因島市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いんのしまし
因島市
廃止日 2006年1月10日
廃止理由 編入合併
因島市瀬戸田町尾道市
現在の自治体 尾道市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 広島県
団体コード 34206-8
面積 39.76km²
総人口 27,530
推計人口、2006年1月9日)
隣接自治体 福山市尾道市
豊田郡瀬戸田町
愛媛県越智郡上島町
市の木 クロガネモチ
市の花 除虫菊
市技
市の歌
囲碁
因島小唄
因島市役所
所在地 722-2392
広島県因島市土生町7-4
外部リンク 因島市Internet Archive
座標 北緯34度17分40.5秒東経133度10分9.1秒座標: 北緯34度17分40.5秒 東経133度10分9.1秒
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

因島市(いんのしまし)は、かつて広島県にあったである。その領域は瀬戸内海に浮かぶ因島や細島、小細島の全部分および生口島の一部に渡っていた。廃藩置県前は備後の国に属する。

2006年1月10日、隣接する豊田郡瀬戸田町とともに尾道市に編入されたことに伴い消滅した。[1]

地理[編集]

[編集]

  • 牡蠣山(標高408.1m)
  • 奥山(観音山、標高390.5m)
  • 天狗山(標高290.5m)…中庄地区にある山。
  • 青影山(城山、標高275m)
  • 龍王山(権現山、標高243m)
  • 白滝山(標高226.9m)…重井地区
  • 天狗山(浅間山、標高207.5m)…土生地区にある山。
  • 山伏山(標高188.6m)
  • 向山(標高183m)
  • 大楠山(標高166m)
  • 馬神山(標高95.9m)…重井地区

[編集]

  • 因島
  • 生口島(一部)
  • 細島
  • 小細島

町名(2006年1月9日当時)[編集]

  • 土生町(はぶちょう)
  • 重井町(しげいちょう)
  • 中庄町(なかのしょうちょう)
  • 田熊町(たくまちょう)
  • 三庄町(みつのしょうちょう)
  • 大浜町(おおはまちょう)
  • 外浦町(とのうらちょう)
  • 鏡浦町(かがみうらちょう)
  • 椋浦町(むくのうらちょう)
  • 原町(はらちょう)
  • 洲江町(すのえちょう)

原町と洲江町は生口島の一部である。

沿革[編集]

因島市成立以前[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 市町村制施行。因島市域には当時いずれも御調郡に属する大浜・重井・田熊・中庄・土生・三浦・三庄の各村と豊田郡東生口村が存在した。
  • 1918年大正7年)1月1日 - 土生村が町制施行して土生町になる。
  • 1921年(大正10年)6月1日 - 三庄村が町制施行して三庄町になる。
  • 1945年昭和20年)7月29日 - 因島空襲が起きる。死者70名、重軽傷者2名。
  • 1948年(昭和23年)5月3日 - 三浦村が三庄町(椋浦)と中庄村(鏡浦・外浦)に分割され、消滅する。
  • 1949年(昭和24年)4月1日 - 田熊村が町制施行して田熊町になる。

因島市成立以後[編集]

因島市成立以後
西暦 和暦 月日 摘要 脚注
1953年 昭和28年 05月01日 御調郡の田熊・土生・三庄各町および大浜・重井・中庄各村、豊田郡東生口村が対等合併して因島市が成立する。 [1]
1964年 昭和39年 03月---- 因島鉄工業団地協同組合設立される。 [1]
1965年 昭和40年 04月---- 因島鉄工業団地協同組合の参加事業所工場操業開始する。 [1]
1967年 昭和42年 02月---- 現在の尾道市役所因島総合支所となっている因島市役所新庁舎着工する。 [1]
1968年 昭和43年 01月11日 因島市役所新庁舎を落成する。 [1]
1968年 昭和43年 01月18日 因島市役所新庁舎での執務が開始される。 [1]
1970年 昭和45年 -------- 因島市の人口が最盛期を迎え、当時の人口は約45,000人となる。 [1]
1983年 昭和58年 12月04日 因島大橋が開通し、向島を介して本土と陸続きになる。 [1]
1987年 昭和62年 -------- 日立造船が因島から撤退する。 [1]
1991年 平成03年 12月08日 生口橋が開通し、生口島と陸続きになる。 [1]
1999年 平成11年 05月01日 瀬戸内しまなみ海道が全通し、四国と橋で結ばれる。 [1]
2006年 平成18年 01月10日 隣接する豊田郡瀬戸田町とともに尾道市に編入されて消滅する。 [1]

行政[編集]

歴代の因島市長
通算代数 氏名 就任年月日 退任年月日 脚注 備考
1代 安松延二 1953年05月17日 1963年12月07日 [1] 因島市初代市長
2代 麓新助 1964年01月23日 1967年03月09日 [1] --------------
3代 伊賀常太郎 1967年04月28日 1979年04月27日 [1] --------------
4代 平原清 1979年04月28日 1983年04月27日 [1] --------------
5代 楠見昭二 1983年04月28日 1987年04月27日 [1] --------------
6代 岡野敬一 1987年04月28日 1999年04月27日 [1] --------------
7代 村上和弘 1999年04月28日 2006年01月09日 [1] 因島市最終市長

歴代市長[編集]

  • 廃止時点での市長は、7代目市長村上和弘である。同市が尾道市に被編入となったため編入前日までの任期となった。[1]

施設[編集]

地域[編集]

市名の由来[編集]

市の中枢部分のある島の名前から。

人口の推移[編集]

産業[編集]

  • 農業ではミカンや八朔などの柑橘類の栽培が行われている。かつては除虫菊の栽培が盛んだったが、産業としての栽培は廃れている。
  • 工業では造船業が主力産業である。1960年代後半から1970年代初頭にかけては造船業が盛んだったがオイルショック以降は不況となり1987年には日立造船が撤退した(現在は復活)。

主要施設[編集]

交通(2006年1月9日当時)[編集]

鉄道[編集]

バス(島外線)[編集]

道路[編集]

航路[編集]

  • 土生商船
    • 因島 - 三原(高速船・フェリー)
  • 瀬戸田運航
    • 瀬戸田 - 因島 - 尾道(快速船)
  • 瀬戸内クルージング
    • 弓削島 - 因島 - 尾道(快速船)[4]
  • 芸予観光フェリー
    • 因島 - 生名島 - 弓削島 - 佐島 - 伯方島 - 大島 - 今治(快速船)
  • 弓削汽船
    • 因島 - 生名島・佐島 - 弓削島(フェリー)
  • 家老渡フェリー汽船
    • 因島 - 弓削島(フェリー)
  • 三光汽船
    • 因島 - 生口島(フェリー)
  • 三光汽船
    • 因島 - 生口島 - 岩城島(フェリー)
  • 長江フェリー
    • 因島 - 岩城島(フェリー)
  • 因島市
    • 因島 - 細島(フェリー)

教育[編集]

小学校[編集]

中学校[編集]

高等学校[編集]

かつては後述の広島県立因島北高等学校もあったが、少子化に伴う生徒の減少により廃校、1999年に因島高等学校に統合された。なお、現在の因島高校は、その旧因島北高校跡地にある。

大学[編集]

  • 福山大学生命工学部附属内海生物資源研究所

専門学校[編集]

その他の教育機関[編集]

  • 市内にその他の教育機関に該当する教育機関はない。

学校教育以外の施設[編集]

統廃合および廃止された教育機関[編集]

電気[編集]

才賀藤吉が1912年(明治45年)1月に事業許可をうけ7月因島電気を設立[6]。発電所(瓦斯力、出力30kw)を田熊村に建設し1915年(大正4年)5月事業開始。供給区域は御調郡土生村、三庄村、田熊村[7]のちに御調郡7ヵ村、豊田郡1町6ヵ村、愛媛県越智郡生名村に拡張した[8]。1922年(大正11年)5月に瀬戸内海横断電力に譲渡[9]

名所・旧跡・主な施設[編集]

出身の有名人[編集]

因島が登場する作品[編集]

文学作品[編集]

漫画[編集]

  • ヒカルの碁:主人公・進藤ヒカルが、姿を消した佐偽を探しに因島に来る。

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ番組[編集]

コンピュータゲーム[編集]

その他[編集]

  • 市外局番は0845となっている。以前は08452だったが2005年2月5日に変更された。
    • 0845エリア(因島区域)…因島市、豊田郡瀬戸田町

脚注および出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u ありがとう因島市 : 因島市閉市記念誌”. 国立国会図書館 (2006年11月29日). 2014年10月17日閲覧。
  2. ^ [各課・施設 - 因島消防署 | 尾道市]
  3. ^ 2012年(平成24年)7月31日現在。尾道市住民基本台帳登録人口
  4. ^ 瀬戸内クルージングは因島市廃止後の2012年5月31日に廃止
  5. ^ 因島市廃止後の2010年4月に田熊中学校・土生中学校・三庄中学校が統合し、旧因島高校跡地で尾道市立因島南中学校として開校
  6. ^ 『日本全国諸会社役員録. 第21回』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  7. ^ 『電気事業要覧. 第8回』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  8. ^ 『電気事業要覧. 第13回』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  9. ^ 『電気事業要覧. 第17回』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)

関連項目[編集]


外部リンク[編集]