曽田博久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

曽田 博久(そだ ひろひさ、1947年10月21日 - )は、映画テレビドラマ作品の脚本家小説家島根県出雲市(旧:簸川郡大社町)出身。横浜国立大学中退。特にスーパー戦隊シリーズでは参加17作品、メインライター担当9作品、執筆本数399本はいずれもシリーズの最多記録である[1]。 

経歴[編集]

大学時代は新左翼の活動家だったが内ゲバの激化に嫌気がさして、次の進路に迷っていた。そんな時に立ち寄った本屋でたまたま月刊誌『シナリオ』を手にとり、「これなら書けそう」と“勘違い”して、シナリオライターになることを決意[2]。脚本家の松浦健郎に弟子入りする。タツノコプロの企画を仕切っていた鳥海尽三も松浦の弟子であったことから、同社の『アニメンタリー 決断』第18話「山本五十六の死」において、松浦との共作名義で脚本家デビューを果たす。後に、松浦の紹介で東映制作の『非情のライセンス』に関わったことから、東映の吉川進プロデューサーと遭遇。吉川担当の『キカイダー01』や『秘密戦隊ゴレンジャー』などの、特撮脚本に携わり始める。

1982年の『大戦隊ゴーグルファイブ』より、宇宙刑事シリーズに移動した上原正三の後を受けてスーパー戦隊シリーズのメインライターに就任。以後は1990年の『地球戦隊ファイブマン』まで、鈴木武幸プロデューサーのとのコンビで、シリーズのドラマ面を強化するとともに数々の新路線を導入し作品を支えた。

『ファイブマン』終了後は『暴れん坊将軍』などの時代劇やVシネマ作品、先輩筋の城山昇の紹介で超長寿アニメ『サザエさん』を執筆。

『サザエさん』の脚本執筆終了後は、自身初参加となるメタルヒーローシリーズ(『特捜ロボ ジャンパーソン』『ブルースワット』)を経て、1994年の『忍者戦隊カクレンジャー』より再び戦隊シリーズにサブライターとして復帰を果たしたが、結果的には特撮作品への参加は1997年オンエアーの『激走戦隊カーレンジャー』第44話「不屈のチキチキ激走チェイス!」が最後となっている。

1997年にはカプコンのゲームクリエイター・岡本吉起や、同じ脚本家として東映の特撮ドラマに関わった杉村升らと共にフラグシップの設立に参加。取締役を務める傍ら多数のゲームシナリオを執筆したが、同集団は2007年に解散している。

2005年1月、『新三郎武狂帖・千両帯』(角川春樹事務所)で時代小説家としてもデビューを飾っている。

作風・エピソード[編集]

  • 『キカイダー01』の頃は吉川進プロデューサーの鎌倉の自宅に泊まりこみで本を執筆していた。その頃同作品のメインライターだった長坂秀佳が吉川に「俺は1日に30分ものが3本書けるくらいが良いペースだ」と言い放っていたのを傍で聞き「凄い人がいるものだ」と圧倒されたという。曽田は長坂と逆に「遅筆作家」であると自身で認識しているという。
  • メイン初期の戦隊シリーズである『大戦隊ゴーグルファイブ』と『科学戦隊ダイナマン』は試行錯誤で書いていたが、『超電子バイオマン』で「軌道に乗ったという感じ」でシナリオが書けるようになったと語っている[3]
  • メインで手掛けた作品の中では、『電撃戦隊チェンジマン』は「自分の中で一番バランスよく書けたという思いがありますね」と語っている[3]。ただし『光戦隊マスクマン』終了直後の書籍(講談社)のインタビューでは「強いて好きな作品を上げるとするなら『マスクマン』でしょうね」と語ったこともある。また『超獣戦隊ライブマン』の初期3人の頃は一人一人の個性を描けて印象に残っているという。戦隊執筆最終作である『激走戦隊カーレンジャー』についても楽しく書けたと追想し、「(メイン脚本家の)浦沢義雄さんのあの世界観は自分も嫌いじゃないんですよ」と後に語っている。
  • 戦隊を執筆するにあたって「最初から最後までアクション一辺倒で何もないような内容になりかねない。それじゃあまりにも書いてもむなしいし(…)子ども心にも残るようなドラマを入れてやろうという思いは常にあった」という[3]
  • 「僕は人間を素直に見ない。否定的に見てしまう。そういう視点があるんだよね」と語る。それは時代の影響や学生運動の経験によるものだという[3]
  • 「学生運動の、思想が違うということで戦いになってしまうというのをどこかずっと引きずってた」ゆえに、「最終的にはどんなに考えが違っていても、認めなくてはいけない」と考えているという。「内ゲバ的に力で抹殺したり、封じ込めちゃったりしては絶対にいけない」との思いが『電撃戦隊チェンジマン』などの展開に投影されている[3]
  • シナリオライターになった当初は、「反体制派だから、シナリオ書いていても面白くないのよ(…)こんなことして何の価値があるのかなって」と思っていた[3]
  • 戦隊メイン初期の頃は、翌年の新しいシリーズの企画書を、東映の軽井沢の保養所に籠もって一人で執筆するのが常であったという。
  • 『超電子バイオマン』の頃、エジプトに14日間旅をすることになり曽田も楽しみにしていたが、突然イエローフォー役の女優の交代が決まり、その交代劇を挿入することになったため、急遽前後編の脚本を書く羽目になったという。シナリオは何とか間に合い、無事エジプトにも行くことが出来たがかなりキツかったという。また出渕裕は「曽田さんはエジプトがお好きなんですよ」と証言している。
  • 阿部征司プロデューサーによると、曽田は締め切りをちゃんと守るライターであるそうで、その点は伊上勝とは対極にいる作家であったという。
  • しかし前述の通り本人は「遅筆作家」と称しており、長編小説は年1作のペースでないと書き下ろせないという。戦隊をメインで書いていた頃は、1986年の『超新星フラッシュマン』以降、仕事は戦隊専属で行っていた。例外は1990年の映画『孔雀王2』である。
  • メイン作品が後半に差し掛かるにつれ、会議が長引くようになって「つらかった。やはりなかなか新しいアイデアが出にくくなっていたんでしょう」と回想[4]。また、新ロボット・新武器登場の話を挿入しなければならなくなり、打ち合わせに時間を長く割かれて苦しかったという。メイン最終作の『地球戦隊ファイブマン』の頃は、満身創痍で苦しみながら執筆したと洩らしている。
  • 戦隊メインの時代は、取材の意味で「最新のSFとかミステリーなどをチェックするように」していたという[4]。ただし本人がもっとも好きなのは時代小説で、南原幹雄藤沢周平中里介山などを愛読してきた[3]
  • かつて『ブロードキャスター』で「ご当地戦隊ヒーローが今密かなブーム」という企画が放送され[5]、『ゴレンジャー』の脚本家という触れ込みで曽田がインタビューに答えていた。
  • 執筆活動に影響を与えた映像作品として宮本輝原作・小栗康平監督の映画『泥の河』(1981年1月公開)を挙げている。テレビライターの仕事に「慣れきってしまっていたときに東映の試写室でこの作品を見て、初心に返ろうと心を新たにさせてくれた作品なんです。作家は安定した生活に安住してはいけない。ゼニカネではない。志なくして、どうして作家と言えようか。そんな気持ちを思い出させてくれました」と述懐している[2]

関連人物[編集]

  • 戦隊で10年間に渡って組んだ東映の鈴木武幸プロデューサーについて、「真面目な方でしたよ。だから波長が合ったのかな。僕もライターとしては真面目ですからね」と語る。「そういう真面目な者同士が組んで作ると(…)いい意味でヌケた部分というのがなくなっちゃいましたね」とも話している[4]
  • 『科学戦隊ダイナマン』のサブライターに寺田憲史の参加をプロデューサーに促したのは曽田であったと、寺田がインタビューにて語っている。
  • 小笠原猛監督は好きな脚本家という質問に対し、上原正三、高久進らとともに曽田の名前を挙げていた。
  • フラグシップでゲームシナリオを執筆した吉田伸は、「徒弟制度バリバリの世代」である曽田や杉村升に「上っつらだけで人間を描くな!」と原稿を床に叩きつけられることがよくあり、「まさに根性モノの世界」を経験したという[6]
  • 読売新聞記者の鈴木美潮は曽田と学生時代に文通をしていて、その縁あって、『大戦隊ゴーグルファイブ』の「猪苗代の必殺魔剣」にて曽田は登場人物の名前に「美潮」という名前を採用した。

主な作品[編集]

太字はメインライターを担当した作品。

特撮[編集]

テレビ・実写[編集]

アニメ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

ゲーム[編集]

小説[編集]

  • 新三郎武狂帖・千両帯(2005年1月、ハルキ文庫)
  • 新三郎武狂帖・万両剣(2006年12月、ハルキ文庫)
  • 新三郎武狂帖・十両首(2008年1月、ハルキ文庫)
  • 孤剣の絆 同行二人長屋物語(2009年1月、ハルキ文庫)
  • 江戸の蛍 同行二人長屋物語(2009年12月、ハルキ文庫)
  • いのちの秋 同行二人長屋物語(2010年12月、ハルキ文庫)

漫画原作[編集]

  • 未来警察ウラシマン1(1979年1月、秋田書店

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]
  2. ^ a b [2]
  3. ^ a b c d e f g 『東映ヒーローMAX』Vol.11(2004年、辰巳出版)
  4. ^ a b c 『宇宙船』Vol.98(2001年、朝日ソノラマ)
  5. ^ 2004年9月18日放映。
  6. ^ 『地球はウルトラマンの星』(2000年、ソニーマガジンズ)