寺西正司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

寺西 正司(てらにし まさし、1947年2月6日 - )は、日本銀行家で、元UFJ銀行頭取。元全国銀行協会会長。広島県因島市出身。経済学者寺西重郎一橋大学名誉教授)は実兄。大阪府高槻市在住。

来歴・人物[編集]

1965年広島県立因島高等学校卒業。1969年大阪大学経済学部卒業後、三和銀行に入行。1973年ノースウェスタン大学MBAを取得。1995年三和銀行取締役1999年専務に就任。2002年には金融持株会社UFJホールディングスの傘下で三和銀行東海銀行が合併して誕生したUFJ銀行の初代頭取に就任。

当初は、三和銀行の2001年当時の頭取であった室町鐘緒が就任する予定だったが2001年3月期決算において赤字の見通しとなり就任が困難な情勢となったため、副頭取に内定していた寺西が昇格する形で就任することとなった。

2004年の3月期決算において損失引き当ての大幅な積み増しによって約4000億円の赤字となった。2期連続の赤字となり経営責任を取って2004年5月、後任に取締役ではなかった常務執行役員・沖原隆宗を指名して辞任した。

寺西の頭取としての実績は、最長24時間稼働ATMコーナーの積極的な展開と24時間対応コールセンター、土日営業を実施するUFJプラス店舗の展開などリテール部門のチャネル改革プロジェクト「UFJ24」がある。この施策は三菱東京UFJ銀行にも引き継がれているが、東京三菱銀行側の救済による勘定系システムの吸収統合により、全店統合が完了した2009年になってから24時間稼働のATM以外は縮小ないしは廃止されたものもある。

参考文献[編集]

  • 須田慎一郎『UFJ消滅』~メガバンク経営者の敗北~(産経新聞社、2004年)
  • UFJ三菱東京統合 (日本経済新聞社、2004年)
先代:
-
UFJ銀行頭取
初代
次代:
沖原隆宗
先代:
山本惠朗
全国銀行協会会長
2002年度
次代:
三木繁光