ベーブ・ハーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベーブ・ハーマン
Babe Herman
基本情報
出身地 Flag of the United States.svgニューヨーク州バッファロー
生年月日 1903年6月26日
没年月日 1987年11月27日(満84歳没)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
初出場 1926年4月14日
最終出場 1945年9月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ベーブ・ハーマン(Floyd Caves "Babe" Herman、1903年6月26日 - 1987年11月27日)は、主に1930年代に活躍したアメリカ合衆国のプロ野球選手。ポジションは右翼手ニューヨーク州バッファロー生まれ。左投げ左打ち。主に1920年から1930年代にブルックリン・ドジャーズ(現ロサンゼルス・ドジャーズ)で活躍した。通算打率.324、3度のサイクル安打を記録した強打者だったが、守備や走塁でとんでもないボーンヘッドもし、そのことでもブルックリンのファンから親しまれた選手である。

来歴・人物[編集]

球歴[編集]

ハーマンは1922年、18歳の時には既にデトロイト・タイガース配下のマイナーリーグに所属し、春のキャンプではタイ・カッブの代打を務めたこともあった。しかしその後トレードに出され、1926年にブルックリン・ドジャーズからメジャーリーグに登場するまで、5年間で6つのマイナーリーグの球団を渡り歩いた。ハーマンは1925年にブルックリンと契約したが、当時のスカウトは「守っている時の彼はある意味滑稽だったが、ある試合で6安打を打ったのを見て、契約することを決めた」と証言している。

ハーマンは1926年にブルックリンのルーキーとしてデビューし、最初は一塁を守っていた。1年目から打率.319、81打点と打つ方で活躍したが、2年目には21個ものエラーを記録し、外野手にコンバートされることになる。3年目には再びリーグで5位となる打率.340と91打点の成績を残したが、やはり守備でのエラーの数もリーグ最多だった。

次の1929年と1930年にハーマンは打ちまくり、1929年の成績は打率.381と217安打、105得点、113打点にもなり、同年のMVP候補となる。また1930年には241安打と130打点をあげ、打率も4割に迫る.393という成績を残したが、両年とも打率はリーグ2位だった。1929年はレフティ・オドールが打率.398を記録し、また1930年はビル・テリーが打率4割超えを達成(.401)した年だったからである。

その後1932年の開幕直前に、ハーマンはシンシナティ・レッズにトレードされ、翌年から2年間はシカゴ・カブスに在籍した。カブス在籍時の1933年6月20日には1試合3本塁打という記録を作り、また同じ年の9月30日には、自身3度目となるサイクル安打を記録するなど、その打棒は相変わらずだったが、守りでのエラーの多さからか、その後もハーマンは毎年のようにチームを変わり、1937年にはマイナーに降格してしまう。降格後ハーマンはしばらくパシフィック・コーストリーグなどでプレーをしていたが、第二次世界大戦が佳境となった1945年に、42歳でブルックリンに戻ってくることになる。ブルックリンに復帰した最初の打席で、ハーマンは観衆から大きな拍手で迎えられた。声援に応えたハーマンはこの打席ヒットを放ったが、ベースを廻ろうとして一塁ベースにつまづいてしまったそうである。

同年ハーマンは37試合に出場し、.265の打率を残して選手を引退した。1951年にピッツバーグ・パイレーツのコーチを1年間つとめ、1987年にカリフォルニア州で亡くなった。

"エベッツ・フィールドの首なし騎手"[編集]

打撃面で様々な活躍をしたハーマンだったが、守備や走塁面では考えられないようなボーンヘッドがいくつもあり、チームメイトだったダジー・ヴァンスが、「エベッツ・フィールドの首なし騎手」("the Headless Horseman of Ebbets Field")とあだ名をつけるほどだった。

1926年8月15日のエベッツ・フィールドでのブレーブスとの試合でのこと、ブルックリンは満塁のチャンスをつかみ、ルーキーだったハーマンはライトに強烈なライナーを放った。しかし、当たりが良すぎて打球がフェンスに跳ね返った後、すぐに内野に帰ってきたために、三塁走者は生還したものの、足の速くなかった二塁のダジー・ヴァンスは本塁へ進むことを一旦躊躇してしまう。ヴァンスは三塁-本塁間に挟まれ三塁に戻ったが、そこには既に一塁にいたチック・フィースターが進塁してきていた。

ところが、そこへ二塁を回った打者のハーマンがすべりこんで来た。ブレーブスの三塁手エディ・テイラーは、三塁ベース上に立っていた三人の走者に次々にタッチし、結局前の走者を追い越す形になったハーマンと、一塁から進んできたフィースターがアウトになった。ハーマンは打った瞬間に「三塁打になる」と思いこみ、前の塁の状況をよく見ていなかったための珍事だった。この試合の後ドジャーズのファンの間では、『ドジャーズが走者を三人出してるぞ!』『おっ、どの塁だ?』というジョークが語られたそうである。

ハーマンの走塁でのボーンヘッドはこれにとどまらず、1930年シーズンには、『1シーズンの間に、2度打者から追い越された』という珍記録を残している。同年5月30日のゲームで、一塁にいたハーマンは、次の打者デル・ビソネットのホームランの打球の行方をじっと見つめたまま、打者ビソネットから追い越されてしまった。同年9月14日にはやはり同じ場面で、ホームランを打った打者グレン・ライトに追い越されている。

1931年9月20日のゲームでは、当時セントルイス・カージナルス監督だったギャビー・ストリートが、選手の怪我のため代役で捕手を勤めていた。当時48歳で、1912年を最後に20年近くゲームに出ていなかったストリートを相手に、ハーマンは盗塁を試みて失敗してしまっている。

通算成績[編集]

打撃成績[編集]

※数字の後の"*"は、記録不明箇所があることを示す。

試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 得点 打点 盗塁 三振 四球 死球 犠打 打率 出塁率 長打率
1552 5603 1818 399 110 181 882 997 94 553 520 11 92 .324 .383 .532

獲得タイトル・記録[編集]

  • シーズン最多三塁打:1932年
  • シーズン安打数:241(1930年、現ドジャーズ球団記録)
  • シーズン打率:.393(1930年、現ドジャーズ球団記録)
  • サイクル安打:3回(1931年5月18日、1931年7月24日、1933年9月30日)
  • ドジャーズでの通算打率は.339で、2014年現在ウィリー・キーラーに次ぎチーム歴代2位である。


出典・外部リンク[編集]