美内すずえ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
美内 すずえ
本名 西尾 鈴江
生誕 1951年2月20日(63歳)
日本の旗 日本 大阪府大阪市西区
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1967年 -
代表作 ガラスの仮面
受賞 第6回講談社漫画賞少女部門
第24回日本漫画家協会賞優秀賞
公式サイト 美内すずえ公式ホームページ「オリーブの葉っぱ」
テンプレートを表示

美内 すずえ(みうち すずえ、本名:西尾 鈴江(にしお すずえ)、1951年2月20日 - )は、日本漫画家兵庫県生まれ、大阪府大阪市西区九条出身。既婚者。

人物[編集]

実家は理髪店で、幼少時代はよく映画を見に行ったという。中学時代に貸本屋で手塚治虫などの漫画に熱狂するも母親にそれを禁じられ、自分自身で漫画を描き始めるようになる。

1967年(昭和42年)、高校時代に『別冊マーガレット』10月号に「山の月と子だぬきと」でデビューした[1]。さらに1976年(昭和51年)には『ガラスの仮面』が『花とゆめ』にて連載開始する。この作品は、1995年(平成7年)に第24回日本漫画家協会賞優秀賞を受賞するなど[2][3]、作者の代表作となった。

それ以外にも1982年(昭和57年)に『妖鬼妃伝』(『なかよし』、講談社)で、第6回講談社漫画賞を受賞している [4]

2009年(平成21年)現在も「O-EN NETWORK」という精神世界を探求する団体を主宰しており、漫画家としての活動は10年近く停止状態だった時期があった。このことについて、作者側は漫画執筆意欲が失われたわけではなく、物語を構成するエピソードに非常に時間がかかり、単行本1冊のプロットだけでノート約10冊以上を必要とすること、さらに雑誌連載と単行本では描き下ろしがあることが理由であるとしている[注 1]。『ガラスの仮面』以外にも『アマテラス』『聖アリス帝国』も未完結の作品とされている。なお、書店に赴いた際、居合わせた女子学生の「ガラスの仮面」最新刊に関する否定的な会話にショックを受け、考えに考えた展開への自信が揺らいこともある[5]

2004年(平成16年)12月16日、読者待望の『ガラスの仮面』コミックス42巻が発売されたが、白泉社『花とゆめ』誌上で連載されていた原稿を一切使わずに全編描き下ろしされており、作品内容は大幅に改変されている。そのため、1989年(平成元年)から1997年(平成9年)まで連載された版(全75回)における複数のエピソードが宙に浮いた形となっている。

精神世界研究団体O-ENを主宰している他、2006年(平成18年)以降、『ガラスの仮面』内に登場する劇中劇「紅天女」を元にした新作能の監修も手掛けている。全国に公演回数が増加していることから、漫画制作がさらに遅れている。

2009年(平成21年)1月26日、約4年ぶりの『ガラスの仮面』コミックス43巻が発売された。これはコミックス42巻の続きとして、2008年(平成20年)7月から4ヶ月連続『別冊花とゆめ』に集中掲載された原稿が元となっているが、基本ストーリーに変更はないものの、様々な加筆修正・削除等改変がなされている。

作品リスト[編集]

  • ガラスの仮面 - 『花とゆめ』(1975年 - 1997年)、『別冊花とゆめ』(2008年 - 連載中
  • 聖(セント)アリス帝国 【未完】 - (1976年 - 1978年)
  • 妖鬼妃伝 - 『なかよし』(1981年)
  • アマテラス 【未完】 - (1987年 - 2001年)
  • 金色の闇が見ている(1975年(昭和50年)別冊マーガレット5・6月号掲載 )
  • はるかなる風と光
  • 赤い女神
  • バラ物語
  • 孔雀色のカナリア
  • 燃える虹
  • 黒百合の系図
  • 魔女メディア
  • 虹の戦
  • 王女アレキサンドラ
  • 白ゆりの騎士
  • ダイナマイト・みるく・パイ
  • 白い影法師
  • アマランスの女王
  • ナオは光の中で
  • 日本列島一万年
  • ジュリエッタの嵐
  • 雪の音
  • パンドラの秘密
  • 人形の墓(美内すずえ作品集)
  • 13月の悲劇(美内すずえ怪奇傑作集)
  • 宇宙神霊記
  • 忍者屋敷に春がきた(1975年(昭和50年)別冊マーガレット4月号掲載 単行本未収録)
  • みどりの炎 (1973年(昭和48年)別冊マーガレット9月号掲載)

アシスタント経験者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、美内すずえは、子供の頃から不思議な体験を何度もしており、超自然的な現象に関心があったのは事実である。女性週刊誌『女性自身』1996年7月30日号では、「霊が大事故から救ってくれた」と語ったこともあった。しかし、このことと執筆停止との関係は、不明である。ノリアキラ、Peko、ヤマダトモコ 「美内すずえを読み解く45のキーワード」 『マンガ夜話』vol.9、キネマ旬報社<キネ旬ムック>、2000年、pp.204下段-205上段

出典[編集]

  1. ^ キネマ旬報社編 『マンガ夜話』vol.9、キネマ旬報社<キネ旬ムック>、2000年、p.186.
  2. ^ まんがseek・日外アソシエーツ編集部共編 『漫画家人名事典』 日外アソシエーツ、2003年、p.353.
  3. ^ 「大澤一雄さんに大賞」 朝日新聞1995年4月27日付朝刊、14版、34面、第9段.
  4. ^ キネマ旬報社編 『マンガ夜話』vol.9、キネマ旬報社<キネ旬ムック>、2000年、p.180上段.
  5. ^ THE・少女マンガ 作者が語る名作の秘密

参考文献[編集]

  • キネマ旬報社編 『マンガ夜話』vol.9(2000年9月1日号)、キネマ旬報社<キネ旬ムック>、2000年(平成12年)、ISBN 4-87376-549-8
    • NHK衛星第2テレビジョンのトーク番組『BSマンガ夜話』にて、『ガラスの仮面』をテーマに取り上げた1999年(平成11年)11月8日放送回を誌上で再現。
    • 巻末に、「美内すずえ 完全保存版データ」として、単行本リスト(各作品の解説、あらすじ、書誌含む)や、1967年(昭和42年)から1999年(平成11年)までの作品年表(掲載誌名・号数、単行本化・改稿の有無含む)を収録。ほかにも、ノリアキラ、Peko及びヤマダトモコによる「美内すずえを読み解く45のキーワード」、『ガラスの仮面』の舞台、アニメ等の紹介などがある。
  • 紅天女公演推進委員会編 『「ガラスの仮面」研究白書』 同文書院、1998年(平成10年)、ISBN 4-8103-7510-2
    • 漫画『ガラスの仮面』についての解説本だが、巻末に、1967年(昭和42年)から1986年(昭和61年)までの美内すずえ作品一覧(掲載誌名・号数含む)を収録。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]