録を更新した[36]
  • 1995年にディビジョンシリーズが導入されて以来初めて、4つのディビジョンシリーズ全てが最終第5戦まで行われた[37]

その他のできごと[編集]

  • この年からワイルドカードプレーオフ制度導入[38]。これに伴い、プレーオフ勝利チームはディビジョンシリーズにおいて同一地区か否かに関わらず第一シードのチームと対戦ものととする、若干のルール変更も行われた。
  • この年からFLAがマイアミに本拠地を移転し、MIAに改称。新本拠地マーリンズ・ボールパークが完成し、4月4日にはSTLを迎えての初の公式戦が行われた。
  • 3月27日、LADオーナーのフランク・マッコートとマジック・ジョンソンらの投資家グループとの間での球団売却交渉が売却額20億ドルで合意されたことが球団から発表された[39]。球団は前年に連邦倒産法第11章の適用を申請していたが、4月13日に破産裁判所によって売却が承認され、5月1日には全ての手続きが終了した[40]
  • 2009年から続いていた、SD前オーナー、ジョン・ムーアズから現CEO、ジェフ・ムーラッドへの球団経営権委譲プロセスが、MLBオーナー会議においてムーラッドのオーナー就任の承認が得られなかったことなどから頓挫し、3月22日にムーラッドがCEOを辞任[41]。ムーアズが暫定的にオーナーに復帰し、改めて球団売却先を求めていたが、8月6日、LADの元オーナー、ピーター・オマリーらの投資家グループへの8億ドルでの売却が合意に至った[42]。8月16日に所有権委譲がMLB機構に承認された。

表彰[編集]

全米野球記者協会(BBWAA)表彰[編集]

表彰 アメリカンリーグ ナショナルリーグ
MVP ミゲル・カブレラ (DET) バスター・ポージー (SFG)
サイヤング賞 デビッド・プライス (TB) R.A.ディッキー (NYM)
最優秀新人賞 マイク・トラウト (LAA) ブライス・ハーパー (WSH)
最優秀監督賞 ボブ・メルビン (OAK) デーブ・ジョンソン (WSH)

ゴールドグラブ賞[編集]

守備位置 アメリカンリーグ ナショナルリーグ
投手 ジェレミー・ヘリクソン (TB)
ジェイク・ピービー (CWS)
マーク・バーリー (MIA)
捕手 マット・ウィンタース (BAL) ヤディアー・モリーナ (STL)
一塁手 マーク・テシェイラ (NYY) アダム・ラローシュ (WSH)
二塁手 ロビンソン・カノ (NYY) ダーウィン・バーニー (CHC)
三塁手 チェイス・ヘッドリー (SD) エイドリアン・ベルトレ (TEX)
遊撃手 J.J.ハーディ (BAL) ジミー・ロリンズ (PHI)
外野手 アレックス・ゴードン (KC)
アダム・ジョーンズ (BAL)
ジョシュ・レディック (OAK)
カルロス・ゴンザレス (COL)
アンドリュー・マカッチェン (PHI)
ジェイソン・ヘイワード (ATL)

シルバースラッガー賞[編集]

守備位置 アメリカンリーグ ナショナルリーグ
投手 - スティーブン・ストラスバーグ (WSH)
捕手 A.J.ピアジンスキー (CWS) バスター・ポージー (ATL)
一塁手 プリンス・フィルダー (DET) エイドリアン・ゴンザレス (BOS)
二塁手 ロビンソン・カノ (NYY) ブランドン・フィリップス (CIN)
三塁手 ミゲル・カブレラ (DET) アラミス・ラミレス (CHC)
遊撃手 デレク・ジーター (NYY) トロイ・トゥロウィツキー (COL)
外野手 ジョシュ・ウィリンガム (MIN)
ジョシュ・ハミルトン (TEX)
マイク・トラウト (LAA)
ライアン・ブラウン (MIL)
ジェイ・ブルース (CIN)
アンドリュー・マカッチェン (PIT)
指名打者 ビリー・バトラー (KC) -

その他表彰[編集]

表彰 アメリカンリーグ ナショナルリーグ
ハンク・アーロン賞 ミゲル・カブレラ (DET) バスター・ポージー (SF)
ロベルト・クレメンテ賞 - クレイトン・カーショウ (LAD)

アメリカ野球殿堂入り表彰者[編集]

BBWAA投票

ベテランズ委員会選出

参照元[編集]

  1. ^ Rangers spoil Robin Ventura's managerial debut” (英語). ESPN (2012年4月6日). 2013年12月23日閲覧。
  2. ^ Alex Rodriguez hits 630th HR” (英語). ESPN (2012年4月13日). 2013年12月23日閲覧。
  3. ^ A-Rod passes Griffey for 5th place with 631 HRs” (英語). FOX NEWS (2012年4月20日). 2013年12月23日閲覧。
  4. ^ Konerko connects for 400th career homer” (英語). MLB.com (2012年4月25日). 2013年12月23日閲覧。
  5. ^ Josh Hamilton rips four 2-run HRs” (英語). ESPN (2012年4月25日). 2013年12月23日閲覧。
  6. ^ Polanco reaches 2,000 hits with homer” (英語). MLB.com (2012年5月14日). 2013年12月23日閲覧。
  7. ^ Moyer becomes oldest player to drive in run” (英語). MLB.com (2012年5月17日). 2013年12月23日閲覧。
  8. ^ Albert Pujols Launches 450th Home Run, 4th Youngest to Reach 450 HRs” (英語). Bleacher Report (2012年5月25日). 2013年12月23日閲覧。
  9. ^ Alex Rodriguez hits 23rd career grand slam, matches Hall of Famer Lou Gehrig's record” (英語). ESPN (2012年6月13日). 2013年12月23日閲覧。
  10. ^ Beltran is first switch-hitter with 300 HRs, SBs” (英語). MLB.com (2012年6月16日). 2013年12月23日閲覧。
  11. ^ Ichiro Suzuki gets 2,500th MLB hit” (英語). ESPN (2012年6月20日). 2013年12月23日閲覧。
  12. ^ Papelbon pays Thome for walk-off HR” (英語). FOX Sports (2012年6月24日). 2013年12月23日閲覧。
  13. ^ Hill first with two cycles in a season since '31” (英語). MLB.com (2012年6月30日). 2013年12月23日閲覧。
  14. ^ Big Papi notches 400th career homer” (英語). MLB.com (2012年7月4日). 2013年12月23日閲覧。
  15. ^ Adam Dunn hits 400-HR milestone” (英語). ESPN (2012年8月18日). 2013年12月23日閲覧。
  16. ^ Bryce Harper continues to tread into rarified air for a teenager” (英語). The Washington Times (2012年9月27日). 2013年12月23日閲覧。
  17. ^ Mike Trout becomes youngest member of 30/30 club” (英語). NBC Sports (2012年9月30日). 2013年12月23日閲覧。
  18. ^ Miguel Cabrera wins Triple Crown” (英語). ESPN (2012年10月4日). 2013年12月23日閲覧。
  19. ^ Jamie Moyer becomes oldest pitcher to win a game as Rockies edge Padres 5-3” (英語). The Denver Post (2012年4月17日). 2013年12月26日閲覧。
  20. ^ The Humber Game: Perfecto for White Sox” (英語). MLB.com (2012年4月21日). 2013年12月23日閲覧。
  21. ^ Masterpiece theater: Weaver throws first no-hitter” (英語). MLB.com (2012年5月2日). 2013年12月23日閲覧。
  22. ^ Johan Santana tosses no-hitter” (英語). ESPN (2012年6月2日). 2013年12月23日閲覧。
  23. ^ Mariners no-hit the Dodgers with six different pitchers” (英語). The Seatle Times (2012年6月9日). 2013年12月23日閲覧。
  24. ^ Matt Cain of San Francisco Giants tosses 22nd perfect game in Major League Baseball history and second of 2012 season” (英語). Daily News (New York) (2012年6月14日). 2013年12月23日閲覧。
  25. ^ Delabar first to fan four in one extra inning” (英語). MLB.com (2012年8月14日). 2013年12月26日閲覧。
  26. ^ Felix Hernandez pitches perfect game” (英語). USA TODAY (2012年8月15日). 2013年12月23日閲覧。
  27. ^ Greinke-fueled Angels tie record with 20 strikeouts” (英語). MLB.com (2012年9月26日). 2013年12月26日閲覧。
  28. ^ Fister sets AL strikeout mark against Royals” (英語). MLB.com (2012年9月27日). 2013年12月26日閲覧。
  29. ^ Bailey baffles Bucs' batters, bags no-hitter” (英語). MLB.com (2012年9月28日). 2013年12月23日閲覧。
  30. ^ Medlen Leads Braves, and Jones Says Goodbye to Home Fans” (英語). The New York Times (2012年9月30日). 2013年12月26日閲覧。
  31. ^ Rodney is Comeback, Delivery Man awards winner” (英語). MLB.com (2012年10月18日). 2013年12月26日閲覧。
  32. ^ Blue Jays, Indians set record in '12 opener” (英語). MLB.com (2012年4月5日). 2013年12月26日閲覧。
  33. ^ Red-letter day: Cincy reaches 10,000 wins” (英語). MLB.com (2012年4月20日). 2013年12月26日閲覧。
  34. ^ Chris Davis has a day for the ages” (英語). ESPN (2012年5月7日). 2013年12月26日閲覧。
  35. ^ Pirates’ Run of Losing Seasons Hits 20” (英語). The New York Times (2012年9月30日). 2013年12月26日閲覧。
  36. ^ Athletics' late surge one for record book” (英語). ESPN (2012年10月3日). 2013年12月26日閲覧。
  37. ^ MLB Playoffs Go the Distance” (英語). The Wall Streen Journal (2012年10月12日). 2013年12月26日閲覧。
  38. ^ Addition of Wild Card berths finalized for 2012” (英語). MLB.com (2012年3月2日). 2013年12月20日閲覧。
  39. ^ Dodgers sold to Magic Johnson group” (英語). ESPN (2012年3月28日). 2013年12月20日閲覧。
  40. ^ Dodgers sale to Walter, Kasten, Magic complete” (英語). MLB.com (2012年5月1日). 2013年12月20日閲覧。
  41. ^ PADRES: Jeff Moorad steps down as Padres CEO” (英語). San Diego Union-Tribune (2012年3月22日). 2013年12月20日閲覧。
  42. ^ Padres sold to group headed by O'Malley heirs” (英語). San Diego Union-Tribune (2012年8月6日). 2013年12月20日閲覧。

外部リンク[編集]