蔭山和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
蔭山 和夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市
生年月日 1927年1月16日
没年月日 1965年11月17日(満38歳没)
身長
体重
166 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 1950年
初出場 1950年3月11日
最終出場 1959年10月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 南海ホークス (1960 - 1965)

蔭山 和夫(かげやま かずお、1927年1月16日 - 1965年11月17日)は、日本プロ野球選手内野手)。

来歴・人物[編集]

旧制市岡中学から早稲田大学へ進学。在学時、東京六大学リーグ戦全試合に出場し、最終学年では主将を務める。リーグ通算92試合出場、341打数94安打、打率.276、2本塁打、38打点。74得点は2008年上本博紀が83得点で更新するまでリーグ記録であった。

1950年南海ホークスに入団。翌年にはリーグ2位の打率.315を記録し、新人王に選ばれた[1][2]1959年限りで現役引退後はヘッドコーチとなり、監督の鶴岡一人を支える名参謀ぶりを発揮した。1962年には途中休養した鶴岡に変わって監督代行を務めた[3]。球界でも有数の理論家として知られ、現役時代の野村克也の良き理解者だったといわれる。

1965年11月13日に鶴岡の勇退を受けて南海監督に就任したが、4日後の17日に急性副腎皮質機能不全で急死した。享年38。蔭山の死去を受けて鶴岡は勇退を撤回し、1968年まで指揮を執った。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1950 南海 120 492 432 71 124 17 15 9 198 66 25 6 1 -- 58 -- 1 46 1 .287 .373 .458 .831
1951 104 477 410 97 129 12 13 6 185 28 42 9 6 -- 61 -- 0 44 1 .315 .403 .451 .855
1952 121 508 430 86 110 21 10 9 178 39 36 12 9 -- 65 -- 4 73 3 .256 .359 .414 .773
1953 112 502 422 86 128 13 9 8 183 38 36 12 9 -- 70 -- 1 56 2 .303 .404 .434 .837
1954 134 583 495 71 130 22 12 7 197 47 23 13 13 0 74 -- 1 63 2 .263 .360 .398 .758
1955 111 389 317 49 73 16 0 5 104 28 16 7 7 1 63 0 1 57 3 .230 .360 .328 .688
1956 109 291 235 44 55 13 3 4 86 15 14 8 11 4 40 1 1 39 1 .234 .348 .366 .714
1957 81 270 226 33 50 10 1 3 71 20 3 4 2 2 40 0 0 49 3 .221 .338 .314 .653
1958 105 357 299 43 67 8 3 2 87 18 14 2 4 1 53 1 0 61 7 .224 .341 .291 .632
1959 47 80 68 12 15 0 0 0 15 3 5 2 1 0 11 0 0 12 1 .221 .329 .221 .550
通算:10年 1044 3949 3334 592 881 132 66 53 1304 302 214 75 63 8 535 2 9 500 24 .264 .367 .391 .759
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

  • 初出場:1950年3月11日、対阪急ブレーブス1回戦(西宮球場
  • 1試合3三塁打(1951年9月28日、プロ野球記録)
  • 3打席連続三塁打(1951年9月28日 - 9月29日、プロ野球記録)
  • 3試合連続三塁打(1954年9月29日 - 10月2日、パ・リーグ記録)
  • 1試合17塁打(1951年9月28日、パ・リーグ記録)
  • 最高出塁率:1回(1953年) 当時連盟表彰なし
  • オールスターゲーム出場:4回 (1951年 - 1954年)
  • 1000試合出場:1959年4月19日(47人目)

背番号[編集]

  • 12 (1950年 - 1960年)
  • 50 (1961年 - 1965年)

脚注[編集]

  1. ^ 年度別成績 1951年 パシフィック・リーグ
  2. ^ 1951年に限り、1950年に入団した選手にも新人王資格を与えた。
  3. ^ 鶴岡“親分”監督休養「指揮官が悪い部隊は全滅する」

関連項目[編集]