日本エレキテル連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本エレキテル連合
メンバー 中野聡子
橋本小雪
別名 日エ連、エレキテル
結成年 2008年[1]
事務所 タイタン
旧コンビ名 日本パブリック連合
現在の活動状況 ライブ、YouTube
芸種 漫才コント
ネタ作成者 中野聡子
同期 ウエストランド
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

日本エレキテル連合(にっぽんエレキテルれんごう)は、タイタン所属のお笑いコンビである。

メンバー[編集]

愛称は「みみたん」「聡ちゃん」。ネタ作り担当[2]
『日本パブリック連合』時代の芸名は「中野倉庫」。
特技は日本画[3]
芸人になる前、下着のデザイン会社に勤めていた時期がある[4]
下着のデザイン会社を退職後は、貯金を崩しながら一人暮らしを続けるが、3ヶ月間ニートをして引きこもりになっていた。家では、ずっとベッドの上で生活をしており、最後の1ヶ月は食料を買いだめして1日も家から出なかった。ニートを脱出するきっかけとなったのは友人からの「久し振りに会おう」という電話。しかし、全く外に出ていなかったため、家を出た瞬間の風景が一日中残像として焼き付き、さらに眩しさで涙が止まらず家の近くの薬局でサングラスを買った。それでも頑張って駅まで歩いたところ、久し振りに動いたので筋肉痛になり、「退化していた」と中野は語る。また、久し振りに人と喋ったため、喉が腫れて血の味がするようになり、たくさん笑ったため、腹筋も筋肉痛になった。そしてこの日に、テレビでイチローが「全ては行動だ。言葉じゃない、行動だ。」と言っていたことに触発され、松竹芸能に送る履歴書を書き、芸人としての一歩を踏み出した。[5]
以前、うさぎを飼っていたが、2011年初頭に死亡。ペット用の葬儀を行ったが、うさぎの名前が“コマネチ”だったため[6]、葬儀業者が笑ってしまい、湿っぽい雰囲気になれなかった。その後再びうさぎを飼い始め、名前を事務所の先輩である太田光に“アンドロポフ”と命名してもらった[6]
中野にとっての橋本は「私が創りあげた作品」で、「空っぽで何もない所が好きで、自分の色に染められる素材で、キャンバスみたいな状態」[7]
歳の離れた姉がおり、腕力でも口でも勝てなかったため、知恵で仕返しをしていた。ある日、姉とケンカした中野は、姉が食べ残しているおかきを半分抜いて、そこにセミの抜け殻を入れて仕返しをした。姉はそれからおかきが食べられなくなった。[8]
小3の時、理不尽な叱り方をした担任に怒りを覚え、教室にある先生のペン立てやテープを全て瞬間接着剤で糊付けしたことがある。[9]
小5の時、隣の席の男の子に「ペン貸して」と言ったところ、「お前だけには絶対貸さん。お前雑そうだから絶対貸さん。」と言われ腹が立ち、その男の子の算数のノートを全て糊付けして開かないようにしたことがある。それをこっそり見て笑っていた。[10]
普段は何を言われても言い返さない橋本が、珍しく中野に口答えした際、「こいつ生意気だな」と思い、橋本の愛用していた洗い流さないトリートメントの中身を全て洗濯のりに詰め替えたことがある。さらに、困っている橋本の様子を扉の隙間から終始見ていた。[11]
赤と黒と緑のボーダーの芋虫を「永谷園」と名づけて筆箱で飼っていたことがある。派手な幼虫がどんな成虫になるか楽しみにしていたが、ただの真っ黒い蛾になった。[12]
元ヤンが苦手。一時期、会った人には「元ヤンキーでしたか?」と必ず聞いていた。理由は、怒らせると恐く、秘めた狂気を出すことがあるから。[13]


愛称は「こきーゆ」「小雪ちゃん」。京都橘大学文学部 英語コミュニケーション学科卒[16]。実家は城崎温泉近くで、民宿「はし本」を経営[17]。父親は「民宿おやじのひとりごと」というブログを開設している[18]
ピエール瀧に似ていると言われることがある[19]
牡蠣による食あたりで、「タイタンライブRhea」を休んだことがある[20]
日本パブリック連合時代、オーディションを勝ち抜き、天神祭で「ギャルみこし」を担いだことがある[21]
タイタンに所属する前に、彼氏が居たが、中野の「東京に何しに来たの?」の言葉によって別れさせられている[22]
お笑いにおけるポリシーについて「これから何が起こるって思わせたら勝ちだと思う」と話している[2]
大卒だが勉強があまりできず、26歳当時に中野から北方領土を聞かれても一つしか答えられず、「皇居」を「こうい」と読んでいた。また、「吉田茂って誰?」「日露戦争はどことどこが戦ったの?」「終戦っていつ?」「イギリスの首都はパリ。ほら、パリって名前通ってるやん?」と言っていたほど。[23]
自分でも自身の行動がよく分からない時があり、冷蔵庫の冷凍室を開けようと思っていたのに冷蔵室を開けていたり、気づいたら一日中土足で生活していたことがある。[24]
大学在学中にオーストラリアに留学していた。その際に書いた論文は、日本の芸人とオーストラリアの芸人のプロフィールを比較したもので、生年月日や兄弟の人数などを比較した。これについて、中野からは「文化関係ないやん!生まれてきた人間の比較やろ?信じられない。親に返すべきやで、留学費用。自分の国の歴史も知らん人が留学して腹が立つ!」とツッコまれていた。ちなみに、同級生は、教育論や文化の比較など論文らしいものを書いていた。[25]

経歴[編集]

2007年10月それぞれピン芸人として活動していた同期二人によって結成[26]。橋本が中野に土下座をして、コンビを組んだ[26]。中野はそれを受け入れて自分がネタ作成を担当する代わりに、橋本に身の周りの世話、家事、食事、スケジュール管理などを全て頼み、橋本もそれを受け入れた[2]

以前は「日本パブリック連合」として松竹芸能で活動していた。[27]橋本が莫大な借金をしたことを理由に、2009年10月一時活動中断。

2010年4月活動再開。大阪から東京へ活動の場を移し、「日本エレキテル連合」へとコンビ名を改めて[28]2010年6月タイタン所属となる。尚、タイタンは原則的に女性タレントを所属させない方針であるため、自分たちが所属できたのは特例であったと語っている。 タイタンを所属先に選んだ理由は、爆笑問題を尊敬していたから。 借金は2010年12月23日をもって完済したことになっている[29]

2013年8月19日 - youtubeチャンネル開設。「日本エレキテル連合の感電パラレル」に短編コントや告知などの動画を毎日アップロード中。

キングオブコント2013、2014 準決勝進出。

概要[編集]

  • 以前は明確にボケとツッコミに分かれていたが、元ツッコミ担当である橋本がつっこめず、結局二人ともボケキャラだったことに気付いた中野がボケとツッコミを廃止し、現在は分担がないまま活動している[2]
  • コントのモットーは「メイク」と「コスプレ」と「小道具」[26]。中野は「ヒゲ面の中年男性」を得意とする。「ツッコミが無いとシュールと言われそうだが、それは嫌なので、Vシネにならない形でデフォルメしながら“ドラマ”を演じている」「舞台が明るくなった時にインパクトを与えるようにしている」という[2]。歌舞伎の影響も大きい。
  • ネタには「ダメよ〜ダメダメ」が特徴的な台詞の「未亡人朱美ちゃんシリーズ[30]」や、「田所先生シリーズ(愛人VS本妻編、激論!男と女編)[30]」「老乱(おいらん)」「作業服と機関銃」「ナニワシンドローム[26][31]」「都美子と比呂美[31]」「仮出所妻さゆりちゃん[30]」「ニジマスの精霊[31]」など。衣裳、小道具などコントに使うものは500種類以上を有し、これらを収容するためを兼ねて、二人で一軒家を借りて住んでいるという[1]
  • 「未亡人朱美ちゃんシリーズ」の「ダメよ〜ダメダメ」のネタが生まれたきっかけは、2012年頃、深夜にファミリーレストランに二人集まってネタを考えていたところ、隣の席に居たおじさんとおばさんの二人を強烈だと感じて観察し続けた結果、面白いと思ってこの二人に似たキャラクターを作ったことだったという[32]。なお、この時の中野のオヤジ風メイクは、宮史郎を意識して真似ているという[33]。更にこのキャラクターは「なまはげと同じようなスタンス」だとも話している[34]
  • 二人がともに尊敬する芸人は志村けん。そのあまり、志村の出身地である東京都東村山市に引っ越して二人一緒に住んでいるほどである。二人とも『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』(TBS)を好んで観ており、「志村さんを勝手に教科書と思っている」とのことで、2014年2月21日放送の『志村けんの夜の虫』(TBSラジオ)にゲスト出演した際には志村に直接「ネタをパクらせてくれないか」と提案した。なお、志村も「日本エレキテル連合にはまって来ている」と話していたことがある[35]
  • また、aikoも日本エレキテル連合を「気になっているし、本当に面白い」と公言しているという[2]
  • 以前2マンライブを行ったのをきっかけにアイドルユニットhy4_4yhと親交があり、一緒に音楽ユニット「ハイパーエレキテル連合」を結成して活動した他、Ustreamのhy4_4yhの番組「hy4_4yhの『ラフストック!』」で初代MCも務めていた[36]
  • 尊敬する芸人は、前出の二組に加え、ビートたけしも挙げている。
  • 松竹芸能時代はチケットノルマがあり、色んなライブが重なった時は、一人5万円分(50人相当)を捌かなければいけなかった。しかし全く売れなかったため、「身の丈は分かっているが、女を売らないと買ってもらえない」と思い、うさぎの耳のカチューシャをつけ、絶対領域を作った服装をし、声色を変えて「私達を育ててください」と日本橋(大阪市)で呼び込んだところ、オタク相手に無事完売することができた。当日、ライブの客層があまりにも変わったため、「誰の客や!」と先輩が怒っていたが、恐かったのでしらを切り通した。また、外国人相手に「famous comedian」と自己紹介をし、チケットを売ったこともある。その際も、客層が変わったため、「あの一角なんや!」と先輩が怒っていた。チケットノルマのため借金がかさんだとも話している。[37]

出演[編集]

テレビ[編集]

インターネット[編集]

ラジオ[編集]

ライブ[編集]

  • タイタンハッピー - コーナー:タイタン・ニューカマー・トライアル
  • タイタンライブ・レア - 不定期開催
  • タイタンシネマライブ - 偶数月開催
    他多数

単独公演[編集]

  • 日本パブリック連合のコントチャンネル(2009年7月26日 通天閣STUDIO210
  • パラレル電報〜キネマ編〜(2012年2月14日 杉並区立産業商工会館)
  • パラレル電報〜官能編〜(2012年6月30日 杉並区立産業商工会館)
  • エレキテルプラネット(2014年7月11日〜13日 新宿シアターモリエール)

連載[編集]

  • ロト・ナンバーズ「超」的中法(主婦の友社)- 『日本エレキテル連合 電気ピカソ』

DVD[編集]

CD[編集]

  • 『ぶくぶく/×YO××』(2014年4月23日) hy4_4yh (ハイパーヨーヨ)と音楽ユニット「ハイパーエレキテル連合」を結成し「ぶくぶく/ ×YO××」をローソン・HMV限定でリリース。作詞は中野聡子が担当した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 公式プロフィールより。
  2. ^ a b c d e f 日経エンタテインメント!』(日経BP社)2014年4月号『今月のコンテンツガイド』101ページ。
  3. ^ 公式プロフィールより。美術系短大で専攻していた。
  4. ^ ピクトアップ#88(2014年6月号)『芸人、かく語りき』
  5. ^ 日本エレキテル連合のキてる動画をつくる会#05より
  6. ^ a b 日本エレキテル連合twitter”. 日本エレキテル連合twitter (2013年1月9日). 2014年1月26日閲覧。
  7. ^ Web版『芸人かく語りき』vol.7 日本エレキテル連合 前編”. ピクトアップ. 2014年7月24日閲覧。
  8. ^ 日本エレキテル連合のキてる動画をつくる会#03より
  9. ^ 日本エレキテル連合のキてる動画をつくる会#04より
  10. ^ 日本エレキテル連合のキてる動画をつくる会#04より
  11. ^ 日本エレキテル連合のキてる動画をつくる会#03より
  12. ^ 日本エレキテル連合のキてる動画をつくる会#03より
  13. ^ 日本エレキテル連合のキてる動画をつくる会#05より
  14. ^ 日本エレキテル連合のキてる動画をつくる会#04より
  15. ^ 神戸新聞NEXT 日本エレキテル連合の橋本さん 地元豊岡で凱旋ライブ”. 2014年7月23日閲覧。
  16. ^ 京都橘大学 淳芳会野外ステージ企画「日本エレキテル連合」出演!”. 2013年10月27日閲覧。
  17. ^ 神戸新聞NEXT 日本エレキテル連合の橋本さん 地元豊岡で凱旋ライブ”. 2014年9月19日閲覧。
  18. ^ 民宿おやじのひとりごと
  19. ^ 5月22日(木) 赤江珠緒×ピエール瀧”. たまむすびTBSラジオ)番組公式サイト (2014年5月22日). 2014年7月24日閲覧。
  20. ^ お詫び”. ブログ『電気式』 (2012年3月16日). 2014年1月26日閲覧。
  21. ^ 天神祭りギャルみこし”. 日本パブリック連合 橋本ブログ (2008年7月12日). 2014年7月24日閲覧。
  22. ^ カンニング竹山の恋愛中毒#5より
  23. ^ 日本エレキテル連合のキてる動画をつくる会#05より
  24. ^ 日本エレキテル連合のキてる動画をつくる会#05より
  25. ^ 日本エレキテル連合のキてる動画をつくる会#05より
  26. ^ a b c d 「ウケるようになって、戸惑ってる……」気鋭の女性コンビ・日本エレキテル連合の“コント道”(1/3)日刊サイゾー 2013年10月29日
  27. ^ コンビ名「日本パブリック連合」は、中野がファンである椎名林檎の「病床パブリック」という曲名からとった(コンビ名が変わってしばらく経つまで橋本はその理由を知らなかった)
  28. ^ “エレキテル”部分は「爆笑問題の学校VOW」(1999年刊)内の『エレキテル エレキテル 鹿狩り エレキテル』という一節に由来している。
  29. ^ サイゾー』2014年2月号の記事より([1]
  30. ^ a b c DVD『シリアル電気』収録内容より。
  31. ^ a b c 本領発揮、日本エレキテル連合の初DVD本日発売お笑いナタリー 2013年10月30日
  32. ^ 2014年9月7日放送『行列のできる法律相談所』”. TVでた蔵 (2014年9月7日). 2014年9月7日閲覧。
  33. ^ ダメよ〜のオヤジメークは宮史郎さん風(1/2)”. デイリースポーツ (2014年9月7日). 2014年9月9日閲覧。
  34. ^ ダメよ〜のオヤジメークは宮史郎さん風(2/2)”. デイリースポーツ (2014年9月7日). 2014年9月9日閲覧。
  35. ^ 志村けん、自身のネタを日本エレキテル連合が「パクる」ことを認める”. シネマトゥデイ(livedoorNEWS) (2013年2月23日). 2014年3月25日閲覧。
  36. ^ 日本エレキテル連合、盟友hy4_4yhの新番組初回MC”. お笑いナタリー (2014年5月11日). 2014年9月7日閲覧。
  37. ^ 日本エレキテル連合のキてる動画をつくる会#03より
  38. ^ キてる動画をつくる会
  39. ^ 日本エレキテル連合の感電パラレル

外部リンク[編集]