西郷泰之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西郷 泰之
Honda硬式野球部 #33
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都
生年月日 1972年8月30日(42歳)
身長
体重
185 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 内野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
五輪 1996年
オリンピック
男子 野球
1996 野球

西郷 泰之(さいごう やすゆき、1972年8月30日 - )は、日本のアマチュア野球選手(内野手主に一塁手、左投げ左打ち)である。

来歴[編集]

東京都出身。練馬リトルシニアから日本学園高校卒業後、三菱自動車川崎(その後三菱ふそう川崎)に入社。持ち前のパンチ力で入社すぐにレギュラーを獲得。徐々に他チームの脅威の的となり、1995年に初めて日本代表入り。
2004年本社をめぐる不祥事で自チームが1シーズン活動を自粛している間は、秩父の工場で自動車の修理に従事していた。

打席に立つ際には、「燃えろ!西郷 エンジン機械課」の横断幕が掲げられた。

自チームのみならず、日本代表チームでも中核を打ち、社会人野球を代表するスラッガーとなった。現役最多の日本代表キャリア18を誇る。30代に入ってもその強打は衰えることなく、2007年第78回都市対抗野球大会では東芝に補強されて全試合で4番を任されて3本塁打を放ち(8打点)、打撃賞を獲得した。なお、都市対抗野球大会での個人通算ホームラン数14本は杉山孝一新日鐵名古屋)と並ぶ大会記録である。

2008年シーズンをもって三菱ふそう川崎が活動休止をしたのに伴い、Hondaへ移籍した[1]。当初は三菱ふそう川崎休部と同時に引退するか悩んだが、Honda・安藤強監督の熱心な誘いに折れ、Honda移籍を決意したという[2]

都市対抗野球大会では6回の優勝を経験している(三菱ふそう川崎3回(2000,03,05年)、Honda1回(2009年)、いすゞ自動車(補強)1回(2002年)、東芝(補強)1回(2007年))。また、決勝進出6回すべてで優勝しており、優勝請負人との異名を持つ。都市対抗において10年間で6度の優勝経験は史上最多、上記のとおり通算14本塁打は史上最多タイ[3]社会人ベストナイン受賞6回も史上最多タイと、社会人野球における数々の記録を保持している。
自チームのみならず、補強や日本代表においても多くの選手と交流して強い影響を与えていることから、最近ではミスター社会人野球と呼ばれることも多い。

2014年、故障等を乗り越え41歳にして都市対抗野球大会10年連続出場を達成した。

日本代表キャリア[編集]

主な表彰・タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 社会人野球:垣野氏がNTT東監督に 毎日新聞 2009年1月4日閲覧
  2. ^ 安藤監督は、「3番の長野の後に西郷を据えれば、強力な打線の軸が完成する」と考えたという(グランドスラム33号より)。
  3. ^ ただし、2002年シーズンから金属バットの使用ができなくなっているため、杉山の記録との単純比較は難しい。杉山は14本すべて金属バットで記録している一方、西郷は5本を金属バットで、9本を木製バットで記録している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]